2011/7/22 唐松岳~五竜岳へ -1年振りに剱岳を望む-

画像

唐松岳~五竜岳縦走のツアーに参加した。八方尾根か
ら登り、遠見尾根をアルプス平へ下るコース。鹿島槍
まで縦走するグループ16人と五竜までは同一行動、
総勢28人の大人数だ。
<22日>ゴンドラ、リフトを乗り継ぎ、鎌池からス
タート。ヤマブキショウマ、シモツケソウ、クガイソ
ウ、ニッコウキスゲ、キンコウカ、オオコメツツジ、
ハナニガナ、コオニユリが咲き乱れていた。30分程
で八方池山荘に到着、フロがありゆっくりできたがガ
スが出てきており明日が心配だった。
<23日>夜中に雨が降ったが幸いなことに雨は上が
り、スタートはガスの中だった。蛇紋岩の石が多く滑
りやすく神経使って登っていく。八方尾根を花盛りで
タカネナデシコ、キバナノカワラマツバ、イブキジャ
コウソウ、チシマキキョウ、イブキジャコウソウ、ミ
ヤマママコナ等々が咲きケルンをたどり八方池へ、水
面に白馬連峰の優美な姿を写す絶景の場所だそうだが
山々はガスの中、残念。唐松山荘へ徐々に高度を上げ
て行く。雪渓の横辺りの湿ったところではシラネアイ
オ、コイワカガミ、ハクサンコザクラ、エンレイソウ
、サンカヨウ、マイズルソウ、キヌガサソ、オオヒョ
ウタンボク、ショウジョバカマが。扇雪渓脇で休憩し
たが雪渓は涼しい。そこからの花はチングルマ、ミネ
ズオウ、ナナカマドの白い花が一杯、またハイ松も赤
い実を付け可愛い感じだ。丸山ケルンからの尾根は視
界が開け不帰瞼見えるのだが残念ながらダメだった。
花達はちゃんと咲いており、ミヤマリンドウが可愛い
姿で、またクロユリ、ミヤマクワガタは初めて見た。
ガスで展望が今一のところ、花に救われ唐松山荘へ到
着。ザックをおいて唐松岳をピストン。途中はコマク
サが今盛り。山頂もガスがかかり五竜岳全体をはっき
り見るこは出来なかったが、デカイと言う印象を持っ
た。白馬岳、剱岳、立山も見えるはずなのになあ!山
荘へ戻り昼食を食べ、五竜山荘へ向かう。唐松山荘を
出るとすぐに牛首の鎖場、岩場へ、約1時間かかって
岩場を通過。ところどころにイワツメグサ、ミヤマダ
イコンソウ、ヨツバシオガマが咲いており緊張が癒さ
れた。大黒岳の鞍部から右に巻いて樹林帯に入り抜け
るとガスがなければきもちい尾根と思われる。そこを
登って行くと白岳の分岐、すぐに五竜山荘にに着いた
。途中クロユリが結構咲いていた。夕食は18時20
分。それまで間いろんな人と話をして楽しかった。し
かし、山小屋は満員だそうで大混雑だった。
<24日>山小屋の白板へ記載された予報は雨だった
が夜中には星が出ており大丈夫そう。朝起きたら五竜
は青天の中に初めて全貌を現してくれた。山頂にはラ
イトが見えもう登っている人がいる。4時20分に出
発、徐々に登り振り返ると山荘が下に、昨日登った唐
松岳、牛首からのコースも見える。日の出前ピンクに
染まった空の中に雲がたなびいた白馬連山の風景、す
ばらしい光景だ。日の出も雲海の中からの日の出、堪
能した。山頂へは砂礫の道を上がっていくが結構きつ
い傾斜だ。ガレ場を通りくさり場に。大人数なのです
れ違いに時間がかかる。山頂はまあまあの広さだが朝
食の弁当を食べるためちょっと広めの鹿島槍への分岐
まで戻り食事した。展望はまずまずで鹿島槍の先に槍
ヶ岳、薬師岳、立山、剱岳、白馬等々大満足だった。
一年振りの対面だ。五竜山荘へ戻り白岳を経て遠見尾
根を下った。白岳も展望がいい。尾根道にはフウロウ
、コオニユリ、ミヤマアズマギクが咲き、五竜から鹿
島槍への厳しそうな尾根も見えた。分かれたグループ
はどのあたりかなあ。西遠見には雪が残っている。や
はり涼しくていい。所々雪が残っている細い道を大遠
見へ、アカモノ、ツマトリソウ、ミツバオウレンが見
られる。白いコイワカガミも初めて見た。ガスがまた
出てきた尾根道を中遠見へ、木の階段が出始め結構き
つい。小遠見山はガスで展望無い為パス。ニノ背髪、
一ノ背髪と降り、アルプス平、地蔵ノ頭が見える見返
り坂へ、下は晴れているようだ。地蔵ノ頭には結構観
光客がいる。山はガスで隠れていたが晴れてたら展望
よさそうだ。出発地点も良く見える。アルプス平から
ゴンドラでテレキャビンへ。無事に今回の山歩き終了
。日帰り温泉に入りJRで帰路についた。
雨に遭遇せず最終日の午前は展望がよく、高山植物も
目一杯、いい歩きだった。


五竜岳<2814m、百名山>、唐松岳<2696m、三百名山>、
白岳<2451m>、西遠見山<2268m>、大遠見山<2106m>、
中遠見山<2037m>
2011/7/22(霧)、23(曇時々晴)、24(晴のち曇) 20.2Km +2278m -2431m

<22日>
アルペンクワッド14:35→15:05八方池山荘_泊
<23日>
八方池山荘5:48→6:10八方山6:17→6:29八方山ケルンイ→6:48八方池6:56
→7:57扇雪渓8:04→8:29丸山ケルン8:34→9:03休憩(2554m)9:08
→9:27唐松山荘9:32→9:51唐松岳9:59→10:16唐松山荘10:55
→12:00休憩12:09→12:55休憩13:05→13:45遠見尾根分岐→13:51五竜山荘_泊
<24日>
五竜山荘4:20→4:41御来光待ち4:50→5:37五竜岳6:05→7:08五竜山荘7:25
→7:31遠見尾根分岐→7:35白岳7:42→8:39休憩8:43→8:47西遠見
→9:14大遠見9:19→9:56中遠見9:59→10:19小遠見山分岐
→10:26ニノ背髪→10:36一ノ背髪10:43→10:56見返り坂10:59
→11:13地蔵ノ頭11:16→11:33アルプス平


<1日目>
14:35 ニッコウキスゲとシモツケソウ
画像

14:44 八方池山荘へ
画像

15:18 第一ケルン
画像

15:25 山荘近くにある鳥瞰図
画像

<2日目>
5:41 八方池山荘
画像

6:04 滑りやすい道
画像

6:47 八方池 ガスで山々はだめダ
画像

7:05
画像

7:40 ハクサンコザクラ
画像

7:41 シラネアオイ
画像

7:54 キヌガサソウ
画像

8:20
画像

8:31 丸山ケルン付近
画像

9:11
画像

9:18
画像

9:21 クロユリ 初めて見ました
画像

9:26 唐松山荘
画像

9:34 コマクサ
画像

9:56 唐松岳にて
画像

10:02 五竜岳が 大きい
画像

11:08 牛首のくさり場へ
画像

11:12
画像

11:25
画像

11:31 振り返れば
画像

12:01
画像

12:17 おだやかに
画像

12:31 シラビソの黒い実
画像

13:45 五竜山荘が見えた
画像

<3日目>
4:20 五竜岳 頂上にライトが
画像

4:45 日の出
画像

4:46
画像

5:14 五竜へ
画像

5:34 最後の登り
画像

5:40 五竜岳山頂
画像

5:57 鹿島槍ヶ岳の向こうに槍ヶ岳も
画像

5:57 立山 剱岳も
画像

7:20 五竜山荘へ戻って 五竜をバックに
画像

7:36 白岳から唐松岳
画像

8:05 五竜の岩峰と鹿島槍
画像

8:46 西遠見の雪渓
画像

10:56 見返り坂から 地蔵ノ頭が見える
画像

昨年常念岳、蝶ヶ岳、燕岳、爺ヶ岳、鹿島槍ヶ岳に登
っており今回の五竜岳、唐松岳で後白馬辺りに登ると
北アルプスの東側をさっと舐めた感じになる。今度白
馬岳付近を歩こうと思う。


今回コース
画像


画像









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

Peak Hunter
2011年07月26日 18:03
最近北アルプスとか南アルプスとか行ってないな・・・!
BLOG拝見してると行きたくなりますね。 今年の夏も、泊まりでどこか行きたいですね! 羨ましい限り!

この記事へのトラックバック