2012/1/28 雪の塔ノ岳へ -丹沢主脈ちょこっと雪山ハイク-

画像

3日前に雪の高尾山を歩き、雪山ハイクが素敵であっ
た。丹沢はもっと雪の量が多いのではと思い、急遽出
かけてみることにしたが、出かけるのがいつもより1
時間遅く、バスの混雑を心配したがまったく問題なか
った。駒止茶屋あたりからアイゼンかなと思いつつ登
ったが、花立山荘までは雪は所々にあるぐらい。拍子
抜けだった。花立からは急に雪が多くなり期待通り、
馬の背は一面の銀世界の中塔ノ岳の山小屋、丹沢の主
峰、が見え、蛭ヶ岳がひかっていた。金冷しから先は
階段も雪に埋まりいつもと違う。階段苦手な私にとっ
ては歩き易かった。山頂のベンチはほとんど雪に埋ま
りテーブルが出てるのは一個だけ、数人が寒そうに座
り休んでいた。あとの人は古い山小屋跡付近に風をよ
け10人弱が休んでいた。意外と人は少なかった。富
士山は雲が多く時々顔を出す程度、南アルプスも霞ん
ではっきりしない。ただ丹沢主脈の山々は綺麗だ。な
んか今日の蛭ヶ岳は光輝いて見えた。じっとしている
と寒いのでもう降りようかと思ったが、せっかくなの
で丹沢山方面の雪山ハイクを少し楽しもうと日高まで
歩いてみた。塔からの下りも雪で埋まるとかなりの傾
斜だ。雪景色の丹沢主脈の山々が大きく見え、下に見
える箒杉沢の雪景色は寒々と感じた。雪の尾根道は静
かな別世界だ。雪は50~60cmはありそうだ。ぽつり
ん、ぽつりんと登山者の姿が見える。塔ノ岳までのに
ぎやかさと違いここは静かでいい。このくらいの雪な
ら私でも丹沢山まではいけそうだ。日高付近までくる
とちょっと雲が蛭ヶ岳付近にかかり日差しも陰りだし
た。「今日はここまで」、と引き返すことにした。や
はり雪のため、塔への登りは傾斜が急できつかった。
塔ノ岳まで戻ると山頂は人数が増えていた。やはりこ
こは手軽な山なんだなと。ちょっと主脈を眺め下山。
アイゼンは戸沢分岐の下ではずしたがその下駒止茶屋
辺りまではつるつる滑るところが結構あり神経を使っ
た。堀山の家辺りからは小雪がちらちら、山頂の方は
少し雪雲模様早く降りてきてよかったと・・・。しか
しもう一時間早く出発して、丹沢山まで行きたかった
とも・・・。いやいや、満足!満足!

塔ノ岳<1490m>
晴 16.4Km +1732m -1732m
メンバ:単独

大倉BS8:00→8:23観音茶屋→8:39見晴茶屋→9:06駒止茶屋
→9:24堀山の家→9:40戸沢分岐→10:04花立山荘10:09→10:23金冷し
→10:38塔の岳10:56→11:23日高→12:00塔ノ岳12:05→12:15金冷し
→12:28花立山荘→13:04堀山の家13:08→13:22駒止茶屋
→13:45見晴茶屋13:49→14:22大倉

9:25 堀山の家からの富士
画像

9:40 戸沢分岐上付近の階段 雪ありません
画像

10:08 花立山荘手前の階段
画像

10:18 馬の背から塔ノ岳
画像

10:19 馬の背から鍋割山稜と富士山
画像

10:19 金冷し手前の雪道
画像

10:35 塔ノ岳手前
画像

10:38 塔ノ岳
画像

10:51 蛭ヶ岳バックに
画像

10:53 表尾根方面
画像

10:59 丹沢山への下り
画像

11:00 丹沢山
画像

11:08 鞍部
画像

11:23 日高 標識埋もれてる
画像

11:24 竜ヶ馬場あたり 雲多くなったので引き返し
画像

11:36 塔ノ岳が見える
画像

11:52 振り返り 丹沢主脈が
画像

11:59 塔ノ岳へ戻ってくると 結構人が増えている
画像

今回コース
画像




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2012年01月30日 16:43
昨年の夏、塔ノ岳等に登りましたが、冬の塔ノ岳は素晴らしいですね。挑戦したいです。
たくさんの写真も魅力的です。

この記事へのトラックバック