08年08月15日編笠山(八ヶ岳)へ

画像

土日に天気悪くなりそうなので久し振りに編笠山に登ることにした。
昨年の8月24日はじめて上がったコースで西岳を回り下山と思って
いたが西岳、権現岳方面はガスが次から次と沸いており視界がほ
とんどなし。来た道を帰った。山頂には三人先客が居たが、少しの
時間で、幸運にも一人になった。
雲が流れる山頂にただ一人
一瞬に富士山が消え、一瞬に現れる
一瞬に南アルプスが・・・
一瞬に富士見高原が・・・
下界からは私が・・・

雲海に浮かぶ富士山はグラデーションがかかり
なかなかいい富士山が見れ満足した。

編笠山<2524m> 、14.2Km、単独
富士見高原(1200m)4:25→4:38県境登山口→5:30富士見平(1520m)5:38
→5:56展望台(1649m)6:00→6:23雲海(1880m)→6:44ベンチ
→6:56押手川(2100m)7:10→8:35編笠山
編笠山9:15→10:18押手川10:35→10:47ベンチ→11:02雲海11:12
→11:32展望台→11:44富士見平12:05→12:54富士見高原

5:33富士見平から富士山
画像

5:48キオンの群生
画像

6:23雲海
画像

雲海からの富士山
画像

6:34ハリブキ
画像

6:37 ごろごろ石の道
画像

6:44 突然ベンチ
画像

6:57押手川
画像

7:20苔むした岩、風景
画像

7:44 ちらり展望南アルプス
画像

8:07シナノオトギキリ
画像

8:09はしご(唯一の)
画像

8:17富士山
画像

8:20キバナヤマオダマキ
画像

8:30 ?
画像

8:34ウスユキソウ
画像

8:35頂上 権現方向はまったく視界無
画像

8:35南アルプス
画像

9:03
画像

9:07西岳が少し
画像

9:15下り(諦めて同じ道を帰ることに)
画像

9:16ミヤマアキノキリンソウ
画像

?
画像

コケモモ
画像

9:34
画像

11:44ウツボソウ
画像

12:15防火帯
画像


編笠山頂上から権現、赤岳方面の展望は雲が沸きまったく無かった。
富士山、南アルプスについても雲の切れ目に一瞬見える。
しかし、その一瞬は目を見張る感じがあり、非常によかった。
行程の道には数すくないがいろんな植物が姿現し、目を
楽しませてくれた。このコースは二回目であるが大きな石も
あり、頂上に近づくほどきつさを増していく。
今度はここから権現へ向かってみようと・・・。


今回コース
画像

画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック