2012/4/19 大菩薩嶺へ -甲府盆地はピンクの絨毯-

画像

四国の石鎚山、東赤石山以来、春の変わりやすい天候
の合間をぬってnonbo と大菩薩嶺へ行ってみた。狙い
は甲府盆地の桃の絨毯と富士山、南アルプスの景色だ
ったが、やはり雲が多く見ることは出来なかった。塩
山からのバスは乗客3人、登山者は我々だけ。ピンク
の桃の畑、白のス桃が咲く道を高度を上げて行く。大
菩薩登山口へ近づくに連れ花は蕾に、桜もやっと咲い
たばかりに。上日川峠に向かって登山道を上って行く
がやっと芽吹きが始まったばかり、やっと冬が終わっ
たばかりだ。丸川峠分岐の駐車場に車が1台、上日川
峠には車が3台止っているだけ。静かな歩きが出来そ
う。ロッジ長兵衛の主人が一日前にも雹が降った天気
崩れるかもしれないから気をつけてと言われ、福ちゃ
ん荘から雷岩へ出る唐松尾根ルートに変更した。この
尾根は下りにしか使ったことがなく登るのは初めて。
傾斜が急で結構きつかった。久し振りにバテ気味、最
近ゆる山登りしかしてないせいかなあ?笹の道は気持
ちがいいのだが・・・。高度が上り展望良くなるが遠
景はダメ。でも上日川ダム等大菩薩付近の景色はいい
。雷岩までは殆ど雪は残っていない。ちょっと休憩し
て大菩薩嶺へ。雷岩からの樹林の中は一変冬景色。ア
イゼンは要らないが気をつけないとすべる。写真を撮
って早々に戻る。丸川峠からの道はまだまだ厳しそう
だ。雷岩で食事と思ったが風の通り道、避けて先に進
む。標高2000mの標識の場所で尾根風景を見ながら食
事。ここは気持ちがいい。残念ながら今日は富士、ア
ルプスはダメ、甲府盆地も微かにピンクのようだが雲
が下から上ってくるのではっきりしない。大菩薩峠側
の尾根は北からガスが吹き上げ、北と南で対照的。雲
取山からよく大菩薩を越える滝雲を見るがこんな感じ
なのかなあ!尾根は雪は残ってないが泥田の所が。今
の時期は仕方ない。介山荘から下の道はユンボが入っ
て道整備中。最後の所の凍結道の氷を除いていた。土
曜からバスが峠へ上ってくるからかな?上日川峠へは
楽ちんな道。上日川峠に着くとロッジ長兵衛の主人が
車で下へ降りるところに出くわし、下まで車に乗せて
くれることになった。江戸時代からやってるそうで昔
は青梅街道だったそうだ。冬でも連絡あればやってる
そうだ。ちなみに一週間前から車で入れるようになっ
たばかりだそうだ。色々話しながら大菩薩の湯まで送
ってもらった。今度秋にでも来てゆっくり話したい気
がした。汗を流し反省会。アルカリ性の温泉でつるつ
る、客が少なく食堂のマドンナとも雑談、帰りに名刺
代わりとワインの小瓶まで頂き、楽しい一時であった
。行きのバスの中でも中学生らしい子が乗ってきて挨
拶するし、この土地はいい感じの町だ。


大菩薩嶺<2057m> 
曇時々晴 12.3Km +1410m -717m
メンバ:nonboさん

大菩薩登山口BS8:00→8:18丸川峠分岐→8:31千石茶屋→8:35登山道入口8:39
→8:52第一展望台8:55→9:09第二展望台9:20→9:30林道→9:50上日川峠9:57
→10:13福ちゃん荘10:17→11:10雷岩11:18→11:28大菩薩嶺11:32→11:40雷岩
→11:53休憩12:11→12:28賽の河原12:10→12:43大菩薩峠12:47→13:17富士見平
→13:21福ちゃん荘13:23→13:41上日川峠


8:18 丸川峠分岐駐車場 車1台
画像

8:35 登山口表示 この辺は芽吹きも
画像

9:19 第二展望台から 青空が見え出した
画像

10:17 唐松尾根を登ることにした
画像

10:54 下に上日川ダムが
画像

10:56 小金沢山の北斜面は雪が結構残っている
画像

10:58 雹の名残 大きい
画像

11:18 雷岩分岐で
画像

11:22 雪山に一変
画像

11:30 大菩薩嶺にて
画像

11:32
画像

11:46 大菩薩峠への尾根
画像

12:35 大菩薩峠付近
画像

12:38 あっと言う間にガスって見えない
画像

12:43 峠にて
画像

16:54 帰りのバスの中から 桃。ス桃
画像


今回コース
画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック