10/03/22 大峰山「山上ヶ岳」へ

画像

長年、熊野古道を歩いてみたかったが、なかなか実行出来
ずにいた。従来は紀伊田辺からの中辺路を考えていたが、
二年前から山歩きを始めた関係で、歩くなら熊野古道の大
峰奥駆道を歩きたく思っていた。今回kasaさんが三日間時
間がとれるとの事で、取りあえず一部でも味わいたいと、
山上ヶ岳へ行ってみることにした。前日に洞川温泉に泊ま
り法力峠からレンゲ辻、山上ヶ岳へ登る予定であったが、
宿の方が清浄大橋まで送ってくれるのと逆コースのほうが
いいよとのアドバイスもあり、清浄大橋→一本松茶屋→洞
辻茶屋→山上ヶ岳→レンゲ辻→山上辻→法力峠→洞川温泉
のコースに変えた。清浄大橋を渡るとすぐに女人結界、結
構間伐されているが静まりかえった樹林の中を登っていく
と、長い霜柱が点在しけっこう冷えてることをあらわして
いる。50分ほどで一本松茶屋に到着、登山道は茶屋の中
央部を通っている。道は南東方向に変わり「お助け水」を
通り洞辻茶屋へ。ここで念願の奥駆道と合流、吉野から2
4Kmの表示があった。なかなかよさそうな尾根道だ。少し
行くと陀羅尼助茶屋があり、傾斜が急になるとともに残雪
がある道になりもうすぐ鐘掛岩になる。神経使い登る。鳥
居が現れ、道の両脇に碑が並んで一杯建っている道を行く
と西ノ覗が見えてきた。絶壁。ほとんど人に会いそうにな
いので、西ノ覗で食事にした。アルプスの山が雲に上に雪
を覗かせていた。ゆっくり食事の後山上ヶ岳頂上へ向かっ
た。大峯山寺は大きかった。山頂は少し離れた囲いに囲ま
れた岩だった。奥駆道はそこから地蔵岳へ向かうが、我々
はレンゲ辻方向に下った。この下りは結構きつい下りで、
はしごが多かった。この下りでの稲村ヶ岳、大日山の展望
はなかなかよかった。レンゲ辻の女人結界を過ぎてから山
上辻までの道は北側になるのと湧き水が多いため細い道で
凍結が多く慎重に歩いた。山上辻の先まではほとんど高度
は変わらず。山上辻から稲村ヶ岳、大日山へは往復1時間
半ぐらいのようだ。花の時期がいいようだ。ここからの下
りは距離的には長いが非常に歩き易い道だった。逆のコー
スを取るとレンゲ辻から上の道が辛そう。今回のコースを
取って正解だった。
洞川温泉は結構旅館が多い温泉街だったがこの時期は客
少なく、やってる旅館はすくないそうだ。泊まった宿は「あた
らしや」で深田久弥氏の色紙が飾ってあった。昔ここから
大峯山へ登ったとき書かれたものだそうだ。

清浄大橋8:03→8:18一ノ世茶屋→8:51一本松茶屋8:55→9:27助水
→9:50洞辻茶屋10:07→10:39鐘掛岩→10:56西ノ覗12:11
→12:28山上ヶ岳12:31→13:05レンゲ辻→13:52山上辻14:06
→14:58法力峠→15:46五代松鍾乳洞→16:02登山口→16:21洞川温泉

大峰山「山上ヶ岳」<1719m>
晴れ、15.6Km +1635m -1718m


8:03 清浄大橋
画像

8:06 すぐに女人結界
画像

8:15 霜柱
画像

8:40 
画像

8:51 一本松茶屋
画像

8:55 内部
画像

9:02 つらら
画像

9:25 お助け水
画像

9:50 洞辻茶屋  吉野24Km
画像

9:51 奥駆道の表示が
画像

画像

9:53
画像

10:03
画像

10:18 陀羅尼助茶屋
画像

10:26 階段スタート
画像

10:33
画像

10:34 くさり
画像

10:38 鐘掛岩
画像

10:40 展望
画像

10:47
画像

10:51 西ノ覗 が見える
画像

10:54 西ノ覗手前
画像

11:00 西ノ覗で
画像

11:21 サラダつくり
画像

11:27 対岸の岩壁
画像

11:34 昼飯  エビヒラプ、シーチキン入り野菜サラダ、コーヒー
画像

12:22 大峰山寺へ
画像

12:26 大峰山寺 大きい寺だ
画像

12:30 山上ヶ岳頂上
画像

12:34 下山方向
画像

画像

12:40 レンゲ辻へ 稲村ヶ岳が見える
画像

13:04 急はしごが多い
画像

13:05 レンゲ辻 女人結界
画像

13:15
画像

13:16 湧き水で凍ったところが多い
画像

13:52 山上辻
画像

15:41 みごとな樹林
画像

15:46 鍾乳洞近く
画像

16:00
画像

16:14 温泉
画像

21:39 飾られてた深田久弥氏 色紙
画像

前日が嵐のような黄砂、山上ヶ岳に登った翌日は雨
まさに我々が登ると決めた日だけ風もなく最高の天気
になった。有り難かった。
宿も二日目は我々二人だけの貸切状態、歩きながら
しゃべり、少々の酒と料理つつきながらしゃべり、温泉
に入りながらしゃべり、ゆっくりとした、充実した時間が
流れいい山旅であった。日頃帰りの山歩きが多いが
これから今回のような山歩きを、多くしたいなあ!

今回コース
画像


画像








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

nikkor14d
2010年04月04日 14:27
こんにちわ!
ブログ参考にさせて頂き、
今年初の大峯へ行ってきました
ありがとうございます

この記事へのトラックバック