10/10/17 高原山(鶏頂山、釈迦ヶ岳)へ -初めての那須方面-

画像

kasaさんと一昨年来候補に挙げていた高原山へ出かけ
た。kasaさんが挙げた山候補で私がたまたま黒曜石の
産地それも緑色と言うことで興味があった山。kasaさん
の娘さんも同行、紅葉の中いい歩きが出来た。高原山
は那須と日光の間にある火山群の総称で釈迦ケ岳、鶏
頂山、明神岳等があるが、今回釈迦ケ岳、鶏頂山へ
登った。鳥居のある鶏頂山西口登山口から笹が生い茂
るなだらかな道を登っていくとスキー場ゲレンデ跡地に、
そこから木々に囲まれた笹の道を登っていく。開けた
展望の良いところにでたが残念ながら霞んでいて展望
はダメだった。そこからヒノキの樹林帯に入るとすぐ
に大沼入口につく。落ち葉と苔むした道を歩いていく
と10分ほどで弁天沼。紅葉が始じまった木々の間に
鶏頂山が見えた。釈迦ヶ岳と鶏頂山へ道の分岐点だが
右の鶏頂山へ道をとり少し行くと急登が始まり登山ら
しくなる。稜線まで登りつめると釈迦ヶ岳への分岐、
御岳、釈迦ヶ岳の紅葉が見え火山の外輪山ぽい雰囲気
。再度より一層の急登で鳥居をくぐれば鶏頂山。御岳
、釈迦ヶ岳、中岳、西平岳の展望はまずまずだった。
昼食はkasaさんの定番サラダと栗いっぱいの栗おにぎ
り、美味しく頂いた。食後釈迦ヶ岳へ、登って来た道
の下りはきつく、そこから御岳を越え釈迦ヶ岳へ。こ
ちらも急登、這い上がる感じ。やっと頂上へ、日光連
山、那須連峰が見えるらしいが今回はダメであった。
下りはまたもこんな所上がったのかと思うぐらいの下
り。下が濡れており設置されている綱がうれしかった
。御岳を越え最鞍部からは右に進み弁天沼へ、ここは
なだらかな下りで、紅葉が一番綺麗だった。弁天沼か
らは来た道を降り、登山口へ。展望は今一だったがい
い紅葉が見れ満足。鬼怒川温泉で帰りの電車待つ間に
足湯に入り、ビールで乾杯。当初一泊して次の日に男
体山への計画だったが急遽日帰りになり、今年の春大
峯山で二泊した時と比べると少し話したりなかったが
娘さんとも話し歩け、いい日だった。

高原山(釈迦ヶ岳<1795m>、鶏頂山<1765m>) 300名山
曇り 10.4Km +854m -853m 

竜王峡駅9:00→(タクシー30分@5900)→9:30西口登山口
西口登山口9:36→10:11登山道合流→10:22展望地10:34→10:52弁天沼
11:17稜線分岐→11:34鶏頂山12:22→12:36稜線分岐→12:54御岳
→13:28釈迦ヶ岳13:43→14:11御岳→14:18最低鞍部→14:33弁天沼
→14:46展望地→15:14西口登山口
西口登山口→(タクシー@5900)→竜王峡駅


9:36 登山口の鳥居
画像

9:44 笹の道
画像

10:02 すすきの原っぱ
画像

10:07 サイドに紅葉見られる笹の道
画像

10:16 一輪の花
画像

10:33 展望地
画像

10:41 ヒノキの樹林帯
画像

10:53 弁天沼
画像

10:53 弁天沼から鶏頂山
画像

10:53 弁天沼紅葉
画像

11:04 急登
画像

11:20 稜線へ
画像

11:21 紅葉
画像

11:38 鶏頂山で
画像

展望
画像

12:40 降りてきた鶏頂山
画像

12:48 急登り
画像

12:54 御岳
画像

13:21 急登り
画像

13:33 釈迦ヶ岳から展望ダメ
画像

13:38 釈迦ヶ岳で
画像

13:39 
画像

14:22 最鞍部から弁天沼への道紅葉
画像

14:31 弁天沼手前紅葉
画像

高原山との出会いは、一昨年kasaさんと初めての
山行き計画を立ててる中で候補リストに高原山の
名前が乗っていた。そのときは高原山をよく知らな
い時で気にとめてなかったが、その後考古学の先
生と話しているとき緑の黒曜石の話で高原山の話
が出て、新聞にも高原山の黒曜石の話が載った。
また、山歩きの参考に「展望の山歩き」の本を買っ
たら初っ端に高原山が・・・結構 因縁の山で是非
歩きたかった山。

那須地区の山は初めて(北の山は初めて)であった
が今回の経験でこのあたりの山も日帰りが出来る
ことが分かり今後たのしくなりそうである。

相模原4:38→4:49町田4:57→5:33代々木上原5:40→6:14北千住6:32
→8:42鬼怒川公園→8:52竜王峡駅@2230
タクシー:日光交通株 0120-812525

今回コース
画像

画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック