2011/10/09 三瓶山へ -中国山地の山へ-

画像

kasaさんと岡山の蒜山に続き島根の三瓶山へ出かけた
。石見富士とも呼ばれ、火口湖もあり、女、孫、子と
外輪山の連なっている山。大田市に前泊、西の原の「
定の松」からスタート一周するコース。西の原の駐車
場から見ると広い牧場の草原に、手前の子三瓶山の奥
に男三瓶山が見られる。牧場の中を歩いて行くと親子
の牛が三頭登山道で食事中、大きいので横を通るのは
気がひける。kasaさんが大声で追い払うがなかなか行
ってくれない。やっとどいてくれ、山裾野山道へ。樹
林帯の中を北方向に登って行き、700m越え辺りからジ
グザクに高度を上げていく。900m近くから樹林帯を抜
け展望がよくなり、リュウノウギクが白い清廉な姿で
咲き乱れていた。風もひんやり気持ちがいい。ススキ
も風になびき、子三瓶、孫三瓶もこんもりいい姿を現
わす。どんどん傾斜も急になるが、登りきると平坦な
ススキヶ原が現れる。マツムシソウ、フウロウも咲い
ている。なにせだだっ広い山頂だ。山頂には登山者が
数人。同世代の上田から来ておられる夫婦と若者。写
真を取り合い、前後しながら以降歩くことになった。
この日も晴だが霞んでおり遠くがなかなか見えなかっ
た。女三瓶に100mちょっと一気に下り尾根歩き、ここ
はリフトを使えば簡単にこれるようで人が多い。山頂
が狭いので逆に周りの展望もメリハリが着いた。男、
孫、子の外輪山と火口湖の室内池もよく認識できた。
男三瓶以外は優美な山姿だ。女三瓶からジグザクに下
るとリフトのあるところ、そこから大平山、孫三瓶の
登り直前まではなだらかな下り、ハイキングの雰囲気
。孫へは一気に100m程の登りになる。孫からの展望も
なかなかよかった。孫三瓶から100m下がって150m登り
返すと子三瓶。登りはきついが登りきると広い山頂。
食事休憩でセンブリ談義も起こった。私が調べる限り
センブリのようだが・・・。食事後扇谷方向へ下り、
スタート地点の西の原へ。この山は歩くコース、歩い
たコースが一目瞭然に分かる山。なかなかこんな山は
ない。景色もよく花も多いなかなかいい山だった。見
つけてくれたkasaさんに感謝だ。

三瓶山<1126m>二百名山
男三瓶山<1126m>、女三瓶山<950m>、大平山<854m>、孫三瓶山<910m>
子三瓶山<961m>  晴 10.7Km +1111m -1110m

定の松6:30→6:45扇谷分岐6:50→8:03男三瓶山8:30→9:07女三瓶山9:15
→9:24リフト分岐9:28→9:59孫三瓶山10:11→10:39子三瓶山11:14
→11:29西ノ原分岐→11:54扇谷分岐→12:06定の松

6:31 定の松から男三瓶
画像

6:36 登山道に牛が
画像

6:49 分岐
画像

7:01 登り
画像

7:28 リュウノウギク 登山道にずいぶん咲いていた
画像

7:36 子三瓶
画像

7:37 下に浮布池
画像

7:39 男三瓶
画像

7:54 すすき原だ
画像

7:56
画像

7:56 マツムシソウも
画像

8:26 男三瓶山 上田の夫婦と4人で
画像

8:34 女三瓶への下りで 火口か?
画像

8:38 女三瓶 アンテナが一杯
画像

8:47 下り
画像

9:03 男三瓶からの降りてきた
画像

9:08 女三瓶にて
画像

9:09 男三瓶バックに
画像

9:13 子三瓶と 室内池
画像

9:13 孫三瓶と子三瓶
画像

9:29 大平山
画像

9:58 子三瓶と男三瓶
画像

9:58 孫三瓶
画像

10:27 センブリ?
画像

10:29 孫三瓶からの下り
画像

10:38 子三瓶へ
画像

10:40 子三瓶にて
画像

11:14 下り
画像

11:21 扇谷へ
画像

11:57 もうすぐ
画像

12:06 西の原 到着
画像

今回上田から来ておられた御夫婦と男三瓶の登りから
ずっと前後して歩きHPを教えてもらうとともに、太郎
山、独鈷山、子檀嶺岳(こまゆみ)はいいですよとの
紹介。一度是非行ってみたい。


今回コース
画像

画像



帰りに荒神谷遺跡に寄った

画像

画像
銅剣銅鐸、銅矛


前泊した大田市での夕食は外食したが入った居酒屋
なかなか良かった。刺身も日本酒もまた、のどぐろも
あり満足!
画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック