2009/8/22 甲斐駒へ

画像

山歩きを始めてから甲斐駒の姿を見るたびに、登って
みたいと思っていた甲斐駒に初めて行った。ずしっと
した品格のある姿にある種の憧れの気持ちが・・・。
朝雨であったが天候の回復に期待し、伊那の戸台口に
到着、朝5時45分発の臨時便で北沢峠着いた。まだ
雨模様であったが双児山から駒津峰へ途中の下山者の
話ではガスと強風で断念しての下山とのこと、心配し
つつ駒津峰に到着した。駒津峰ではガスって最初姿見
せなかったが、先ほど一瞬見えたとか、何人か山頂へ
向かっていったとの話。我々も様子をみていると雲が
切れてきて甲斐駒がだんだん姿をあらわして来た。雨
の心配はなくなり、後は風。行けるところまで行くこ
とにし、出発。やせた岩尾根を行くと大きな六方石に
、そこから右手の道を進むと花崗岩の砂礫の斜面に出
てきた。尾根を回り込んだあたりで風が少し強くなり
慎重に登った。山頂には結構大勢の人がおり、さすが
人気の山だと思った。展望は霞がかかったようで、今
一だったが登ったことだけで満足。下りは駒津峰から
仙水峠へ下った。ガレた道で気をつけて降りたが、振
り返れば甲斐駒の迫力ある姿が見えよかった。仙水峠
からの道は岩の道が続き歩きにくく閉口した。予定通
り北沢峠に着き、帰りのバスから見えた景色は二度目
の感激だった。鋸岳の赤茶けた山肌、甲斐駒の白い山
肌がつならり、迫力ある屏風絵巻のように迫ってくる
。大満足の山歩きでした。


甲斐駒ケ岳(2967m)、駒津峰(2752m)  10Km
メンバ:minaさん、miyaさん
戸台口発05:45→06:38北沢峠着(バス@1300)

北沢峠6:47→7:21<2325m付近>7:25→7:48<2500m付近>7:57
→8:19双児山8:23→8:42<2600m付近>8:52→9:16駒津峰9:28
→10:05六万石10:09→10:45<2850m付近>10:55→11:08甲斐駒11:30
→12:05六万石→12:42駒津峰12:45→13:29<2360m付近>13:37
→13:49仙水峠→14:18仙水小屋→14:44北沢駒仙丈小屋→14:55北沢峠
北沢峠発15:00→16:00戸台口着



5:37 戸谷口 雨がやまない
画像

6:47 北沢峠出発


6:56 樹林帯を
画像

7:33 少し明るくなったようだが
画像

7:44 ガスっている
画像

8:07
画像

8:18
画像

8:20 双児山到着
画像

8:25
画像

8:27 駒津峰がガスの中に見え始めた
画像

8:47
画像

9:03 下ってくる人 ガスと強風で甲斐駒断念との話
画像


9:12 歩いてきた双児山の向こうに仙丈ヶ岳が
画像

9:14 駒津峰
画像

9:22 駒津峰から甲斐駒方面 見えない!
画像

9:30 やっと姿見せた姿バックに
画像

仙丈ヶ岳バックに
画像


9:45 岩尾根
画像

10:03 
画像

10:12 右コースを取る
画像

10:22 六方石を振り返る 駒津峰からの尾根も
画像

10:25
画像

10:27 歩いてきた道
画像

10:29 風がつよく慎重に
画像

10:32 摩利支天分岐
画像

10:56
画像

11:00 もう少し
画像

11:08 甲斐駒山頂 バンザイ!
画像

11:22 展望今一
画像

12:18 鋸岳への尾根
画像

12:25 振り返れば 甲斐駒と摩利支天
画像

13:10
画像

13:53 仙水峠からの 岩道(疲れる)
画像

14:32 もう少しだ
画像

15:15 鋸岳
画像



今回コース
画像


画像





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック