10/11/07 瑞牆山へ -紅葉と展望-

画像

昨年赤岳へ登った後、金峰山か瑞牆山へ登るつもりで
あったが仲間と距離が長い金峰山へ登り、その後気に
なりながらなかなか登る事ができなかった。紅葉も少
し期待して始発電車で出かけた。韮崎からのバスは登
山姿は私一人(他乗客一人)、増富温泉からは私一人
運転手と色々話しながら、川沿いの紅葉を楽しんだ。
5月の新緑、6月のシャクナゲ、と今の紅葉の時期が
いいそうだ。土曜は人が多く平日または日曜日とか。
瑞牆山荘から黄色く紅葉したシラカバ林の中を歩き、
林道を横断、急登。紅葉したカラマツの木立の合間か
ら少し奇峰が垣間見える。富士見平にはテントが結構
ありくつろいでいた。左手の瑞牆山への道へ、平坦で
楽だが石道で歩きにくい、天鳥川への下りの手前でコ
ース中唯一全貌が見える場所があった。天鳥川への下
りはけっこうきつい、沢を渡り天鳥川へ、ここからは
大岩の横通過や岩の間のすり抜け等の急登、シャクナ
ゲが多く、花の時期は良いだろうと思った。大ヤスリ
岩のが仰ぎ見る場所で休憩、岩の間を急登りすると尾
根へ。ここからは裏手になるのか「つらら」がまた岩
が凍っておりすべる。山頂に、オー声が出るほど絶景
。金峰、富士山、御坂、南アルプス、から八ケ岳、北
アルプスまで全て、パノラマ! 眼下はカラマツ等の
紅葉、最高の日に来た。人は結構多く、山頂狭いので
やはり土曜は避けたほうがいいと思った。下りも同じ
道を戻ったが結構気をつかって降りた。バスまでの一
時間弱、前後しながら登った大阪の人(71歳)と話
しながら陽だまりの中待った。この人は朝金峰山へ登
ってのピストン元気だ。まだ4-5泊の縦走もやってる
そうだ。70過ぎて体力落ちたと言ってたがなかなか
。たのもしい。


韮崎駅7:40→(山交タウンコーチバス@1200)→8:39増富温泉8:40
→(山梨峡北交通バス@800)→9:00瑞牆山荘
瑞牆山荘▲9:10→9:42富士見平▲9:45→10:04天鳥川→10:45休憩10:50
→11:12瑞牆山11:40→12:33天鳥川12:43→13:00富士見平▲13:05
→13:27瑞牆山荘▲
瑞牆山荘14:20→(山梨峡北交通バス@2000)→15:46韮崎駅

瑞牆山<2230m> 日本百山名山 奥秩父
晴れ 6.8Km  +968m -968m


9:13 シラカバ紅葉
画像

9:24 林道横断
   ここから林道を経由して富士見平へ行くと途中に
   瑞牆山の絶景ポイントがあるらしい
画像

9:31 木立の間から
画像

9:42 富士見平
   テントが結構設営してた
画像

9:45 なだらかだが石の道
画像

9:56 コース中唯一全貌見える場所から
画像

10:04 天鳥川 ベンチあり
画像

10:06 大岩 横に階段
画像

10:11 大石でロープあり
画像

10:12 急登りに
画像

10:19 シャクナゲが群生し始め
画像

10:20
画像

10:37 大石が
画像

10:41 富士山が見えた
画像

10:43 ここ潜るのか?
画像

10:45 大ヤスリ岩下で
画像

10:54 日の当たるとカラマツ紅葉すばらしい
画像

11:00 よいこらしょ!
画像

11:07 つらら 
画像

11:08 最後の岩場 凍っている
画像

11:13 登頂写真 気持ちいい
画像

11:16 八ケ岳と北アルプスが
画像

11:17 南アルプス
画像

11:17 富士山、御坂
画像

11:20 金峰山
画像


山は見かけに反し結構上がりやすく、山頂からの展望
もいい。新緑、シャクナゲの時期にも来てみたいと思
った。しかし紅葉のこの時期は一番いいかも。増富か
ら瑞牆山荘までの車道も渓流と紅葉の組み合わせ抜群
車が少ない平日なら歩いてみたいところだ。


今回コース
画像


画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック