2012/3/19 御前山へ -ちょこと残雪静かな山歩き- 

画像

四国の友人が奥多摩へ行ってみたいとのこともあり、
久し振りに奥多摩の山へ出かけた。奥多摩の山は昨年
11月の雲取山以来。また御前山は2回目で前回は境橋
から栃寄沢沿いに登り大ブナ尾根を降りたが、今回は
湯久保尾根を登り、大ブナ尾根を降るコース。武蔵五
日市駅からバスで宮ヶ谷戸BSへ、五日市駅方向に少し
戻り橋を渡ると標識があり登山道に。早々に急坂、ジ
グザグに登って行く。湯久保と御前山との分岐を過ぎ
て登って行くと大きな岩があらわれる。そこから10分
ほどでスギ林から落葉樹の林に変わりいい感じになっ
てきた。標高900mあたり。そこで休憩。仏岩の頭を巻
き、標高1019付近でちょっと開け富士の白い頭が見え
た。標高が1000m越えた付近から凍結場所が所々に現
れはじめ、登山道が傾斜してるところはまず滑る状況
慎重に。ここからの登りも結構きつい。標高1100m付
近の落葉樹の林で休憩していたら夫婦連れに会った。
今日初めて人。登山道は標高1270m付近からトラバー
スして御前山避難小屋方向へ向かうがそこは道が谷側
へ傾斜、残雪が結構残っており非常に危なそうなので
尾根を山頂へ直登りすることにした。結構急斜面のと
ころがあったが難なく山頂へ。山頂で夫婦連れと会っ
たがトラバース道は大変だったようだ。山頂は残雪。
富士山側の展望は霞がかかり雲も出てきてダメだった
が雲取山方面はいい展望だった。1時間ほどのんびり
して奥多摩湖方面に下りたが、この道が大変だった。
傾斜がきついし、残雪で滑る、落葉で滑る、凍結部が
落葉で隠されておりそれで滑る、どろで滑る。ゆっく
りゆっくり降りた。以前大ブナ尾根を降りたことある
が、こんなにきつかったかと改めて思った。雪がなく
てもきつい。平日のせいか人がすくない、静かな歩き
ができた。nonbo 奥多摩初デビューまずまず。帰りに
河辺温泉に浸かり反省会後解散。今度nonbo とは四国
の山を歩く予定だ。
前回は4月中旬過ぎでカタクリの花の時期、人が多か
ったが今回は季節はずれで静かな山歩きができた。


御前山<1405m>、惣岳山<1340m>、サス沢山<940m> 
晴 11.9Km +1251m -1045m
メンバ:nonboさん

武蔵五日市駅小岩行きバス8:05

宮ヶ谷戸BS8:42→10:06休憩10:11→10:17湯久保分岐→11:00休憩10:06
→11:54御前山12:54→13:15惣岳山→14:18サス沢山14:23
→15:00広場→15:11奥多摩湖BS

奥多摩駅行きバス15:14

8:47 この先からジグザグに急登
画像

9:38 ちょと開けたところで 下に民家が見える
画像

9:49 大きな岩
画像

10:04 標高900m付近 落葉樹の林
画像

10:17 湯久保分岐標識
画像

10:31 富士山が
画像

10:41 残雪が少し
画像

10:55 きつい登り
画像

11:06 
画像

11:11 吹き溜まり?
画像

11:34 トラバースの雪道避けて
画像

11:43
画像

11:48 ちょっと石道も
画像

11:55 御前山山頂
画像

12:55 雲取石尾根
画像

12:57 惣岳山方面くだり 雪
画像

12:59 大菩薩が
画像

13:15 惣岳山にて
画像

13:24 急降下
画像

13:38 急降下
画像

14:20 サス沢山から奥多摩湖
画像

14:49 ここも急降下

画像

今回コース
画像

画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2012年03月20日 21:57
奥多摩もまだ残雪が多いようですね。
私は今月いっぱい丹沢かな!
しかし、これからは暫く泥田の登山道が待ってますね?

この記事へのトラックバック