2011/10/08 蒜山へ -中国山地の山へ-

画像

今年はkasaさんが登って見たい三瓶山と私が登って見
たい氷ノ山へ行こうと決めていたが日程の都合上岡山
の蒜山と三瓶山になった。前日米子に宿泊し、蒜山へ
。蒜山高原と青空の中に上蒜山、中蒜山が姿を現し、
早く登ってみたい気持ちになった。今回は名水の塩釜
冷泉から中蒜山、上蒜山をピストンするコースを歩い
た。
塩釜ロッジの駐車場には数台車が止まっており早い人
はもう登っているようだ。朝露の笹道の樹林の中をス
タート、一旦広々とした草原に出た。ちょうど南に雲
海が漂い朝のいい景色に会えた。一合目の標識の場所
から山道に。沢の石道横断しながら登って行く。三合
目辺りから木の根っこが結構張っており傾斜も急にな
ってくる。五合目の標識のある所には石の小さな社が
あり、傾斜がゆるやかちょっとホッとする。六合目辺
りからまた急になり、気をつけないと道も滑り易い。
八合目すぎたあたりから階段になり視界が開け、下に
蒜山高原が広がるともうすぐ尾根だ。リンドウも咲い
ていた。尾根にでると下蒜山、上蒜山とも見え、全部
縦走するとなかなかよさそう。上蒜山の右手には大山
も霞んではいるが見えた。日本海も。尾根歩きはどこ
の山もいい。ウメバチソウも残っていた。中蒜山は木
々がなく展望がいい。少し休憩して上蒜山へ。下りの
尾根にはヤマラッキョウが結構咲いていた。上蒜山へ
の上りは一転急な岩の道。鎖も設置されているがまあ
不要。登り返して頂上手前の尾根道は展望がいいが上
蒜山の山頂は展望なし。上蒜山の三角点は少し離れた
ところで笹がはびこり、はっきりした道はなかったが
行って見る事にした。若い倉敷から来た人と2人でヤ
ブコギしながら三角点に到着。写真を撮り分岐に戻り
昼飯。下の売店で分けてもらった塩釜冷泉の水でココ
アを飲み、南宇和から来た人と話ながらひと時を過ご
し、来た道を中蒜山、塩釜冷泉へと戻った。中蒜山に
は大勢の人が居て、食事、おしゃべり、展望を思い思
いに楽しんでいる。やはり蒜山の中心は展望の関係か
ら中蒜山のようだ。天気はいいが春霞の春のような感
じだった。関東の山々とは違った山歩きが出来、満足
した。私にとって宮島の弥山、大山に続き中国地方の
山三つ目。明日の三瓶山も楽しみだ。


上蒜山<1202m>二百名山、中蒜山<1122m>
10.0Km +1186m -1182m

塩釜ロッジ登山口8:23→8:35一合目→8:55三合目→9:04四合目9:10
→9:15五合目→9:30七合目→9:42八合目→9:52尾根→10:01中蒜山10:15
→11:02上蒜山11:05→11:12上蒜山三角点11:14→11:21上蒜山12:00
→12:44中蒜山13:09→13:14尾根→13:29七合目→13:41五合目13:45
→14:10一合目→14:20塩釜ロッジ登山口

8:23 塩釜冷泉登山口
画像

8:34 開けた場所から雲海が
画像

8:35 一合目の標識
画像

8:47
画像

9:15 五合目の社
画像

9:29 根っこの登り
画像

9:48 尾根手前の階段
画像

9:51 リンドウが盛り
画像

9:51 尾根から蒜山高原
画像

9:59 下蒜山
画像

10:01 上蒜山 大山も
画像

10:04 中蒜山山頂
画像

10:31 上蒜山と中蒜山のコル
画像

10:43 上蒜山への登り
画像

10:57 もう少しで上蒜山
画像

11:02 上蒜山 展望なし
画像

11:13 上蒜山の三角点 
画像

11:14 笹で道?  ヤブゴギ
画像

11:22 ヤブコギした若者と
画像

12:03 中蒜山と下蒜山
画像

12:25 気持ちいい道
画像

12:31 ヤマラッキョウ
画像

12:35 ウメバチソウ
画像

12:37 上蒜山への道
画像

今回岡山県の山へ初めて登った。登っている人は結構
遠くから来てる人が多くびっくりした。車でくると来易く
なかなかいい山のようだ。岐阜、愛媛、兵庫いろんなところ
から・・・。下蒜山から上蒜山まで縦走も楽しめ、高原の中
の山で展望もいい。花も多そうで確かにいい山だ。


今回コース
画像


画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック