2012/6/05 九重連山の中岳へ -風雨の中でミヤマキリシマ満開!-

画像

九州ツアー三日目。残念ながら台風の影響で朝から雨
。天気予報では南九州は梅雨入り情報も。雨具を着て
牧ノ戸峠を出発。我々の前に小学生の集団も元気に出
発した。まず舗装された道を沓掛山に向けて登って行
く。道に沿ってミツバツツグリ、チゴユリ、オククル
マムグラ、ミヤマスミレが咲いている。またミヤマキ
リシマ、ドウダンツツジ、ベニドウダン、ワカガミも
。階段になり、沓掛山の岩場にさしかかる。そこを乗
り越えるとゆるやかな尾根道になりゆっくり登り道。
ガスって周りが見えないのが残念。扇ヶ鼻分岐から先
は結構ミヤマキリシマが咲いている。満開近い。また
イワカガミも群生。道も広い。ぐっと岩峰がせまってくる
所を避けるように巻いて行くと下に広い砂地が現われ
そこに避難小屋が見える。小休止して出発
。当初、久住山が先にだったが先行団体が久住山へ向
っており混雑が予想され、急遽中岳を先にすることに
なった。御池を左に見て大きな石水辺を進む。御池は
雨水だけの池だそうだ。中岳到着、写真のみ撮って早
々に来た道を戻り久住山に向うが、久住山へ登りかけ
た頃から風が強くなり、登頂を断念。避難小屋へ向う
事となった。ちょっと残念だが九重連山の最高峰の中
岳には登れたので良し!避難小屋で食事をして牧ノ戸
峠へ向けて撤収。時間の余裕が出来たので帰りはミヤ
マキリシマをゆっくり見て歩けた。雨風は止まずガス
も晴ず周りの景色がまったく楽しめなかったのが心残
りだった。道も整備され歩き易いく良い感じの山だ。
今度天候のいい時、歌にもある坊がつるなどにも寄り
ながら歩いてみたい。


九重山:中岳<1791m> 九州最高峰
     久住山<1787m>は風で断念
雨 10.7Km 1140m -1087m

牧ノ戸峠8:22→8:50沓掛山→9:34扇ヶ鼻分岐9:41→10:10避難小屋10:31
→10:37久住分れ→11:12中岳11:17→11:54久住分れ避難小屋12:13
→12:44扇ヶ鼻分岐→13:32沓掛山→13:42牧ノ戸峠

8:22 牧ノ戸峠
画像

8:28 オククルマムグラ
画像

8:35 ミヤマキリシマ
画像

8:36 舗装道を登る
画像

8:38
画像

8:38 ドウダンツツジ
画像

8:39 ベニドウダン
画像

8:40 階段
画像

8:43 沓掛山への登りスタート
画像

8:52 沓掛山からの下り
画像

8:55 振り返り沓掛山を見る
画像

9:02 ゆるやかな下り
画像

9:34 扇ヶ鼻分岐
画像

9:49 一面のミヤマキリシマ
画像

10:04 岩峰の横を通り
画像

10:09 避難小屋が見えた
画像

10:50 御池を左に中岳へ向う
画像

11:08
画像

11:10
画像

11:12 中岳山頂
画像

11:51 下山
画像

12:36 ミヤマキリシマ
画像

12:41 イワカガミ群生
画像

12:49
画像

13:01 ミヤマキリシマとマイズルソウ
画像

13:30 沓掛山への登り
画像

13:41 下に牧ノ戸峠
画像

13:42 最後に周りが少し見えた
画像

同時期に避難小屋を出発した別のグループは久住山
から登り中岳へまわり久住山、中岳とも登れたとのこ
とだった。まさに自然界のタイミング。この油断すると
吹き飛ばされそうな気象条件で全員無事に戻ってきた
ことで善しとしたい。九州の山、なにか雄大で北海道の
ような広々とした感じでうれしくなってしまった。


今回コース
画像

画像








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック