2011/7/17 編笠山(八ヶ岳)へ -雲海と山々-

画像

7/09に初めて高校の同期生nonbo とmkatsuの三人で高
尾山へ登ったが、続けて八ヶ岳の編笠山へ登る事にし
た。何時ものminaさんも同行。さすが三連休の中日で
観音平の駐車場は一杯。少し下がったところへ路上駐
車してスタート。観音平の林の中にニッコウキスゲが
咲いていた。自然のニッコウキスゲ見るのは初めて。
期待通り雲海からは雲海に浮かぶ富士山が見え、山頂
での展望今回もよさそうであった。押手川付近ではハ
クサンシャクナゲが咲いていた。久々の対面だった。
好きな2300mの展望場所では南アルプスが雲海の
上に浮かぶ。toyoさんとtokuさんは甲斐駒か仙丈ヶ岳
にいるはず。甲斐駒なら望遠鏡あれば見えるかもな?
頂上までの間には、カラフトイバラ、ツマトリソウ、
ミネノウスユキソウ、ヨツバシオガマ、ハナニガナ等
が咲いており風もここち良かった。山頂はやはり結構
な人が登っていた。東から南にかけての金峰山から富
士山は雲海の上に顔を出す感じの展望、南アルプスは
中腹に積雲がただよった展望、中央アルプスから北ア
ルプスへはより少ない積雲の中に。八ヶ岳の山々は良
く見えた。この時期としてはいい展望だった。コーヒ
ーを飲みながら約1時間山上で楽しみ、青年小屋へ。
nonbo とmkatsuは大きな石の中を下るのは初めて、慎
重にゆっくり下った。青年小屋でもゆっくり昼飯。乙
女の水へも寄ってみた。冷たくて美味しい水だ。下山
後にこの水でコーヒー飲むべく2.5L確保して、ま
き道で押手川へ。途中でイワカガミ、コケモモ、マイ
ズルソウ、アオノツゲザクラも見ることができた。2
人は初めての登山だったがほぼ予定通り下山、なかな
か大したものだ。私は下りでブヨにやられ痒い、腫れ
る、散々だった。ここまでひどくなるとは知らず、す
ぐに薬つけなかったのが悪かった。ネットで調べると
ハッカ水が予防になるらしい。今後使ってみよう。

編笠山<2524m> 
2011/7/17 晴れ 9.6Km +1064m -1064m
メンバ:mkatsuさん、nonboさん、minaさん

観音平路上5:10→5:14観音平▲5:19→6:01雲海6:06→6:42押手川6:52
→7:26展望所7:35→8:14編笠山9:23→9:51青年小屋▲10:50
→11:48展望台11:52→11:56押手川→12:26雲海12:30→13:05観音平▲
→13:09観音平路上

5:18 ニッコウキスゲ
画像

6:05 雲海から 雲海に浮かぶ富士山
画像

6:44 ハクサンシャクナゲ
画像

7:13 押手川の先
画像

8:00 ツマトリソウ
画像

8:04 カラフトイバラ
画像

8:11 ミネノウスユキソウ
画像

8:12 ヨツバシオガマ
画像

8:13 富士をバックに
画像

8:15 編笠山から穂高、槍
画像

8:17 山頂記念
画像

9:00 南アルプス
画像

9:12 中央アルプス、御嶽山、乗鞍岳
画像

9:38 青年小屋、ギボシ、権現
画像

9:50
画像

10:10 乙女の水  冷たくて美味しかった
画像

11:25 コケモモ
画像

11:31
画像


高校の同期生と二回目の山歩き、前回の高尾山と違い
標高差が大きいので少し心配しながらの歩きだったが
、まったく問題なかった。私の場合は山始めて5~6
回までは下りが全然ダメだったが2人は大丈夫。今後
ちょくちょく一緒に歩けそうである。楽しみだ。

今回コース
画像








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック