2011/01/08 笹子雁ヶ腹摺山~お坊山へ -南アルプス展望-

画像

山歩きを始めた頃会社の先輩okabさんに大菩薩山系の
滝子山、大蔵高丸、黒岳へ連れて行ってもらった時、
笹子雁ヶ腹摺山のコースを聞いており、歩きたかった
コース。2年越しで今回歩けた。天気よく、富士、南
アルプス、八ヶ岳、大菩薩の雪景色堪能した。笹子駅
から20号線を進み追分を過ぎ、右へカーブ、橋を渡
りその先左手に登山口がある。登山道に入ると早々に
きつい登り、このあたりの山は皆こんな感じだ。鉄塔
の先から尾根道、延々ときつい勾配がつづく。標
高1100m越えたあたりから後ろ手の木立の間から富士
の頭、1200m越えで南アルプスが見え隠れし始る。現
金なもので登りの辛さが吹っ飛んだ。電波反射板の場
所で展望が開け、すぐに笹子雁ヶ腹摺山の山頂。御坂
山塊越えに富士山が見え、右手には南アルプスの北岳
、間ノ岳、農鳥岳の稜線、更に右手には八ヶ岳。大満
足。稜線を北に雪が残る斜面を急降下して、結構狭い
尾根道のアップダウンを繰り返し行くと米沢山へ最後
の急登りに、3箇所の鎖場を登りきり米沢山に着いた
。ここは余り展望よくなく、大菩薩へ向かう稜線ぐら
いだが夏場は?ここからお坊山へは少しなだらかな尾
根道を下った後、急な登り返しでお坊山へ到着。ここ
では南アルプスの聖岳から甲斐駒まで一望!なかなか
ここまで見えることはないので感激した。また八ヶ岳
、大菩薩山塊も一望!大鹿峠への下りは北側になるの
で少し雪が残っていたが歩きやすかった。鞍部の大鹿
峠で右の笹子駅への道を分け鉄塔脇の稜線を下って行
くと氷川神社の前に出て、景徳院の横を通りバス停へ
。帰りやまと天目山温泉で汗を流し、反省会。天目山
温泉ではこの朝は氷点下11度だったそうで帰り時は-4
℃だった。山の上では-2℃だったので一日氷点下の中
に居た一日だったようだ。緊張する鎖場、最高の展望
いい山歩きの一日だった。

笹子雁ヶ腹摺山(1357m)、米沢山(1357m)、お坊山(1421m)
晴れ 11.7Km 1301m -1178m
6時間31分(休憩1時間30分)
メンバ:minaさん、komiさん、moriさん

笹子駅▲7:45→8:18登山口8:24→8:39鉄塔→9:32休憩9:37
→9:53笹子雁が腹摺山10:16→10:50休憩10:57→11:22米沢山11:40
→12:16お坊山12:47→13:14大鹿峠→14:16景徳院BS▲
景徳院BS→(タクシー@2420)→やまと天目山温泉
やまと天目山温泉→(バス@300)→甲斐大和駅

7:54 甲州古道 黒野田宿 お地蔵さん?
画像

8:17 左下付近から登山口
画像

8:40 急登り
画像

9:01 つづく登り
画像

9:21 富士山が
画像

9:42 登り
画像

9:49 電波反射板
画像

9:54 笹子雁ヶ腹摺山から南アルプス
   甲斐駒、鳳凰山、北岳、間ノ岳、農鳥岳
   手前大洞山
画像

9:58 笹子雁ヶ腹摺山から富士山、
   右手前は御坂山塊黒岳
画像

10:07 笹子雁ヶ腹摺山山頂で
画像

10:12 笹子雁ヶ腹摺山から八ヶ岳
    手前茅ヶ岳
画像

10:23 下り
画像

10:57 細尾根
画像

11:05 鎖場スタート
画像

11:13 最後の鎖場
画像

11:38 米沢山
画像

11:42 大菩薩
画像

12:03 尾根道
画像

12:11 お坊山への登り返し
画像

12:13 お坊山から甲斐駒、八ヶ岳、金峰山
画像

12:16 南アルプス聖岳、赤石岳、荒川岳、塩見岳、農鳥岳
   間ノ岳、北岳、鳳凰山一望
画像

12:42 お坊山山頂
画像

13:00 大鹿峠への下り
画像

13:22 大鹿峠下山口説明板
画像

13:50
画像

14:06 氷川神社
画像

14:13 景徳院
画像


今回コース
画像

画像








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック