2012/4/24 西岳(八ヶ岳)へ -雪の西岳!いい気分-

画像

昨年の春に入笠山と編笠山を3人で歩いたが、一年振
りに3人で八ヶ岳の西岳へ登った。隣の編笠山へは結
構な回数登っているが西岳に登るのは三年振り。展望
の点でちょと劣るが、この時期安心して登れる。富士
見高原ゴルフ場から登り始める。ここから少し上まで
の道が広くなて平坦道に。少し登って昔の道に。まだ
まだ春に遠い葉を落とした茶色の木々の中にダンコウ
バイだけが黄色い花をつけて春近しのイメージ。天気
はよく、風も無く穏やかだった。少し暑いくらい。不
動清水でちょと休憩し上へ。このコースは林道横断が
変化ポイントで、木立の中をゆっくり登って行く。三
個目の林道を横断してやっと木々を透かして甲斐駒が
見え始める。白い。雪が多い。木曽駒もそうだ!2000
m辺りからちょろちょろ凍結場所があるようになり、
そこから50mも上るとつるつる状態。アイゼンを装着
した。1時間ほど樹林帯をゆっくり登っていくと木々
の間から編笠山が透けて見えるようになり、突然展望
が開ける場所へ。仙丈ケ岳から甲斐駒、北岳、鳳凰三
山までの南アルプスの絶景が目の前。編笠山にも結構
雪が残っている。風も無くぽかぽか日差し。10分も登
れば山頂だが、景色を楽しみながら暫し休息。焦らず
ゆっくり、これがいい。最後の一登りで誰も居ない山
頂。編笠の横に尖ったギボシが。奥に権現。脇役なの
にここからのギボシは、きりっとした存在感あふれる
姿だ。木立の奥に阿弥陀、赤岳、硫黄もしっかり見え
る。ちょっと霞んできたが青天の中、おにぎりとコー
ヒーで景色を楽しみながら話が弾んだ。秋には赤岳に
。聖はどうします?とか・・・。静かな山頂。我々だ
けの場所。これがいい!15時には下で人と待ち合わ
せの為、40分程で下山を開始したがもう少し居たい気
分だった。下りちょっと踏み跡を外すとズボ。股下ま
で落ち込む。2000mまで下ってアイゼンを外し、そこ
からはハイキング気分で登山口へ。鹿の湯で汗流しゆ
っくり。天候に恵まれいい歩きが出来た。温泉では80歳
の元気な人と会ったが八ヶ岳のガイドやってるそうで
現役バリバリ嬉しくなった。

西岳<2399m>   
晴 9.1Km +1074m -1060m
メンバ:saiさん、akiさん

富士見高原ゴルフ場6:34→7:06不動清水7:09→7:17林道Ⅰ
→7:33林道Ⅱ7:40→8:02林道Ⅲ8:05→8:24アイゼン装着(2050m)8:41
→9:28展望場9:43→9:54西岳10:35→11:10アイゼン着脱(2000m)11:20
→11:28林道Ⅲ→11:45林道Ⅱ11:55→12:06林道Ⅰ
→12:13不動清水12:20→12:46富士見高原ゴルフ場

6:22 富士見高原から南アルプス 甲斐駒 北岳
画像

6:54 浮動清水へ いざ! 
画像

7:24 林道Ⅰから林道Ⅱへ
画像

7:45 林道Ⅲへ
画像

8:09 中央アルプス 木曽駒
画像

8:19 凍結場所が
画像

9:07 だんだん残雪多く 膝あたりまでありそう
画像

9:25 山頂前の展望良い場所
画像

9:29 南アルプス眺めながら 
   仙丈ケ岳もここまでくると姿現わす
画像

9:34
画像

9:57 赤岳バックに
画像

9:58 ベテランのsaiさん西岳初めてとは!
画像

10:01 全員で
画像

10:04 編笠バックにくつろぎ
画像

10:18 くつろぎ
画像

10:29
画像

10:36 下り 踏み外すと股までズボ! 
画像

10:37
画像


今回コース
画像

画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック