2012/11/14 開聞岳へ -眼下に白波の海岸線!!-

画像

宿泊先の指宿の朝、鹿児島湾の向こうから曇り空の中
赤い朝日が昇った。予報では降水確率が段々よくなる
日、昨日の様なことはないはず。バスで登山口へ移動
。何故か雨がパラパラ。え!開聞岳の綺麗な全姿が見
えてくるが何故か、雲が薄っすら。登山口の公園に着
いても雨。仕方なく雨具を着て出発となった。公園か
ら桜並木の道を歩いていく。河津桜だそうだ。二合目
から登山道に。標識に成人2時間30分、老人3時間と書
いてあるが我々はどちらか?樹林の中を進む。ガイド
は木々の説明をしながら進む。少し歩くと説明、少し
歩くと説明。なかなか進まない。この調子だとどのく
らいかかるのだろうか?雨が上り日も差し始めた。火
山灰が固まったような登山道をゆるやかに登って行く
。ツワブキの黄色い花が結構咲いている。五合目は少
し開け、長崎鼻辺りが見えた。池田湖も。突然赤いき
のこのようなものが・・・ツチトリモチだとか。六号
目を過ぎ七合目手前から大きな石の道に変り歩きにく
い。七合目からは岩場に。海も見えてくる。仙人洞と
言う標識の先辺りから登山道の岩も大きくなり、向き
も北西に変わる。北風が当たり寒くなり防寒対策を採
った。九合目を過ぎると眼下に白波の海岸線が見え、
思わずオー!と声が出る。大きな岩を梯子で登り10分
程で山頂52mの標識が、ちょっと横の御嶽神社を参拝
し頂上へ。そんなに広くないが眼下に海の見える景色
、立体地図の様に見える。なかなか海の見える山へ登
った経験は少ないのでやはり新鮮だ。昼食を食べなが
らその景色に見取れた。池田湖、鹿児島湾、長崎鼻、
霞んでいるが大隈半島、太平洋、竹島等が見えた。絶
景だ。登った道を下山するが樹林へ入るまでは登りと
違い海景色を見ながらの下山、広々感で気持ちがいい
。途中からちょっと小雨が降ったが昨日の雹と違い可
愛い雨だ。ふれあい公園で振り返ればバランスのとれ
た富士山スタイルの開聞岳がちょっと雲があるが青空
の光をバックに堂々と見えた。登ってよかった。息子
が数年前に登り写真を送ってくれ登って見たかった山
、頂上では晴れて同じ景色を見ることが出来た。
今年の春に阿蘇山、祖母山、九重山を登っているので
今回の霧島山(韓国岳)と開聞岳で九州の百名山は宮
之浦岳が残った。九州山は火山の為か、大らかさがあ
りいつも登ってる山とちょっと違う感じがする。今度
来るときはもっとゆっくり歩いてみたい。

開聞岳<924m>
雨のち晴 8.0Km +945m -946m

ふれあい公園▲8:31→8:40二合目→8:57二・五合目9:03→9:07三号目
→9:24四合目→9:44五合目9:52→10:12六号目→10:34七合目
→10:46仙人洞→10:52八合目→11:18九合目→11:41開聞岳12:06
→13:42五合目13:47→14:25ふれあい公園

7:02 宿泊先から朝日
画像

8:02 移動中のバスから開聞岳
画像

8:40 二合目
画像

9:02 火山灰の道
画像

9:45 五合目から長崎鼻
画像

10:02 ツチトリモチ
画像

10:12 六合目付近
画像

10:35 七合目付近
画像

10:46 仙人洞看板
画像

10:48 
画像

10:57
画像

11:25 はしご
画像

11:27 薩摩半島
画像

11:44 山頂にて
画像

11:54 大隈半島方面
画像

13:01 太平洋の竹島方面を見ている
画像

14:23 ふれあい公園から
画像

16:21 鹿児島湾に出た虹
画像


今回コース
画像

画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック