2011/10/17 谷川岳へ -紅葉真っ最中-

画像

以前から行ってみたかった谷川岳へmoriさんと出かけ
た。朝一番の電車で上毛高原へ7:53に到着。バスで谷
川岳ロープウェーへ。途中の車窓から谷川岳の尖った
峰二つ見え、なるほど耳がふたつ。一度冬に天神平ま
で来たことがあるが曇っており見るのは初めて。ロー
プウェーで高度を上げていくと、そこは紅葉真っ盛り
。綺麗だ。一番綺麗なときに来たのかもと思った。天
神山からは霞んでいたが富士山も見え、至仏山、武尊
山も。ここから天神平分岐まで一旦下るが道が濡れて
悪い状態のうえに岩がすべる。景色も見たいし、足元
に注意必要だし・・・。天神平分岐からは紅葉の道を
歩く、秋山の中を。木立の合間から谷川岳に向かう天
神尾根がちらちら見え、大勢の人が登っているのが見
える。平日なのに多いなあと。熊穴沢避難小屋からは
岩場とガレ場になり、また先行の登山者が大勢おり、
渋滞状態に。しかし高度が上がるほど展望がよく、紅
葉もよくみえ、いいときに来たもんだと。谷川岳から
続く尾根、山の姿も美しい。天狗ノ溜り場を過ぎ石の
ごろごろした道を登っていくと最後は階段に。階段は
段差があり結構きつかった。しかし少し雲のある青空
へ向かって登るの感じで、何故か苦しさを忘れる。肩
ノ小屋へ着くとトマノ耳はもうすぐ。トマノ耳で一息
入れてる間にオキノ耳はガスの中。とりあえずオキノ
耳へ、コーヒを飲みながらガスが切れるのを待ったが
どうも回復しそうにない。あきらめて下山開始。下り
は三大急登の一つ、西黒尾根を下った。西黒尾根を降
り始めると、時折さっとガスが切れみごとな紅葉の谷
が目に飛び込んでくる。展望がなくなったので天神尾
根をピストンで下ることも考えたが、西黒尾根の下り
で正解だった。しかし岩が滑るのと、下りの目印が分
かりにくく気をつけないといけない所(ザンゲ岩の下
)もあった。ラクダの背の少し長い鎖場の後は樹林帯
に入るが道は石の道、傾斜もきついし、ここの石も滑
りやすい。しかし、紅葉は綺麗だった。谷川岳、至仏
山は蛇紋岩で形成された山岳とのこと、滑る理由が分
かった。八方尾根も蛇紋岩が多く神経使った記憶が残
っている。谷川岳は約2000m の山だが周りの山々を含
め記憶に残る山だ。逆コースで一度登ってみたい。

谷川岳<1977m>百名山
晴 8.5Km +867m -1619m

天神山9:30→9:50天神平分岐→10:13熊穴沢避難小屋→10:45天狗ノ溜り場
11:03休憩11:07→11:17谷川岳肩ノ小屋→11:25谷川岳(トマノ耳)11:39
→11:54谷川岳(オキノ耳)12:14→12:30谷川岳(トマノ耳)→12:39西黒尾根分岐
→12:50ザンゲ岩12:54→13:00道違い13:06→13:59巌剛新道分岐14:05
→14:08ラクダの背→14:32最後の鎖→14:50休憩14:54→15:32鉄塔
→15:45西黒尾根登山口→15:55谷川岳ロープウェーBS
 

9:11 天神平付近の紅葉
画像

9:29 至仏山、笠ヶ岳、武尊山が見える
画像

9:46 天神山からの下り 滑りやすい
画像

10:01 谷 と 紅葉
画像

10:07
画像

10:12 天神尾根を登る登山者 多いようだ
画像

10:25 渋滞
画像

10:30
画像

10:45 天狗岩
画像

11:05 オジカ沢ノ頭
画像

11:11 階段で山頂へ
画像

11:16 もう少し
画像

11:17 肩の小屋
画像

11:25 トマの耳で
画像

    オキの耳
画像

11:54 オキの耳で
画像

12:37 西黒尾根へ 初級不向きと
画像

12:47 西黒尾根
画像

13:21
画像

13:34 降りても降りても
画像

13:43
画像

13:50 くさり
画像

13:56 ラクダの背
画像

14:10 ラクダのコブ
画像

14:17 くさり
画像

14:19 振り返れば
画像

14:20
画像

14:23 すばらしい紅葉
画像

14:26 くさり
画像

14:32 最後のくさり
画像

15:02 樹林帯へ
画像


登っている途中で谷川岳から延びる尾根上の山を読み
違えて一ノ倉岳と勘違いし、「一ノ倉岳って綺麗だな
あ」と言うと、moriさんが、「ぼく一ノ蔵好きなんで
す」・・・山の事かと思ったら日本酒でした。唖然!

深田久弥の日本百名山に谷川岳は『これほど有名にな
った山もあるまい。しかもそれが「魔の山」という刻
印によってである。今日までに谷川岳で死亡した人は
・・・東京から近く、二千米に近い高度を持ち、しか
も標高のわりに岩根こごしい高山的風貌をそなえてい
るからであろうが、・・・上越線の上牧(かみもく)
あたりから望むと、遠くに猫の耳を立てたようにキチ
ンと二つの耳が並んでいる・その形が実にスッキリし
て清く鋭く、この山が昔から奥上州の名山とされたわ
け納得される。・・・』とある。猫の耳とはよく言っ
たもんだ。そのように見える。楽しい。

今回コース
画像

画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

Peak Hunter
2011年10月19日 07:39
やはり谷川岳は混んでましたか!
前日に谷川岳の紅葉をテレビで紹介してましたからね。 私は近場の紅葉を楽しみます・・・。 

この記事へのトラックバック