2013/03/02 雪の大菩薩嶺へ -春霞?うっすら富士山!-

画像

大菩薩嶺は6回目になるが雪のあるこの時期は初めて
、雪の尾根を歩いてみたく出かけた。電車が笹子トン
ネルを抜け勝沼に入ると南アルプスが見え、富士山も
頭を出す。なかなかいい天気だ。予報では北西の風が
吹く予報。バスの中からいろいろ見たが風はなさそう
。唐松尾根を上るか、先に大菩薩峠へ向うかは福ちゃ
ん荘あたりの状況で判断することにして出発。最初舗
装された道を丸川峠分岐へここの駐車場はほぼ満車状
況だった。千石茶屋先の登山口から登り始めて15分程
(標高1200m付近)から登山道が凍結の部分が出てき
始めた。傾斜が急な所はアイゼンを着けなければ滑っ
て危なく装着した。かなりガチガチに凍結しており足
が疲れる。上日川峠からは舗装道を歩いたがここもガ
チガチ氷の上を歩く感じ。福ちゃん荘前でちょっとお
腹を満たし、風もなさそうなので唐松尾根を登ること
にした。途中までは雪っぽい氷の道だったが日差しの
あるところは地肌が出ており歩きにくい。雪が有りと
無しの繰り返しで雷岩へ到着。やはり風が通り寒い。
下に大菩薩湖が見え微かに富士山も見える。南アルプ
スは霞んでほとんど認識できなかった。残念!早々に
風を避けるように樹林へ入り山頂へ向う。雪道になり
歩き易い。12時前に到着、十人程が食事をしたり、休
憩していた。当初雷岩へ戻り景色見ながら食事と思っ
ていたが、霞んで展望ないし、風もあるようなので山
頂で食事にした。また下山は大菩薩峠まで開放感のあ
る展望の尾根を下り、上日川峠から同じ道を下山する
予定であったが、ちょっと風が冷たく、展望も今一。
丸川峠経由で下山することにした。丸川峠までは北側
斜面、さすが雪が残っており樹林の中を雪山気分で気
持ち良く歩けた。以前歩いた時は長く感じたが気分が
良いのか短く感じた。丸川峠はやはり日当りが良く雪
解け状態。峠からの下り始めは道が雪解け水で水没状
態。水に足を突っ込み焦る場面も。樹林に入ると少し
落ち着き凍結状態。凍結の方がまだいい。1600mを過
ぎると雪は無くなり、日陰の場所だけ凍結を繰り返す
ことになりなかなかアイゼンが外せない。1300m付近
でやっと外すことが出来た。楽だ!3時に丸川峠分岐
へ到着、そこからのんびり大菩薩の湯に向った。霞ん
でいたが富士山も見え、丸川峠までの気持ちがいい雪
道歩きも出来、来たかいがあった。もう少し雪の多い
時に歩いてみたいと思った。帰りは大菩薩の湯で汗流
し、1年振りなのに覚えていてくれたマドンナにつま
みをサービスして頂き、反省会。途中ちょっとトラブ
ルあったが皆無事に帰宅。今度は丹波大菩薩道からか
牛ノ寝通りから歩いてみたい。


大菩薩嶺<2057m>
晴 15.2Km 1335m -1379m
メンバ:mkatsuさん、minaさん、komiさん、wnabeさん

塩山7:35→(バス@300)→8:02大菩薩峠登山口
大菩薩峠登山口BS8:07→8:28丸川峠分岐→8:43千石茶屋→8:48登山口
→9:05アイゼン9:10→9:14第一展望台→9:32第二展望台9:37
→10:12上日川峠10:20→10:40福ちゃん荘10:54→11:50雷岩
→11:57大菩薩嶺12:17→13:19丸川峠13:29→14:23アイゼン14:32
→15:00丸川峠分岐→15:16大菩薩峠登山口BS→15:25大菩薩の湯

7:18 車窓から南アルプス
画像

8:48 登山道入口手前 まったく雪なし
画像

9:02 凍結場所が出てきました
画像

9:18 陽だまり
画像

9:43 凍結となしの繰り返し
画像

10:12 上日川峠
画像

10:25 福ちゃん荘まで車道歩き ガチガチ凍結
画像

10:40 福ちゃん荘
画像

10:56 唐松尾根へ
画像

11:32 
画像

11:34 微かに富士山が
画像

11:43
画像

11:50 雷岩 雪はなし
画像

12:13 大菩薩嶺
画像

12:40 丸川峠への下り 雪がいい感じ
画像

12:41 整列
画像

13:10 いい感じ
画像

13:15 丸川峠
画像

13:32 丸川峠から下り始め部 雪解けで靴水没
画像

13:46 ほとんど雪跡なし
画像

14:58 最後に丸川峠分岐の駐車場手前の登り凍結していた
画像


今回コース
画像

画像




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック