09/08/09 乗鞍岳へ

画像


昨年女房と木曽駒ヶ岳へ行ったが、今回も同じパターン
で乗鞍岳へ出かけた。(バスで2700mの畳平まで上
がれ、畳平にはお花畑があり女房が花を楽しんでる間に
乗鞍岳へ登って来る)今年は天候があまりよくなく、こ
の日も最悪畳平でお花畑散策のみでもと思い出かけた。
朝方に少し降られただけで、日差しも少しあった。朝の
一番電車で新島々へ向い、バスに乗り換え乗鞍高原へ、
そこで再びシャトルバスに乗り換え畳平へ。途中スキー
板を持った人がバスを降りる。雪渓で夏スキーをする人
だ。すごい!雨具を着け女房と分れ、乗鞍岳へ向う。ハ
クサンイチゲ、コバイケイソウ、オンタデ、ヨツバシオ
ガマ、モミジカラマツソウ等結構花が咲いている。途中
雪渓が残っている不消ヶ池が・・・雪渓が残りその部分
は神秘的なブルーの色・・・綺麗だ。遠くを見ると雲の
下に山が見え、中腹から下は雲海。これも濃いブルー基
調の色調ですばらしい。八ヶ岳らしい山も見える。南ア
ルプスも。途中摩利支天岳(コロナ観測所)にも寄って
みた。雪渓の脇を抜けて肩の小屋へ。小屋までは簡易舗
装道路だ。大勢の人だ。ここからはガレた登山道になる
。ガスって来た中を徐々に高度を上げていくとジャリぽ
いところに碑が立っており蚕玉岳(こだまだけ)298
0mとある。風が出てきて寒い。ガスで先が見えにくい
が人も多く道もしっかりしている。頂上小屋の横を通リ
山頂へ。ガスの中で展望なし、時折ちょこっと周りの山
が見えるときがあるくらい。写真も撮り早々に下山開始
。肩の小屋まで降りると晴れている。山頂だけだ雲の中
だったのだ。下りは花を楽しみながら降りた。キリンソ
ウ、ウサギグサ、オンタデ、コマクサ、ミヤマダイコン
ソウ、イワツメグサ・・・。12時前に畳平に戻り女房
と合流、帰途についた。乗鞍岳は花の多い山だった。天
気が悪く360度の展望が見られなかったのが残念だっ
た。

乗鞍岳<3026m>、摩利支天岳<2872m>
曇り一時雨 7.5Km +537m -542m
めんば:単独
畳平▲9:06→9:17お花畑分岐→9:24摩利支天分岐→9:37摩利支天岳
→9:46摩利支天分岐→9:53肩の小屋▲9:56→10:35乗鞍岳10:49
→11:18肩の小屋▲11:22→11:30摩利支天分岐→11:37お花畑分岐
→11:51畳平▲

4:35 松本駅
画像

6:04 新島々駅
画像

7:18 乗鞍高原からの乗鞍岳
画像

9:06 畳平
画像

9:08 お花畑へ
画像

9:09 コバイケイソウ
画像

9:09 ハクサンイチゲ
画像

9:09 モミジカラマツ
画像

9:09 ヨツバシオガマ
画像

9:10 お花畑
画像

9:11 アオツガサクラ
画像

9:11 コイワカガミ
画像

9:16 イワツメクサ
画像

9:17 ミヤマキンバイ
画像

9:20 不消ヶ池
画像

9:23
画像

9:33 コロナ観測所
画像

9:34 オンタデ
画像

9:35
画像

9:36 ウサギキク
画像

9:50 雪渓 スキー楽しんでる人多い
画像

9:53 肩の小屋
画像

9:58 剣が峰登山口 ここから登山らしく
画像

10:10 ガスが(下肩の小屋)
画像

10:14 アオツガザクラ
画像

10:27 蚕玉岳
画像

10:31
画像

10:35 やしろ
画像

10:35 山頂
画像

10:49 展望
画像

10:50 下り
画像

11:13 正面摩利支天岳(2872m)
画像

11:24 ホソバniキリンソウ
画像

11:35 コマクサ
画像

11:40 ミヤマダイコンソウ
画像

11:42 コメツバザクラ
画像

11:50 イワキキョウ
画像


今回コース

画像


画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック