2011/09/18 焼岳へ -変化に富んだ山だった-

画像

8月の奥穂からの帰りに明神池に寄り、梓川の右岸を河
童橋へ向けて歩いている時、前方に土色をしたドームの
焼岳を初めて見た。異様な感じではあるが「なんか素っ
気無い山だなあ」との印象を持ち、すぐに登るとは思っ
ていなかった。仲間との話の中で焼岳へ行こうとの話に
なり今回出かけた。中の湯の焼岳登山口から登り、上高
地へ降りるコースを歩いた。塩尻辺りを車で走行中は雨
が降っていたが松本に着いた頃には青空がちらちら見え
る天気になった。焼岳登山口の駐車場はすでに一杯だっ
たが少し先に路駐出来た。登山口からは明神、前穂、吊
尾根、奥穂がくっきり見え、朝日が当たりいい山歩きに
なりそうな予感。雨上がりの笹が多い樹林の道を登って
いくが、結構傾斜がきつい。下堀沢出合の手前辺りから
樹林帯を抜けたのと、焼岳の南面を隠していたガスが上
へに抜け、想像していなかった緑一面の上に焼岳が現れ
ビックリ。南峰と北峰のコルには噴煙が見える。下堀沢
出合で休憩中には覆っていたガスはすっかり取れてしま
い、青空の中の焼岳に変身、ワクワク気分になった。こ
こからの傾斜はより一層きつくなるが、高度を上げる度
に霞沢岳、穂高連峰の姿が変わりなんとも言えない。明
神から奥穂への山なみの向こうに蝶ヶ岳も覗け、「あれ
蝶じゃない!」の歓喜も。どんどんコルに向かって高度
を上げて行く。日差しが強くダラダラ汗、結構きつい。
団体を追い抜きコルへ到着、火口湖が見え、噴煙をあげ
る北峰下の白い岩、硫黄の匂い、岩峰の間から笠岳がち
らりと見えた。噴煙をあげる岩場を回りこみ東側へ、そ
こで空身で北峰に登った。バンザイ!穂高連峰一望。8
月末に登った奥穂がはっきり、その先には槍も見え、眼
下には梓川の流れと上高地が・・・。ちょっと残念なの
は笠岳から槍の間の山々に雲がかかっていた事。景色を
堪能し、北峰下に移動、スープとおにぎりで穂高見なが
ら食事。食事後は荒々しい北面を振り返り見上げながら
、ザレた道を中尾峠に降りた。中尾峠から不思議に苔蒸
した坂を登り返すと展望台。そこから10分ほどで焼岳
山荘へ到着。狭い場所に人が多かった。少し休憩して上
高地へ。途中はしごの所で渋滞。前に団体が居て約25
分も待った。再び樹林帯に入り梓川近くの登山口に。田
代橋まで来ると雰囲気は一変、大勢の観光客が居る観光
地に。3週間振りに河童橋から穂高を眺めながら、歩く
前とは一転、変化に富んだいい山だった来てよかったと
つくづく思った。

焼岳<2455m> 百名山  
12.1Km +1154m -1258m
メンバ:komiさん、moriさん、msakaさん

焼岳登山入口6:30→7:51下堀沢出合8:04→8:09休憩8:14→8:39休憩8:43
→9:08コル→9:25焼岳北峰9:46→9:54北峰下10:27→11:03休憩11:08
→11:16中尾峠→11:31焼岳小屋▲11:51→12:04ハシゴ渋滞12:31
→13:26登山口→13:38田代橋→13:45休憩14:06→14:26河童橋14:41
→14:48上高地BS


6:27 焼岳登山口から奥穂高岳、吊尾根、前穂高岳
画像

6:29 下に漂う雲海と 前穂高岳と明神岳
画像

6:53 結構きつい
画像

7:15
画像

7:42 雨上がりでじゅるじゅるの場所も
画像

7:50 ガスが晴れてきた
画像

7:56 下堀沢出合で山頂が見え初めて
画像

8:02 コルから噴煙が・・・
画像

8:10 絶景が見える
画像

8:13 穂高連峰 間に 蝶ヶ岳
画像

8:19 階段があり急登り
画像

8:20 霞沢岳
画像

8:24
画像

8:34
画像

9:03
画像

9:08 火口湖
画像

9:13 これは火山だわ!
画像

9:15 南峰バックに
画像

9:24 北峰へ
画像

9:25 噴出している
画像

9:27 バックに槍ヶ岳も
画像

9:36 穂高連峰と眼下に上高地
画像

9:45 全員で
画像

10:21 槍が再び見えた
画像

10:35 下り
画像

10:39
画像

11:16 中尾峠で あそこから降りてきたんだ
画像

12:14 大正池が見える
画像

12:30 渋滞したはしご
画像

12:44
画像

13:26 登山口
画像

13:40 田代橋で 梓川は綺麗だ
画像

14:36 河童橋で
画像

当初天気予報ではここまで良い天気になるとは思いもよ
らなかった。やはり山は来て見ないとわからない。
また深田久弥の日本百名山に「焼岳は微妙な色彩のニュ
アンスを持っている。濃緑の樹林と、鮮やかな緑の笹原
と、茶褐色の泥流の押出しと、-そういう色が混りあっ
て美しいモザイクをなしている。しかも四季の推移によ
って、そのモザイクも一様ではない。ある秋の晴れた日
、焼岳はまるで五色の着物を着たようにみごとだった。
」と書かれているがまさに笹と樹林の緑、火山の茶褐色
の山肌等その通りだ。上高地からタクシーで登山口まで
戻り帰路へ

上高地→(タクシー@3900)→焼岳登山口


今回コース
画像


画像








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

Peak Hunter
2011年09月20日 14:07
天気が良くてよかったですね。
また、一座百名山をゲットですね!

この記事へのトラックバック