2011/12/4 編笠山へ -樹氷と冬景色の展望-

画像

12月の編笠山山頂からの展望を見たくて出かけた。
観音平からピストンのつもりが観音平への道はゲート
が閉まっており12月から通行止めの張り紙が・・・
。しかたなく防火帯を富士見平へ登り、そこから編笠
へ。昨日までの雨が嘘のような青空の下、黙々と防火
帯を登る。かなりの鹿の群れが防火帯を横断ざっと5
0頭以上。こんなに見たのは初めて。富士見平では甲
府盆地に富士山、残念ながら太陽が眩しすぎて富士山
の印象がボケる。もう少し早ければ朝焼けの見事な富
士景色が見られたろうに残念だ!そこから展望台へ、
展望台へ出た途端、風がもろに吹きつけ凍える寒さを
感じた、南アルプス、中央アルプスが見えるが早々に
樹林の中へ逃避、一路雲海へ。ここでも富士はよく見
えた。登り始めの頃樹氷らしき様子があったが、ここ
はまだ樹氷はなし、押手川付近からかなと思いながら
押手川へ進んだ。2250m付近から少し雪があり、
樹氷は2350mを越えてからであった。青空とダケ
カンバの樹氷の組み合わせは綺麗だった。ダケカンバ
の肌色と白色の樹氷と青、映える!そこから上は樹氷
の世界、なんとも言えない美しさだった。編笠山頂は
結構風が強く、どんどん熱を取られ寒かった。当然氷
点下以下。青空のもと、北アルプス、御嶽山、中央、
南アルプス、富士山、奥秩父等、最高の展望だった。
八ヶ岳はと振り返るとそこには、迫力の権現岳、阿弥
陀岳、赤岳、横岳、「すごい!」いい物を見せてもら
った。早々に頂上を避け、食事。ちょっと風を避ける
と日差しがあるので暖かい。おにぎりを食べ、名残惜
しいが頂上を後にした。同じコースを通り14時半過
ぎに車へ到着。その後温泉で汗流し帰路についた。午
後になっても雲ひとつ無い空、こんな日はなかなかな
い、最高の日だった。樹氷のすごいのは昨年御在所岳
で見ているが、青空の中山々をバックにの景色は今回
が最高だった。

編笠山<2524m>山梨百名山
2011/12/4 晴れ 12.5Km +1398m -1397m
メンバ:minaさん、komiさん、tokuさん、wnabeさん

富士見6:32→7:30富士見平7:39→8:00展望台8:05
→8:28雲海8:38→9:14押手川9:25→10:01展望所10:11
→10:25アイゼン装着10:33→11:09編笠山11:30
→12:46押手川12:53→13:17雲海13:22→13:36展望台
→13:47富士見平14:01→14:39富士見

6:46 樹氷らしき様子
画像

7:27 防火帯を登る
画像

7:32 富士見平から鳳凰、北岳、甲斐駒
画像

9:57 少し雪が・・  2250m付近
画像

10:10 ダケカンバに樹氷
画像

10:10 中央アルプス 木曽駒
画像

10:53 富士山
画像

11:03 樹氷
画像

11:06 もうすこしで頂上
画像

11:06 中央アルプスに御嶽山
画像

11:11 山頂にて
画像

11:14 穂高連峰
画像

    常念岳から白馬岳方面
画像

11:16 八ヶ岳(阿弥陀岳、横岳、赤岳、権現)
画像

11:38 富士山も
画像

今回コース
画像




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック