2012/3/3 大山・岳ノ台へ -樹氷と県人会?-

画像

久し振りに大山へ登って見ることにした。蓑毛からヤ
ビツ峠へ向かい、イタツミ尾根を大山向かうコース。
秦野のバス停には凍結の為ヤビツ行きのバスは蓑毛止
りとの張り紙がありバスは大勢に。蓑毛をスタート、
700mまでは雪はなかった。予定通りにヤビツに到着、
休憩後初めての岳ノ台へ向かった。行く人が少ないよ
うで踏み跡も僅か、雪も膝下ほど残っており、歩きに
くくスピードも出なく、倍の時間がかかった。樹氷が綺麗
だったが、10時頃予報通り日差しがでたとたん、木
々の樹氷が溶け始め、カサカサと音を出して落下し始め
た。すごい!初めての経験だった。落葉の様に氷の葉
っぱが雪の上に積もっていく。岳ノ台の展望台に着く頃
には大山の上にあった雲も取れ、樹氷の大山が
青空の中に現われた。綺麗だった。はっさく等を食べ
周りの雪景色を堪能し、ヤビツへ戻った。ヤビツ峠から
は一路イタツミ尾根を登った。昼近くになっており道は
ジュルジュル。1000m 近くで雪が深くなり上から降りて
くる人が、この上は結構凍結しておりアイゼンつけた方
がいいとの話。ここでアイゼンをここで装着した。アイゼ
ンを着けてからは安定して歩けるようになった。表参道
と合流して13時に大山へ到着。遅い食事となった。
ポケットウイスキーでちょっと体を温め、ヌードルとおにぎ
り、コーヒー。ホットトウイスキーは美味かった。ゆ
っくり食事後、雷ノ峰尾根を下ったがここは雪溶けで
かなりグジュグジュ、歩きにくかった。ただ山頂から
100m程下ったところは樹氷がまだ残っており綺麗だっ
た。見晴し台から九十九曲を降りて、クアハウス山小
屋へ。ここは初めて入ったが、汗を流した後の地ビー
ル、岩魚の塩焼き、フキノトウの天麩羅を味わった。
また、偶然途中会った女性serinazunaさんと再びここ
で会い、話してみると「星越」、「東平」、「丹原」
と懐かしい言葉が・・・。ちょっと四国の県人会に。
なかなかいい山歩きだった。


大山<1252m>、岳ノ台<899m>
晴 13.6Km +1262m -1293m
メンバ:nonboさん、mkatsuさん、moriさん

蓑毛BS▲7:55→9:12ヤビツ峠▲9:23→10:20岳ノ台10:40
→11:21ヤビツ峠▲11:31→12:05アゼン装着12:16→12:5625丁目
→13:08大山13:52→14:14不動尻分岐→15:00見晴台15:17
→16:03林道→16:14九十九曲入口→16:16クアハウス山小屋

8:52 標高700m付近
画像

9:23 ヤビツ峠 岳ノ台へ
画像

9:35 吹き溜まりは結構雪が
画像

9:47 樹氷が綺麗だ
画像

9:53 雪が結構深い
画像

10:08
画像

10:18
画像

10:22 岳ノ台から大山
画像

12:31 イタツミ尾根の標高1000m付近アイゼン装着
画像

12:54 ここも樹氷だ
画像

13:08 大山山頂で
画像

13:48 山頂の木凍ってる
画像

14:01 下り
画像

14:05 樹氷
画像

14:06
画像

14:07 木に付着
画像

17:14 地ビールそろい踏み
画像

17:28 岩魚の塩焼き
画像

17:40 フキノトウ
画像





今回コース
画像






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

Peak Hunter
2012年03月05日 08:03
3日は天気がよく楽しい山歩きが出来たようですね。
そろそろ雪も終わり、花粉の季節ですね!
私は花粉対策して山へ行かねば・・・辛い季節です。

この記事へのトラックバック