2012/3/14 まだまだ雪の塔ノ岳へ 

画像

ここのところ天候や用事等で山歩きが出来てなかった
ので急遽出かけることにした。やはり雪がある塔ノ岳
へ。今年5回目になる。登りは駒止茶屋の先と堀山の
家手前のところで凍結して滑りやすいところがあった
が花立山荘までは雪もほとんでなかった。堀山の家か
ら先では小雪がちらちら舞う場面もあったが風はなく
穏やかだった。馬の背から先はそれなりの雪量で塔ノ
岳手前の階段は埋まり結構な急斜面の雪道になってい
た。ロープも臨時に張られている。天気予報では晴で
冬の展望を期待したが、同角ノ頭が見え、檜洞丸は雲
の中、臼ヶ岳が見え、蛭ヶ岳は見えず、不動ノ峰は見
える。少し高い山は雲が覆い被さりダメな状況であっ
た。しかし、雲の切れ目から日が射す所は雪が光り、
眩しいばかり、どんよりとした冬景色にアクセントが
あった。平日のせいか人は少なく、静かな山頂だった
。30分ばかり雪山景色を眺め降りることにした。金
冷しの手前では登りの時にも居た鹿が、まだ木の皮を
食べており木肌が真っ白、これが鹿被害なんだ。目も
くれず食べている。馬の背から先はもう雪が溶けてお
り、花立山荘でアイゼンをはずした。朝掘山の家付近
、駒止茶屋付近で凍結していたところも溶けておりま
ったく問題なしに歩けた。曇っているが気温が上がっ
ている。大倉まで降りてくると畑には野菜が芽を出し
、ミツマタも盛りが過ぎた姿だ。春はどんどん近づい
ている。今年の丹沢での雪山はこれが最後かなと思い
が過ぎった。


塔ノ岳<1490m>
晴 13.9Km +1315m -1296m
メンバ:単独

大倉BS8:02→8:25観音茶屋→8:41見晴茶屋→9:09駒止茶屋
→9:30堀山の家→9:47戸沢分岐→10:11花立山荘10:24→10:44金冷し
→11:03塔の岳11:36→11:49金冷し→12:02花立山荘→12:12アイゼン12:19
→12:48堀山の家→13:07駒止茶屋→13:30見晴茶屋13:38→14:12大倉

9:43 見晴茶屋の先
画像

10:11 花立山荘
画像

10:39 鍋割山稜の尾根
画像

10:47 金冷しの先
画像

10:50 鹿が木の皮食べている 食べられたところ白くて痛々しい
画像

10:57 階段埋まり急坂に変身
画像

11:06 表尾根はガスっている
画像

11:17 臼ヶ岳の横に日が射している
画像

11:35 下る前に取あえず
画像

11:36 下り
画像

11:40 三ノ塔が
画像

12:52 堀山の家の下 溶けている
画像

14:06 ミツマタ
画像

14:07 畑に野菜が
画像



昨日、3/13に宇都宮へ出かけたが、雪の日光連山
と筑波山を眺めた。筑波山はこの方角から眺めたこと
がなく、二つの峰が結構かっこよかった。以前登った
時は天気が良くなく。関東平野一望を期待したがダメ
だったことを思い出した。また登って見るかなあ!日
光はまだ手着かずの場所ここも行きたいなあ!

雪の日光の山
画像

筑波山は撮り忘れてしまった。
残念!

キジ 田舎道を歩いていると 突然キジが
こんなところにキジなんて うれしくなった。
画像





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2012年03月15日 21:53
週末には山へ行かなかったのですね。
まだ塔ノ岳は雪がいっぱい残ってますね。
私も、次の週末も丹沢へ行くかな?

この記事へのトラックバック