2007/07/16 丹沢 大山へ -3回目の挑戦-

画像

昨年12月以来三度目の大山挑戦挑戦。前回は日向薬師
までたどり着いたが雨と膝の痛みで七沢温泉までたど
り着かなかった。三度目に正直なるか? eさんと出か
けた。伊勢原駅から歩き始めケーブル駅へは前回とほ
ぼ同じ時間に到着。雲が多いがたまに青空も見える。
今回も女坂を登る。下社への到着時間も前回とほぼ同
じ。七月やはり暑い。今回は江の島もはっきり見える
。追分あたりまで来るとちょっと雲が低く垂れ込め雨
の心配が・・・。11時半前に山頂に着いた。食事を済
ませ、今日は七沢温泉へ入るぞと下山を開始。しかし
今回も又下りに入ると膝が・・・。見晴し台、日向薬
師への下りで左足が痛くなり、最後は七沢リハビリセ
ンタまで歩いたが七沢温泉までたどり着かなかった。
そこからバスに乗り本厚木へ。今回もダメであった。

大山<1252m>
曇 メンバ:eさん
 
伊勢原駅7:02→7:26東名→7:47比比多神社→8:10鳥居8:16→8:22大山駅
→8:48ケーブル駅9:03→9:45下社9:55→10:17八丁目夫婦杉→10:42十六丁目追分
→10:55富士見台二十丁目→11:11ヤビツ峠へ分岐→11:26上社12:00
→13:10見晴台13:19→15:17日向薬師


7:20 市光工業から大山
画像

7:25 五霊神社
画像
祭 神 天之手力男尊
( あめのたじからおのみこと )
天之手力男尊
「御事歴」神代の昔、天照大御神が、速須佐之男命の荒い所行を
おそれなげかれて、天岩屋戸へおこもりになりましたので、大御神
の神徳が仰がれず、ために天地暗闇になって、もろもろの妖禍が
どっと起りました。
八百万神たちはお困りになって、急遽天安河原に集って会議を
開き、大御神出御の策を講じ、天宇受売命をして岩屋戸の前で
神楽をあげさせ、神々がにぎやかにはやしたてました。
大御神は、何事が起ったのであろうと、岩屋戸を細目におあけなさ
いましたので、待ちかまえていた天手力男命が、岩屋戸を引き
あけ、大御神の出御を仰ぐことができましたので、世の中がぱっと
明るくなり平安をとり戻しました。


7:45 比比多神社
画像
祭 神 神吾田鹿葦津姫命
( かんあたかあしつひめのみこと )
「天平の頃、当国守護の任にありし染谷太郎時忠が当国安土・子宝を願
い勧請す。後、その内室懐胎に及び信仰益々篤く、ひたすら安産の祈祷
奉るに忽ち霊験現る。依って、社頭以下設備怠りなく造営す。」と伝う。
安産守護神として崇敬さる

かたつむりが・・・
画像

8:05 鳥居前
画像

前夜の雨で水量増
画像

8:33 大山駅からケーブル方面
画像

9:04 左女坂へ右男坂
画像

9:38 男坂、女坂合流地点
画像

10:01 下社から上社へのスタート石段
画像

10:16 夫婦杉
画像

10:41 追分
画像

11:23 頂上裏手 宮が瀬湖が見える 
画像

三の塔 塔が岳方面  雲が1000mぐらいまで下がって頂上は見えず
画像

伊勢原方面
画像

14:47 日向渓谷
画像

15:00 日向薬師への道
画像

16:00  日向薬師から 七沢温泉への途中
画像

この先リハビリセンター

しかし温泉にはたどり着かず
再度持ち越し

突然ですが帰りの横浜線で美奈子さんにバッタリ久しぶりでした。
今回も反省、二本ステッキにし楽勝かと思いましたが やはり訓練不足
下りの練習もっと必要だ。下りの歩き方かな・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック