2012/8/10 編笠山、西岳(八ヶ岳)へ -西岳は花盛り-

画像

今年初めて編笠山へ登った。通算15回目で、この山
は山を始めて2000mを越える山として初めて登った山
。まだ薄暗い防火帯の登りではシラヤマギク、アザミ
、フウロウ、キキョウ、ウツボグサ、シモツケソウ、
クルマユリが見られた。富士見平では雲が厚く富士山
、南アルプスはまったく見えず、山頂で雲海の上に見
える事を期待して登った。富士見平から展望台へ向か
う辺りはハンゴンソウが盛り、笹の上に黄色い花がい
たるところに顔を出して咲いていた。雲海までの間に
はオトギリソウ、咲いたばかりのソバナ、コバノイチ
ヤクソウが見られた。雲海でも富士山方向は雲の中。
2300m付近の自分で展望所と称しているところでは。
見えました。期待通り、雲海と南アルプス、霞んだ富
士山。満足です。山頂には先客が2人、静かな山頂。
ヤマハハコ、シナノオトギリがちらほら。八ヶ岳側は
晴れて赤岳、天狗岳、蓼科山とよく見え、北アルプス
も穂高岳は認識出来た。今回は体が重く、めずらしく
喘ぎあえぎの登り、体力落ちてる気がした。編笠山か
ら来た道を下るつもりであったが、どうも膝にきそう
なので傾斜がゆるい西岳を下りることにした。青年小
屋へゆくり慎重に下ったが膝が突っ張る。今回の青年
小屋のちょうちんは「遠い飲み屋」だった。一度ちゃ
んと来なくては!乙女の水までの間はコバノイチヤク
ソウが盛りだった。おいしい水を飲み西岳へ。途中セ
リバシオガマの群生とコバノイチヤクソウの群生。西
岳は独り占めでイブキジャコウソウ、マツムシソウ、
ミネノウスユキソウ、ソバナ、シナノオトギリ。。。
やはり西岳は花が多い。30分ほどゆっくりして下山。
途中十人弱の登山者と山小屋のボッカさんに出会った
。40数キロ背負ってるとか、すごい。ゆっくり、ゆっ
くり降りて鹿の湯で汗流した。編笠の雲海までが汗を
かいたが以降は涼しく気持ちいい日だった。

編笠山<2524m>、西岳<2399m>   
晴 17.1Km +1517m -1511m
メンバ:単独

富士見登山口4:59→5:10防火帯→5:49富士見平5:55
→6:14展望台→6:34雲海6:41→7:02ベンチ→7:15押手川7:21
→7]51展望所7:58→8:10はしご→8:31編笠山9:00→9:23青年小屋
→9:32乙女水9:39→10:26西岳10:55→11:49林道Ⅲ→12:07林道Ⅱ12:13
→12:24林道Ⅰ→12:32不動清水12:40→13:02富士見高原ゴルフ場
→13:15鹿の湯14:30


5:16 シラヤマギク
画像

5:23 防火帯
画像

5:35 ウツボグサ
画像

5:46 クルマユリ
画像

5:53 富士見平にて
画像

6:02 ハンゴンソウ
画像

6:34 雲海にて
画像

6:53 ソバナ
画像

7:53 展望所から南アルプス
画像

7:55 甲斐駒
画像

8::34 編笠山にて
画像

9:08 青年小屋、ギボシ、権現岳
画像

9:24 遠い飲み屋
画像

9:24 ハリブキの実
画像

9:26 シナノオトギリ
画像

9:25 コオニユリ
画像

9:25 トウヤクリンドウ
画像

9:45 コバノイチヤクソウ
画像

10:13 セリバシオガマ
画像

10:30 西岳にて
画像

10:32 編笠山
画像

10:51 イブキジャコウソウ
画像

10:51 マツムシソウ 咲きだち
画像

10:52 ギボシ
画像

12:38 不動清水 フシグロセンノウ
画像


今回コース
画像





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

驚いた
面白い 面白い
ナイス

この記事へのコメント

2012年08月18日 13:10
近場でよいですね!
アブ居ませんでしたか?

この記事へのトラックバック