10/03/21 山の辺の道へ

画像

kasaさんと奈良駅で合流し一日目は山の辺の道を歩き、洞
川温泉に泊まり、次の日に大峰山山上ヶ岳へ登る今回の計
画の発端は「熊野古道を歩いてみたい」から始った。前日
の夜から嵐のように雨風が強くなかなか熟睡できないよう
な夜だった。また夜が明けても風は強く、kasaさんからの
メールでも関東で電車が止まっており予定時間に着かない
とのこと、予定変更も考えたが1時間遅れぐらいですんだ
。柳本駅から黒塚古墳を少し見て、崇神天皇陵へ、通常の
日なら奈良盆地が見渡せるのだが、黄砂がひどくまったく
ダメ、でも徐々にまわりの山も見えるようになりよかった
。柳本駅ー黒塚古墳ー崇神天皇陵ー景行天皇陵ー桧原神社
ー玄濱庵ー大神神社ー三輪駅と歩き山の辺の道の一部を味
わった。山の辺の道は三輪から奈良へ通じる上古の道で三
輪山から北につならる山裾を歩く道でのどかで好きな道だ
。三輪駅前の喫茶店に山の辺の道の道歌碑の資料があった
天理から桜井までに38掲載されておりそれを探しながら
歩くのもいいかなあと思った。下市口から最終便のバスで
洞川へ向かった。途中で暗くなり長いトンネルを二本抜け
やっと洞川温泉へ、ゆっくり温泉につかり食事。明日に備
えて早めに  お休み・・・。


11:42 柳本駅出発
画像

11:48 黒塚古墳
     古墳時代前期の古墳で全長132m、三角縁神獣鏡が33面
     出土した
画像

12:08 崇神天皇陵
    実在した最初の天皇とも、大和朝廷の祖とも言われる崇神(すじん)天皇の陵は
    前期古墳を代表する前方後円墳で全長約240m
画像

12:32 崇神天皇陵 ここでお昼に 団子うまかった
画像

12:41 のどか  三輪山望む
画像

12:46 景行天皇陵
    箸墓古墳に次ぐ、大和古墳群第二位の大きさで
    全長300mの前方後円墳
画像

13:20 桧原神社への上がり
画像

13:28 桧原神社
画像

13:29 碑 万葉集巻10~1814 柿本人麿
    古の人の植ゑけむ杉が枝に
    霞たなびく春は来ぬらし
画像

13:29
画像

13:30
画像

13:33 碑 万葉集巻2~158 高市皇子
    山吹きの立ちしげみたる山清水
    酌みに行かめど道知らなく
画像

13:35 玄濱庵
画像

13:48 碑 古事記 神武天皇
    あし原のしけしき小屋にすがだヽみ
    いやさや敷きてわが二人寝し
画像

13:49 狭井川
画像

14:01 大神神社
画像

14:51 三輪駅前喫茶店貸切で入れず ベンチで
画像

画像

18:09 下市口からのバスで洞川へ 明日はいい天気だ!
画像

18:36 長いトンネル
画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック