10/06/26 雨の乾徳山へ

画像

梅雨時期、天気予報が曇りと言うことで、曇りならと
山仲間と初めて乾徳山へ出かけた。電車事故で塩山到
着が予定の1時間遅れになりスタートは大平高原から
とした。雨具をつける必要がないくらいに小雨の中を
出発。すぐに樹林帯の中を歩くようになり、小雨は気
にならない。フタリシズカが出迎えてくれ、曇りなが
ら新緑の緑が明るく綺麗に感じる中を歩いていくと、
サラサドウダン、ヤマツツジ現れ、月見岩手前の草原
の中にアヤメも一輪。ガスっており、数百m先は何も
見えない中よく見えたもんだ。扇平の手前で本格的に
雨になり雨具着用。最悪撤退も考慮し進んだ。扇平を
過ぎて徐々に岩山ぽくなってきて、岩の間を登ってか
ら岩場が本格化、岩を回り込んだ場所は展望が開けて
おり、雲が下にたなびくなかなかの展望が見られた。
来てよかったなあと!ハシゴを越え、鎖場へ。二本鎖
があったが右手のほうが登りやすそうだった。最後は
頂上直下の鎖場、雨で足場が濡れており滑りやすく少
し難儀した。山頂からの展望は雲海のみ、天気がいい
ときはよさそうである。写真を撮り早々に下山。北側
から小さいはしごを降り、続いて少し長いはしごを降
りていく。雨に濡れているので注意しながら15分程
で迂回新道へ。そこからの道は楽になるのかと思って
いたが、岩がごろごろあり、滑りそうで気を使う道だ
った。1800mまで下ると少し楽になりバイケイソウや
ヤマツツジもあり、すこし余裕が出てくるようになっ
た。国師ヶ原ヒュッテで蒸れる雨具を脱ぎ、
コーヒータイム、少しくつろげた。ここからの下山
道は普通の登山道で途中、ヒメネズミ?、鹿の親子にも
会えた。雨の中の歩きだったが、帰りのバスには余裕
で間に合い、雨も少し小降りになった。塩山温泉の公
衆浴場で汗流し、駅前で馬刺し等で反省会し帰途に着
いた。天気の時改めて来ようと思った。

塩山駅8:45⇒(タクシー)⇒9:30大平高原 @5400
大平高原9:37→10:05道満尾根→10:42休憩10:54→11:01扇平→12:16乾徳山12:25
→12:39迂回新道→12:53休憩13:00→14:04国師ケ原14:34→15:31乾徳山登山口
→16:01乾徳山BS▲
乾徳山BS16:18→(バス)→16:50塩山駅

乾徳山(2031m)  二百名山
距離9.8Km +892m -1394m 雨
メンバ:komiさん、moriさん、msakaさん


9:37 大平高原
画像

9:44 登山口
画像

10:05 道満尾根に着いた
画像

10:08 少し傾斜がきつく
画像

10:21 展望開けたが雲の中
画像

10:22 緑が綺麗
画像

10:24 サラサドウダン
画像

10:31 山ツツジ
画像

10:56 開けた草原らしいがガスの中
画像

10:56 あやめが!
画像

11:01 扇平
画像

11:09 岩場へ
画像

11:23 このくぼみを登り本格的に
画像

11:31 いい景色!
画像

11:45 はしごを降り
画像

11:46 鎖場
画像

11:53
画像

12:04 山頂が見えた
画像

12:06 頂上直下の鎖 
画像

12:07 岩の亀裂に足をねじ込み
画像

12:09 ここまで登れば大丈夫
画像

12:19 記念写真だ!
画像

画像

12:20 展望 見えない!
画像

12:27 二つ目のはしご
画像

12:29
画像

12:29 左下を回り込む
画像

12:39 迂回新道
画像

13:12 ごろごろ石
画像

13:18
画像

13:40
画像

14:04 国師ヶ原ヒュッテ
画像

15:31 登山口
画像

曇り、雨の確率20%ぐらいだったが、スタートから
小雨の中、テント泊の練習のため、少し重い荷物を背
負う経験をしてみようとザックを重くして登ったがその
分汗に。扇平手前で重量を減らしたが、雨具の蒸れは
なんともし難しだった。
ブルースカイクラブでの山歩きで初めての雨中の歩き
になった。


今回コース
画像

画像







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック