2013/01/08 思親山へ -りっぱな富士山だった-

画像

青春18キップが一枚残っておりどこかと思って本を
見てると身延線から登れる山で思親山が目に付き出か
けることにした。始発に乗り甲府経由で内船駅に。昨
年も同じ電車で杓子山へ出かけたが真っ暗な山中を走
る電車の中からの夜明けは昔やった電車のふらり旅を
思い出す。ぼんやりと白んでくる窓の外を眺めてると
、懐かしい昔が浮かんでくる。甲府盆地に入ると白い
南アルプスが目に飛び込んでくる。春の景色のように
少し霞んでいるが朝日があたり始めると徐々にスッキ
リ姿。いいなあ!遠くに八ヶ岳も白い塊で。通勤通学
の人たちの慌ただしさが過ぎ、身延の霜が降りた山中
を一路南へ。身延山駅を過ぎ、内船駅へ到着。駅から
歩くつもりであったが構内に1台タクシーが居たので
佐野峠まで乗ることにした。(この短縮で帰り白鳥山
へ回れると目論)佐野峠は富士山の展望台。峠駐車場
に入った途端オー!である。トイレも完備されていた
。タクシーの運転者からクマの話を聞いたので鈴を付
け、スタート。早々木の階段が続く。よく整備され植
物の名前を書いた木札がいたるところにあった。今は
残念ながら表札だけの季節。一気に200mほど登り、小
さいアップダウンを繰り返し30分程で山頂に。山頂は
まあまあ広い場所で富士山の大沢崩れもよく見える。
西側からなかなか富士山を見ないのでちょっと新鮮。
南アルプス方面は木立の隙間から十枚山等の山々が見
えるが南アルプスは影で見えなかった。地元の人は正
月ご来光を拝みに大勢で登ると運転手が言ってたがな
るほどよさそうだ。ちょっと休んで普通なら井出駅へ
降りるところ、白鳥山も回るつもりなので近い寄畑駅
へ向かうことにした。途中までは早く降りることが出
来たが、林道歩きで寄畑駅への道が分からなくなり、
何度も探してみたがダメだった。諦めて引き返し井出
駅へ降りた。こちら方面はちゃんと道は整備され間違
えることはなかったが、途中からは舗装道路歩きでち
ょっと苦痛だった。静岡方面の電車に間に合わず、1
時間半待ち。また甲府方面へから戻ることにした。今
回道を探し、地図にない林道を歩いてどこかへ出るの
ではと思ったが途中で終点。その先を少し探ってみた
が檻?のようなものが設置されておりそれを見た途端
クマを想像、慌てて元へ引き返した。いつもなら他の
人のGPSのログよく調べて行くのだが今回やってな
かった。やはりちゃんと調べなくてはと思った。この
近辺は身延山に続いて二度目だが結構いい山ありそう



思親山(ししんざん)<1031m>
晴 13.5Km +525m -1222m
メンバ:単独

佐野峠▲9:34→10:04思親山10:17→10:38内船分岐標識(悪路)
→10:54林道A→11:06内船・八木沢分岐→11:15林道B
→(寄畑駅への道見つからず45分ロス)→12:01林道B戻り
→12:11東海道自然歩道合流→12:32民家→12:39神社→13:11井出駅
内船駅→(タクシー@2240、約25分)→佐野峠

6:47 甲府盆地、電車から南アルプス
画像

7:29 甲府盆地、電車から八ヶ岳
画像

9:29 佐野峠駐車場 右から登山道
画像

9:29 佐野峠から富士山 手前左から長者ヶ岳、天子ヶ岳
画像

9:41 登り階段
画像

9:56
画像

10:04 その上が山頂
画像

10:09 思親山から
画像

10:14 標識いれて
画像

10:20 下り
画像

10:34 右へトラバース
画像

10:38 分岐 内船への道悪路と記載
画像

10:44 植林の尾根道
画像

10:47 木立の隙間に南アルプス
画像

10:54 林道 分岐標識
画像

11:06 内船・八木沢分岐 
画像

11:17 舗装道へ出る
画像

11:21 舗装から脇にある未舗装林道を行く
画像

11:45 林道この先で終了 舗装道まで戻ることに
画像

12:39 神社
画像


16:27 小淵沢から甲斐駒ヶ岳
画像

16:28 小淵沢から八ヶ岳
画像

今回コース
画像




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック