2007/06/24 丹沢 大山へ -2回目の挑戦-

画像


昨年12月以来二度目の大山挑戦挑戦。前回は下山時膝
が痛くなりケーブルを使って降りた。今回は七沢温泉
まで行き、温泉に浸かりたいと出発。雨具を持ってな
く雲ゆきがおかしいので伊勢原駅近くのコンビニに寄
り、雨具を購入大山向けて歩く。なんとか天気が持っ
て欲しい。伊勢原から2時間弱でケーブル駅到着。前
回男坂がきつかったので今回は女坂を登ることにした
。11:15に上社に到着。霞んでぼんやり江の島が見え
るぐらい。休んでいるうちに雨になりレインコートを
着て降りることになったが二人ともビニールのレイン
コート。汗で身体に纏わり着く。まず見晴台まで降り
休憩。やはり膝にくるが、今回はステッキを購入して
おり少しましだった。休憩後日向薬師へ。日向薬師に
は15時前に着いたが完全に雨。七沢温泉は雨のため断
念、バスで伊勢原へ戻り鶴巻温泉で汗流し帰途に着い
た。

大山<1252m>
曇のち雨 メンバ:eさん

7:00伊勢原駅→7:08コンビニ(雨具購入)→7:30 東名(63m)→7:40石倉(85m)
→7:49比比多神社→8:10鳥居(180m)8:20→8:24大山駅(192m)
→8:52ケーブル駅(385m)9:08→9:41下社(675m)9:55
→10:32十五丁目(945m)→10:36十六丁目(995m)→10:47富士見台(1062m)
→11:11二十七丁目(1215m)→11:15上社(1252m)
11:44出発→12:53見晴台(780m)13:10→14:17分岐(355m)→14:54日向薬師(265m)

7:00 伊勢原駅。雨具を忘れてコンビにでレインコートを買った。500円。
前方大山
画像

7:49 前方比比多神社
画像
神奈川県の子宝神社 子易明神比比多神社
祭神は、神吾田鹿葦津姫命(木花咲耶姫命)
木花咲耶姫命(コノハナサクヤヒメ)は邇邇芸命(ニニギノミコト=天照大神の孫)の妻
大山祗神(オオヤマズミノカミ)の娘。火照(ホデリ)命(海幸彦)、火須勢理(ホスセリ)命、火遠理(ホオリ)命(山幸彦)を産む。
火照(ホデリ)命(海幸彦)→鵜葺草葺不合神(ウガヤフキアエズノカミ)→神武天皇と続く。

大山祗神は日本の山海神の総元締で本拠地が愛媛県三島町に鎮座する大山祗神神社。

8:52 ケーブル駅前の社で一服
得さん 本格登山前再準備運動
画像

前回男坂を登りきつかったため今回は女坂を上がる
画像

9:41 下社到着
画像

上社へ向かっての最初の石段 きつい
画像

10:47 富士見台 1062m
天気よければ富士が今回も見えず
すこし雨が降り始めコート買ったの正解かな。得ちゃんは元気で先先に登って行ってしまった。
画像

11:15上社到着(1252m)
昼食 雨だったがうまい具合に木の下で食事ができた。
相模灘はなんとか見えた
画像

取り合えず 二人乞食の格好に近し
画像
画像

12:53 見晴台到着下りはきつい
画像

ひょっこりきのこ見たいのが地中から 銀竜草のようです
画像

日向薬師14:54到着
元正天皇(716年)の頃、僧行基が開創したといわれている
日本三大薬師の一つ (他は土佐の柴折薬師、越後の米山薬師)
画像

七沢温泉へは雨のため断念、バスで伊勢原まで戻り鶴巻温泉で
ゆっくり、帰途に着いた。

今回反省:雨具はちゃんとしないとダメだ。
二本ステッキは効果があった。やはり年だから下り膝にくる二本ステッキはバランスがよい。
秋に登ったときは見晴ら台までで膝痛くなりでケーブルで下山。

持ち物:水1.5L、おにぎり2個、カロリメイト、地図、高度計コンパス付、ステッキ2本
    カメラ、携帯電話、タオル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック