2012/7/08-09 那須岳へ -那須三山と温泉-

画像

先日高尾山を歩いた時、 shimaさんから那須岳へ行っ
て見ませんかとの話があり、早速計画を立てたが雨と
別件で伸び伸びなっていた。今回梅雨の合間をぬって
決行。火山の茶臼岳、三斗小屋温泉、温泉から大峠の
沢道歩き、大峠から三本槍岳への花、三本槍岳から朝
日岳への広々とした尾根、朝日岳からの岩尾根など盛
りだくさんのコースよかった。時期がよかったのか約
30種の花も見られた。

那須岳:茶臼岳<1915m>、朝日岳<1896m>、三本槍岳<1917m>百名山
晴 16.3Km +1298m -1586m
メンバ:nonboさん、shimaさん

那須塩原駅10:55→12:10山麓駅(東野交通)

山頂駅▲12:31→13:11茶臼岳13:16→13:54峰ノ茶屋14:01→14:17避難小屋
→14:42延命水▽→14:51沼原分岐→15:11三斗小屋▲

三斗小屋▲6:45→7:19赤岩沢7:28→7:36中ノ沢→7:51三斗小屋宿跡分岐
→7:54峠沢▽8:07→8:38大峠8:47→9:17休憩8:21→9:48休憩9:59
→9:19休憩9:27→10:39須立山分岐→10:49休憩10:54→10:57三本槍岳11:39
→11:59北温泉分岐→12:08清水平→12:37熊見曽根分岐→12:46西ノ肩12:48
→12:54朝日岳12:58→13:03西ノ肩13:10→13:45峰ノ茶屋13:51→14:40山麓駅▲

山麓駅14:55→湯元(東野交通)

<8日>那須塩原駅からバスで山麓駅へ、山には雲が
かかり山頂は見えなかったがロープウェイに乗ってい
ると雲を抜け、那須の山々が突然姿を現わした。やは
り山は来てみないと分からない!朝日岳の東面の緑と
西側への赤茶けた岩峰の尾根、綺麗だ。山頂駅から茶
臼岳へはガレた急勾配の道で歩きにくいが、タデが石
の間に咲いてちょうど富士山の感じだった。山頂には
祠があり、記念写真を撮った。展望は良かったが雲が
出ており遠くの山はちょっと確認が難しかった。小さ
いお鉢回りをして峰ノ茶屋へ。峰ノ小屋への下りは、
昨年焼岳へ登った時上高地へ下る道の感じだ。タデ以
外にマルバシモツケも結構咲いていた。峰ノ茶屋で休
憩、明日登る予定の朝日岳とそれを横切る雲の変化を
楽しんだ。三斗小屋へは100mちょっとガレ場を急降下
して避難小屋、そこから傾斜ゆるくなり樹林帯へ入る
。道脇にはマイズルソウ、ギンリョウソウ、ギンラン
等が咲いている、笹の道。ダケカンバも多い、延命水
の先からは歩き易い道になりハイキング気分で15時
過ぎに三斗小屋温泉に着いた。宿泊客は我々を入れて
男4名、待望の露天風呂も入場制限なし。ビールを手
に景色を見ながら汗流し、いい気分だった。

12:20 ロープウェイから現われた朝日岳
画像

12:37 茶臼岳への道
画像

13:14 茶臼岳にて
画像

13:22 お鉢周り 下に峰ノ茶屋
画像

13:48 マルバシモツケ
画像

13:59 峰ノ茶屋にて バック茶臼岳
画像

14:01 三斗小屋温泉方面下り 下に避難小屋
画像

14:18 樹林の中へ マイズルソウ群生
画像

14:36 石の道
画像

14:46 延命水と過ぎると歩き易い道
画像

15:10 三斗小屋温泉
画像

15:40 露天風呂にて
画像


<9日>朝、山の中腹を流れる雲海を見ながら、贅沢
な朝湯を楽しみ出発。朝露に濡れながら150mほど下る
。結構石も苔むし注意して下った。一つ目の赤岩沢を
渡る。(赤岩沢と中ノ沢は滑りやすく注意、場合によ
り靴脱いで渡れと小屋の主人に言われた)続いてロー
プをよじ登り、再び下って中ノ沢へ。50mほど登り下
ると旧三斗小屋宿跡への分岐の標識、そこからすぐに
峠沢に着く。ちょっと広く休憩するには気持ちがいい
。そこから大峠への登りは沢筋を登って行く。大峠に
出ると急に開け、ウサギギク、アザミ、ニッコウキス
ゲ、ウラジロヨウラク、コメツツジ等が満開、すばら
しい。流石山への登りの山肌は黄色でニッコウキスゲ
の群生のようだ。三本槍へは尾根を450mほどゆっくり
の登って行くがウスユキソウ、ツバメオモト、ハクサ
ンシャクナゲ、ハクサンチドリ、ハクサンフロー、ア
カモノ、ツマトリソウ、ゴゼンタチバナ、コケモモ、
イワカガミ等が咲き乱れており最高の時期だった。三
本槍岳手前では下に鏡ヶ池が澄んだ緑で姿を現わし神
秘的。山頂に到着して食事とコーヒをしている間に大
勢の登山者が到着、あっと言う間ににぎやかになった
。ここからは大朝日岳、飯豊山、西吾妻山、男体山、
富士山まで見えるそうだ。三本槍岳を後に、朝日岳へ
向う。少し平坦な道を行き、下り登り返すと北温泉分
岐、そこから下って湿原ぽい清水平、木道がある。そ
こから階段のある道を登り切ると展望が一変。緑の中
に茶色い山肌が混じる朝日岳と茶臼岳が視野に飛び込
んできた。朝日岳から峰ノ茶屋への下山尾根は茶色の
岩尾根のようだ。西ノ肩にザックを置き朝日岳へ。バ
ンザイ!これで那須岳の三山制覇。鎖場を通り峰ノ茶
屋へ降り、そこから山麓駅へ。二日間のこのコースは
色々変化があり楽しいコースだった。帰り湯元の鹿の
湯へ入り、高速バスで池袋へ戻り反省会して帰宅。


7:20 湿っぽくて歩きにくい
画像

7:24 赤岩沢の渡河のあとでロープ
画像

7:56 峠沢
画像

8:37 ウラジロヨウラク
画像

8:38 大峠のお地蔵さん
画像

8:49 コメツツジ
画像

8:57 ウサギギクとミネノウスユキソウ
画像

9:05 尾根
画像

9:28 大峠山と登って来た尾根道
画像

9:43 ツバメオモト
画像

10:33 鏡ヶ池
画像

10:37 やっと三本槍が見えた
画像

10:49 旭岳 雲がなければ大朝日岳が見える
画像

10:56 ハクサンチドリ
画像

11:01 三本槍ヶ岳
画像

11:35 三本槍岳から展望 登って来た尾根
画像

11:39 茶臼の頭がちょこっと見える
画像

12:20 清水平からの登り階段
画像

12:25 振り返り 三本槍が
画像

12:33 能見曽根分岐手前から
画像

12:38 朝日岳からの下山尾根
画像

12:55 朝日岳山頂
画像

13:18 下山のトラバースくさり
画像

13:26 峰ノ茶屋への下り
画像


高尾山歩きがきっかけで同じ年の3人、色々計画外な
こともあったが、最後はきっちり締めくくれ楽しい山
歩きだった。リタイヤ組の時間制限無しのなせる技?
shimaさんとは山域は違うが2年越しの本格的山歩き
が出来よかった。最終的には二年前会ったときの宮之
浦岳の約束がある。今後一緒が多くなりそうである。
いままでの最北の山は高原山なので今回の那須岳で
今回更新。


今回コース
画像

画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック