2009/10/31 蓼科山へ

画像

八ヶ岳最北の蓼科山へブルースカイメンバーと初めて
登った。6:00に女ノ神茶屋前駐車場に到着、少し
ひんやりとした笹道を気持ちよく歩き始めた。10分
ほどで急登りになり1900mを越えくると大きな石
のある道になり、結構大変だった。でも途中からちら
ちら見える景色は、青空と下に漂う雲の幻想的な風景
頂上での絶景が期待出来そうでありワクワクしながら
登った。縞枯現象の場所付近からは御嶽山、乗鞍岳の
雪をかぶった姿も見え、樹林帯を抜け大きな岩だらけ
の山頂付近にくるとすばらしい景色が目に飛び込み、
オー!山頂は本に書いてる通り、広い石だらけの山頂
。風もなく、青天の下、360度の景色(八ヶ岳、南アル
プス、中央アルプス、御嶽山、乗鞍岳、穂高岳、槍ヶ岳
立山、鹿島槍ヶ岳、白馬岳)目一杯楽しんだ。例年なら
北風が吹き寒いのだろうが、幸運だった。
下りも石だらけの道、将軍平まではよりく急降下、
その後も2090mぐらいまでは石の道。滝ノ湯川合
流地点前は笹が石に道に覆いかぶさり笹の葉で滑りそ
うになった。滝ノ湯川合流地点は山に囲まれた穏や
かな陽だまりの場所で気持ちよかった。ここからは道
も穏やかになり、竜源橋へ。竜源橋からは車道を女ノ
神茶屋前駐車場への登り返し。本日もブルースカイ!
八ヶ岳のカラ松の紅葉と青空の下360度の展望を楽
しみ、滝ノ湯川合流地の陽だまりコーヒタイム、のん
びり、ゆっくり、いい歩きでした。帰りは女神湖にも
寄り少し観光も。



蓼科山(2530m) 10.5km 晴れ
メンバ:minaさん、komiさん、msakaさん
蓼科山登山口▲6:11→8:59蓼科山▲10:24→10:51将軍平▲11:00
→12:05滝ノ湯川合流12:29→13:26竜源橋→13:47蓼科山登山口▲


6:11 登山口
画像

6:23 登山口からはなだらかな笹の道だったが
10分ほど歩くと急登に
画像

画像

6:49 大きな岩の道になってくる(1935m付近)
画像

6:56-7:03 休憩 1986m付近


7:16 遠くに中央アルプス、御嶽山の展望が(2080m付近)
画像

7:22 八ヶ岳と南アルプスが(2115m付近)
画像

7:30-7:36 休憩 2145m付近


7:40 蓼科山が正面に 縞枯現象も見える
画像

7:52 八ヶ岳がすばらしい(2200m付近)
雲の上には鳳凰、北岳・・・
画像

8:01
画像

画像

8:25 縞枯部に(2395m付近)
画像

御嶽山が見える 右端しには乗鞍も
画像

8:33 急登り
画像

8:41 樹林帯を抜ける(2460m)
青天だ!
画像

8:44 岩のしるしに沿って(2485m)
画像

8:45 八ヶ岳の紅葉と南アルプスの絶景です
画像

8:56 蓼科山頂ヒュッテ
画像

8:59 山頂
画像

9:00 八ヶ岳と南アルプス
画像

9:11 三角点タッチ
画像

9:16 神社
画像

青天だ!
画像

9:20 穂高方面 乗鞍岳、穂高連峰 美ヶ原も
画像

9:26 中央アルプス
画像

10:26 将軍平方面へ うっすら浅間山も
画像

10:44
画像

10:51 将軍平の蓼科山荘
画像

11:11 ごろごろ石の下り
画像

11:31 川筋?
画像

画像

11:32 樹林の中へ(2090m付近)


11:54
画像

12:05 滝ノ湯川合流からの蓼科山
画像

12:52
画像

13:22 林道到着
画像

13:36 ビューポイントから北横岳
画像


山の概観から見るともう少し穏やかな登りと思われた
が、石の山と言う感じだった。火山なのだなあ!石の
道は足元が不安定で結構気を使う。残雪の時期の方が
歩きやすいがそのときは頂上は寒いだろうなあ!吹き
さらしで。ここのところずっと天気よくなく、久々だ
と山小屋で言われ、ホント最高なときに登れたと感謝。
このメンバーで登る時はほとんど晴れる、不思議だな
あ!


14:50 女神湖から蓼科山
画像




今回コース
画像

画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2009年11月02日 20:25
ワォッ!太陽の光線がまぶしいくらい
良いお天気に恵まれましたね♪
この前の週末(私達)とは大違い。
日頃の行いのせいでしょうか(笑)
懐かしく拝見させていただきました

この記事へのトラックバック