2013/02/10 長瀞アルプスから宝登山(ほどさん)へ -蝋梅と福寿草!-

画像

左足を痛めたようでこの休みは、山歩きを諦めて居
た。金曜日に長い時間ゆっくり散歩、すこし違和感
が薄れてきたようで、休みは平地散歩で足慣らしと
思っていたが、土曜の朝テレビで宝登山の番組があ
り、調べたところなんとかなりそうで足慣らし兼ね
て蝋梅を見に出かけた。秩父方面の山は武川岳に次
いで2度目。八高線の寄居から秩父鉄道で野上駅へ
。若い頃寄居へは仕事で頻繁に来ていたことがあり
懐かしい。天気がよく青空、駅に降りると大勢のハ
イカーが、ビックリ。やはり蝋梅目当てなのかな・
・・。野上駅からまっすぐ進み信号を渡り道なりに
右方向に曲がりながら進んで行くと万福寺。脇を左
に入ってすぐ登山道に、日影にはちょっと雪も残っ
ていた。尾根道に沿ってずっと行くが落葉樹の林で
冬枯れの林、隙間から青空と周囲の山波が見られこ
の時期の里山雰囲気、風もなく気持ちがいい。道幅
は狭く大勢のハイカー、譲り合いながら、挨拶しな
がら。途中天狗山分岐の標識があり地図を見ると34
2mのピークが、そこではないかと行ってみたが何も
無し。天狗山はまだ先か?。分岐へ戻り氷池分岐へ
そこでおにぎりを1個食べコーヒーを飲み宝登山へ
向うつもりであったが自然で氷を作っている場所の
氷池を見て見る事にした。100m程下で谷筋に、雪も
残っており流石ひんやり。寒い。四角い池に氷があ
った。作業はしてないが凍っている。標高200mぐら
いなのに日当りのせいなのだ。登り返して戻り、再
び宝登山へ。林道に出てそこから1Km舗装道を歩き
、また登山道へ、ここの尾根への登りはきつかった
。そこからの道は要所要所に階段がありこれも結構
な急坂、ちょっと凍てるところもあって注意!最後
の階段を上ると山頂。開けてる方向に特徴ある両神
山オー!その左手に甲武信ヶ岳。右手に武甲山は分
かるが雲取山はどれかな?地図忘れてきたのは残念
だった。こんなに見えるとは思っても見なかった。
山頂の下斜面は蝋梅林。いい匂い一杯嗅いでうーん
!見物人も一杯、素心蝋梅は見たことあるが満月蝋
梅、和蝋梅があるようで探して見た。見つけました
。また山頂には宝登山神社の奥宮が日本武尊ゆかり
の神社。また祭神は大山祗神も。予定通りロープウ
エイで降りることにして駅へ。途中マンサクの花も
満開、フクジュソウもつややかな黄色で土の中から
御出向かい。春はそこまで来てる。もう少しだ。帰
りはロープウエイであっと言う間に下に。蝋梅はま
だまだこれからで東斜面はやっと咲き始めたところ
もう1週間後の方がいいかも。足も無事で足慣らし
に来て良かった。いつもと違う方向からの山展望も
楽しかった。

宝登山<497m>
晴 7.1Km +625m -278m

野上駅10:35→10:47万福寺→11:20天狗山分岐→11:25ピーク342m
→11:30天狗山分岐→11:48氷池分岐12:00→12:10氷池→12:19氷池分岐
→12:28三軒家・氷池分岐→12:39小鳥峠→12:38林道→12:53登山道
→13:16宝登山→ロープウエイ駅

10:47 万福寺
画像

10:51 登山道へ
画像

11:03 長瀞アルプスの表示
画像

11:13 冬枯れの山尾根
画像

11:20 天狗山分岐の標識
画像

11:25 342mピーク地
画像

11:48 氷池分岐標識
画像

12:06 氷池への下り 下に雪が残っている
画像

12:10 氷池 寒い!
画像

12:20 分岐まで戻り
画像

12:28 開けた箇所へ 日当りいいが道ジュルジュル
画像

12:38 林道へ舗装されている 熊注意も!
画像

12:53 再び登山道へ 毒キノコ注意看板
画像

12:55 尾根への登り 急坂
画像

13:08 階段
画像

13:16 両神山が見えます
画像

13:17 両神山から三宝山、甲武信ヶ岳・・・笠取山・・・
画像

13:18 武甲山・・・奥多摩の山々
画像

13:19 山頂にて
画像

13:21 山頂の蝋梅林
画像

13:22 素心蝋梅
画像

13:30 満月蝋梅?
画像

13:31 和蝋梅
画像

13:35 マンサク
画像

14:05 フクジュソウ
画像

今回コース
画像

画像




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

面白い
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック