2012/9/12 金峰山へ -大弛峠からピストン-

画像

金峰山は2009年に瑞牆山荘から富士見平、大日岩のコ
ースをピストンしたことがあるが、今回は大弛峠から
のピストン。大弛峠は2360mで山梨県と長野県の境の
峠で日本最高所の車両峠。7月に国師ヶ岳、北奥千丈
岳へここから登った。車道は舗装され快適。車での出
発が遅かった為、山頂ではガスが上り展望がなかった
のが残念。大弛峠を出発、木の階段がある鬱蒼とした
潅木の中を100m程登り、少しなだらかな道を歩いて行
くと朝日峠の手前で突然縞枯状態が現われ、青空が現
われた。山頂での展望ちょっと期待できるかも思った
。そこから100mほど登ったところで見晴らしのいい岩
尾根が現われ、風も通る。向こうに国師ヶ岳、北奥千
丈岳も見える。だだ下からガスが上ってきており、ち
ょっと心配。再び縞枯れの樹林帯に入り50mほど登れ
ば朝日岳の標識があった。そこからは50mほど岩稜帯
を急降下、樹林帯の中を70m程下って、登り返し。鉄
山を巻いて70mほど登って行くと、ハイマツの尾根に
出る。見晴らしが良さそうだが、残念なことにガスに
包まれ周りが見えなかった。ここまで来ると山頂まで
残り300m程。結構尾根は広い。右手に一瞬瑞牆山が姿
を現わしてくれ、霞んだ写真を撮った。その後はガス
の中、一度だけのシャッターチャンスだった。山頂近く
は大きな岩の間を行くようになり、石の下をくぐると
突然頂上の標識が・・・。着いた。尾根の途中から雨
が振り出しており、標識の前の大岩のひさしの下で立
って昼食。五丈岩もガスが飛んだとき一瞬見えるだけ
。また瑞牆山荘から登って来る尾根の景色が前回素晴
らしいと思ったがそれも一瞬ガスの中で見えただけ、
ちょっと残念だった。ハイマツの緑の中に白い花崗岩
の岩塊が混じりいい感じなんだが・・・。団体が登っ
て来ており騒がしくなったのと、待ってもガスが飛ん
でくれそうもないので下ることに、雨が止み帰りの尾
根のハイマツを見ながら降下点までの歩きは気持ちよ
かった。ウラシマツツジが秋の色。ハイマツの間にち
ょっと黄色になりかけた木々も。やはり帰り所々で小
雨に遇いながら15時前に大弛峠へ到着。ここでビール
で乾杯。帰りに「はやぶさ温泉」に入り帰途についた
。komiさんのリフレッシュ休暇利用した北アルプス、
五龍岳の山旅予定が、八ヶ岳の編笠、奥秩父の金峰に
変わってしまったが、大雨にも遇わずまずまずだった
かなと・・・。今度は絶景を!山は早立ち、早登りし
なければ・・・。


金峰山<2591m>日本百名山、朝日岳<2579m>
晴 8.8Km +581m -583m
メンバ:minaさん、komiさん、nonboさん

大弛峠▲10:34→11:09朝日峠→11:43朝日岳→12:39金峰山13:11
→14:03朝日岳→14:29朝日峠→14:56大弛峠▲


10:37 スタート道 階段続く
画像

11:01 縞枯
画像

11:09 朝日峠
画像

11:35 朝日岳前の岩稜 国師ヶ岳、北奥千丈岳
画像

11:43 朝日岳
画像

11:44 朝日岳からの下り 急降下
画像

12:29 ハイマツの尾根
画像

12:33 突然 瑞牆山
画像

12:40 金峰山にて
画像

13:02 五丈岩
画像

13:13 帰りの尾根
画像

13:14 ウラシマツツジ
画像

14:02 朝日岳への登り
画像

以前来た時の写真
この尾根道がいい
画像

画像


今回コース
画像

画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック