08年4月5日 二上山から葛城山へ 

画像

二上山(517m)、岩橋山(658m)、葛城山(959m) 19.5Km
単独
9:40二上山駅→10:30二上山雄岳(517m)→10:45雌岳(474m)11:00→11:08岩屋峠
→11:23竹内峠11:30→12:06平石峠→12:44岩橋山(658m)12:55
→13:01岩橋峠13:30→13:54持尾辻→14:25忍海道分岐→15:08葛城山(959m)
15:20葛城山→16:12葛城登山口→16:54御所駅

昨年、千早本道から金剛山→水越峠→葛城山を歩いており葛城山から北の部分を
歩くことにした。平野は桜満開で少し暑いぐらいの山道 シャツ一枚で気持ちいい
歩きでした。二上山の雌岳には桜もあり結構人が上って春を楽しんでいた。冬枯れ
の景色から緑、ピンク、黄緑等山に色が増え春です。鶯の声がづっと続き春を楽しんだ。
葛城山は5月のつつじが最高だと!


9:47 登山口
画像

10:10 二上神社口からと合流
画像

10:15
画像

10:30 大津皇子
画像

10:31 二上山
画像

雄岳から雌岳
画像

10:45 雌岳 桜もあり 大人数がハイキング
画像

雌岳から雄岳方面
画像

雌岳から葛城山方面
画像

雌岳から大阪方面
画像

11:08 岩屋峠
画像


11:19 竹内峠への下り
画像

11:23 竹内峠
推古天皇の時代(613年)以前あった丹比道(たじひみち)と呼ばれた古道は
難波と飛鳥豊浦宮までを結ぶ飛鳥時代の大動脈で、現在の竹内街道のことである。
日本書紀に「難波より京に至るまでに大道を置く」と記されている。
仁徳天皇陵、羽曳野市の応神天皇陵近くを経て聖徳太子ゆかりの太子町に入る。
更に二上山の南で竹内峠越え大和に入る。
画像

12:06 平石峠
画像

画像

12:24
画像

12:44 岩橋山 展望なし
画像

13:01 岩橋峠 食事 団体は兵家へ下山
画像

13:40 
画像

13:54持尾辻
画像

14:17
画像

14:25 忍海道分岐
画像


14:31 階段
画像

14:36 階段 第二弾 第三弾と
画像

14:58 広川寺への分岐
画像

15:08 葛城山
画像

画像

奈良盆地 大和三山が
画像

金剛山
画像

16:20 御所への道
画像

16:33 御所から葛城山
画像


今回二上駅からの取っ付きを間違い引き返す場面あり
ぎふ蝶を観に来た親子と話をした。ぎふ蝶は奈良の葛城山あたりが南限で
最近見た話を聞き来たそうです。
奈良県では自然破壊が続いておりいつまで見れるか?とのこと。
氷河期からの原始種だそうです。奈良だと川上村でも自然発生した記録があるとか・・・
どうも貴重な蝶のようでした。その親子北海道以外は結構行っているようでしたが
親は子供大きくなってくるのでいつまでいっしょに行けるか?と でもうれしそう。
ぎふ蝶は桜の咲く頃現れ、その花が散る頃に姿を消します。年1回しか羽化しない
不思議な蝶で「春の女神」と言われるよう。

登山者にここは つつじの時期が最高ですよと
又 関西だと 六甲山が交通の便よく どこからでも取り付けるのでいいですよと
進められた。

今度は紀見峠から金剛山を歩いてみるかと思っています


今回コース
画像

画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック