2012/11/10 鍋割山へ鍋焼きうどんを食べに -久し振りの丹沢-

画像

夏の時期は山蛭等で避けている丹沢に出かけてみるこ
とにした。鍋割山の鍋焼きうどんを食べようと10月の
谷川岳以来の nonboと7月の那須岳以来の shimaさん
を誘って3人。那須岳を一泊で歩いたメンバ。集合は
渋沢駅8時45分、いつもより約2時間遅いスタート。県
民の森までタクシーで入ったがびっくりするぐらい車
がびっしり。人が多そうだ。スタートし二俣あたりま
で来ると登山者の行列、大倉からの歩きが多いのか?
今日は若い人が多いのにもビックリした。鍋割山荘の
水揚場で水をザックに入れ、本格登りのスタート。上
、下を見ると登山者が繋がっている。この状態だと鍋
焼きうどんは食べれるのか?少し心配になった。うど
ん目当てなので食料ほとんど持ってないぞ!・・・後
沢乗越あたりまで来ると紅葉が見える。秋の山は綺麗
だ。ここからがちょっとした急坂。まだ体が重いがう
どんを食べるため少しスピード上げることにして登っ
た。途中から富士山が見えるが青空の下、素晴らしい
富士だった。鍋割山荘は大混雑、早速注文すると40分
待ち、富士山が見えるところにザックを降ろし、富士
を見ながら出来上がるのを待った。次から次と登山者
が到着、鍋焼きうどんを注文。早く上ってよかった。
結局50分待ちでうどんをゲット。富士と南アルプスを
見ながら・・・大満足でした。金冷しへの鍋割山稜の
尾根は塔ノ岳から蛭への青空の中の山波と箒杉沢へ下
る山肌の紅葉、相模湾の展望を楽しみながらさわやか
な歩きが出来た。ほんと穏やかな日だった。金冷しか
らは何時もの長い大倉尾根下り。登山道は結構手が入
れられたようで、少し歩き易い道に変っていた。花立
の下の階段部や堀山の家から駒止茶屋の間の木道設置
等々。午後になって東京方面がよく見えるようになり
千葉や海ホタル、横浜ランドマークタワーがこんなに
見えたことないぐらい良く見えた。16時に大倉へ到着
。いつものように東海大学前駅のさざんかで汗流し、
反省会。7月に三人で那須岳をめぐったメンバ。せかせか
することもなく、のんびりおだやかな秋の丹沢を楽しんだ。

鍋割山<1272m>
2012年11月10日 晴 13.7Km +1105m -1287m
メンバ:nonbo、shimaさん
県民の森9:02→9:23二俣→9:49水揚場→10:06休憩10:12
→10:18後沢乗越→10:30休憩10:35→11:10鍋割山12:35
→12:59小丸→13:07小丸尾根分岐→13:19大丸→13:28金冷し13:35
→13:51花立山荘→14:08休憩14:17→14:18天神尾根分岐
→14:30堀山の家→14:46駒止茶屋→14:57休憩15:05
→15:17見晴茶屋15:25→16:00大倉

9:25 二俣 家族連れが水遊び
画像

10:16 後沢乗越手前 登山者の列
画像

10:18 後沢乗越から 紅葉の山肌
画像

10:25 急登り
画像

10:58 相模湾
画像

10:59 富士山が綺麗です
画像

11:10 鍋割山荘
画像

11:55 鍋焼きうどん と 富士山 shimaさん撮影
画像

12:31 鍋割山標識にて
画像

12:39 塔ノ岳から丹沢山への尾根
画像

13:11 大倉尾根 花立山荘の向こうに大山
画像

13:13 山肌に綺麗なカエデ紅葉
画像

13:41 良く見えた東方面 ランドマークタワー、海ホタル・・・
画像

13:43 相模湾バックに
画像

13:56 整備され降りやすくなってた階段
画像

14:37 要所要所に手が入って木道が
画像


今回コース
画像




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
かわいい

この記事へのコメント

Peak Hunter
2012年11月12日 15:01
10日は近くにいたのですね。 私は大倉屋で14時から15時まで飲んでましたよ! 私は、これから暫く丹沢通いです! またニアミスかな?

この記事へのトラックバック