2013/02/16 丹沢山へ -塔ノ岳~丹沢山雪山ハイク今年2回目!-

画像

先週埼玉の宝登山へ蝋梅見物に出かけたが、足は大丈
夫そう。数日前に雪が降っているし雪山ハイクをした
く丹沢に出かけた。天気予報では晴れでも北風が吹く
予想、丹沢山まで行きたいが塔ノ岳での様子次第。大
倉行きバスは早めに臨時バスが出発、それに乗ること
が出来た。いつもは見晴茶屋から相模湾が見るが今日
は雲海で太陽だけ。駒止茶屋あたりから雪が残ってい
るがガチガチに凍結はしてない。戸沢分岐あたりから
は辺りも白い雪山気分、しかしアイゼンはまったく要
らない。下りの時はどうだろう?気温が上らなければ
滑るかも?気温上れば泥田?等思いながら登って行く
。花立山荘で富士山見ながらアイゼンを着けることに
した。1月末に来たときよりも雪は多かった。雪面が
キラキラ光りいい感じだ。塔ノ岳には先に着いた登山
者が思い思いに展望を楽しんでいた。富士山方向にち
ょっと雲があるが連なる南アルプスとともにいい景色
にまた会えた。心配した風はまったくない。北の方面
の山々も穏やか。mkatsuさんと日高辺りまで雪山ハイ
クを味わおうと丹沢山方向へ出発。すぐに静かな雪山
雰囲気。雪の感じが・・・。日高で気分いいから丹沢
山まで行こうと言うことになり雪の、風の無い尾根を
進む。ちらほら丹沢山からの人とすれ違う。東京方面
もよく見える。丹沢山は雪の尾根の先、青空の中。な
んか丹沢山」で戻るのではなく蛭ヶ岳、檜洞丸と主稜
をずっと歩いていたい気分になった。やはり丹沢山に
はそれなりの登山者が居た。この天気、ここまで来た
くなるのは当然か!今日はおにぎりとカップの天麩羅
そば。雪の上に沈み込む感じで腰降ろし食事してる人
も多かった。大きめの敷物が必要だなあ!今後持って
来よう。雪の量は塔ノ岳から先は70cmぐらいありそう
だった。丹沢山からの戻りは気温が高いせいか雪が柔
らかい。場所によってはアイゼンが利かないところも
。塔まで戻ってみると約20人弱がくつろいでいた。相
変わらず富士山、南アルプスは見える。少し休んで下
山。花立山荘から下はアイゼン不要だった。と言うこ
とは、はい!ジュルジュルの泥田状態。ここまでにな
るとは想定できなかったぐらい。やはり気温が高くな
ったのか?16時半大倉へ下山、何時ものようにさざん
か湯で汗流し反省会。やはり塔ノ岳から丹沢山までの
雪山ハイクはよかった。


丹沢山<1567m>、塔ノ岳<1491m>
晴 19.4Km 1742m -1789m
メンバ:mkatsuさん

大倉BS7:05→7:46見晴茶屋7:51→8:20駒止茶屋8:24→8:45堀山の家
→9:03戸沢分岐9:13→9:37花立山荘9:48→10:04金冷し→10:23塔ノ岳10:51
→11:25日高→11:41竜ヶ馬場→12:04丹沢山12:40
→13:00竜ヶ馬場→13:14日高→13:43塔ノ岳13:54→14:18花立山荘
→14:36戸沢分岐14:42→14:56堀山の家15:04→15:23駒止茶屋
→15:47見晴茶屋15:51→16:25大倉BS

7:49 見晴茶屋前から 漂う雲いつもは海が見えるのに
画像

8:21 駒止茶屋付近から雪残っている
画像

9:01 戸沢分岐付近
画像

9:32 花立山荘手前階段
画像

9:45 花立山荘から富士山
画像

9:59 前に塔 なかなかいい感じ
画像

10:12 金冷しを越えて 前に塔
画像

10:28 南アルプスの赤石、悪沢
画像

10:29 南アルプス 農鳥から北岳
画像

10:45 富士山と南アルプス この景色
画像

10:56 尾根沿いに丹沢山、蛭ヶ岳が・・・
画像

11:27 雪山ハイク 竜ヶ馬場が近くに
画像

12:08 丹沢山にて
画像

12:44 塔ノ岳から鍋割山稜が見える
画像

13:00 龍ヶ馬場から日高、塔ノ岳が見える
画像

13:37 塔ノ岳への最後の登り
画像

13:43 塔ノ岳にて すてきな雪形
画像



今日は丹沢のチャンプさんに2回遭遇。花立山荘付近
と塔ノ岳と金冷しの間、二度とも声かけられた。推測
するに4時間半から5時間であの荷物背負って一往復
?すごい。

今回コース
画像




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

Peak Hunter
2013年02月18日 18:33
16日は私も丹沢でした! でも、低山歩き・・・。
やはり確り雪があったようですね。 楽しそう!

この記事へのトラックバック