2013/03/17 鍋割山~塔ノ岳~三ノ塔へ -鍋割山稜から丹沢表尾根-

画像

里山の会や関西に出かけていた為山歩きが出来てなか
った。で帰って来て早々歩きに出かけた。計画立てて
ない時は迷わず大倉尾根を塔ノ岳に向うのだが渋沢駅
でバスが満車状態、人が多そうなので鍋割山へ行って
見ることにした。タクシーで県民の森へ。間伐作業中
でゲートまで入れず。見上げる空は青空、絶景に会え
るかな?二俣を過ぎた所の山肌に今年初めてのヤマル
リソウが咲いていた。すみれも。これから一杯花に会
えるようになるな!ミズヒ沢を渡って本格的登りに、
このところ楽な歩きしかしてないので結構きつい。後
沢乗越でちょっと休憩し、急登り。ふと気が付くと檜
岳山稜の上にちょこっと富士山の白い頭が顔を出して
いた。しかし富士山の全体が見える所まで登った時に
は、残念、雲がその姿を隠してしまった。山頂は3人
だけで静かだった。休憩しながら待ったがまったく見
えなかった。その内姿を現わすだろうと塔ノ岳へ出発
。風が出てきて寒くなった、日差しも雲で遮られ一層
寒く。蛭ヶ岳にも雲が纏わり付いている。鍋割山稜の
尾根は生えているブナの木々と周りの景色が好きだ。
小丸、大丸を過ぎ金冷しへ、鍋割山稜は殆ど雪はなく
大丸からの下りの一部で泥田があるぐらい。金冷しか
らはやはり人が多くなる。下りの人が多い、風が強い
ため早々に下山なのかな?。塔ノ岳では富士山方面は
真っ白。いつも風避けに使っていた廃小屋は壊されて
無く、びっくりした。でも表尾根へ下りところの岩陰
で風を避け休憩。風が強い、しかし南風で我慢が出来
る。北風なら即下山だが今日は一人なので表尾根を降
りることにした。表尾根を降りるのは初めて。風だけ
は注意してスタート。木ノ又大日手前から雪溶けの泥
田状態、その後も要所要所で同じ状況。二ノ塔からの
下り始めの標高1100m付近まで。表尾根は登ってくる
人が多く、団体含め大勢の人とすれ違った。すれ違い
待ちでちょこちょこ休憩しながら歩き、烏尾山でおに
ぎり1個補給し、三ノ塔への急登へ。烏尾山から見る
とあれ登るのかって感じ。結構疲れて来てたので、や
はりきつかった。お地蔵さんを見た時はホっとした。
三ノ塔の避難小屋陰で本格昼食。天麩羅そばとおにぎ
り。下は晴れているようだが山の上は黒い嫌な雲に風
、やはり富士山は見え無い。早々に下山。ヤビツ峠ま
で来るとバスの姿が見えた。ラッキー!最悪は蓑毛BS
まで歩くつもりだったが、スパッツを外し慌てて飛び
乗った。このコース、7.5Kmの尾根を歩く、天気が良
ければ最高かも、と思った。帰り久々に鶴巻温泉に浸
かり汗流し帰宅。久々にしっかり歩けた。


鍋割山<1272m>、小丸<1341m>、大丸<1386m>、塔ノ岳<1491m>、
木ノ又大日<1396m>、新大日<1340m>、行者ヶ岳<1209m>、
烏尾山<1136m>、三ノ塔<1204m>

晴 15.9Km 1915m -1304m
メンバ:単独

渋沢駅6:50→(タクシー@2330)→7:10県民の森
県民の森7:14→7:32二俣→7:51ミズヒ沢→8:08後沢乗越8:12
→8:58鍋割山9:07→9:27小丸→9:34小丸尾根分岐→9:45大丸
→9:54金冷し→10:09塔ノ岳10:24→10:41木ノ又大日→10:53新大日
→11:06書策小屋跡→11:11政次郎ノ頭→11:31行者ヶ岳
→11:49烏尾山11:55→12:21三ノ塔12:39→12:51二ノ塔
→13:25登山口→13:47ヤビツ峠BS

7:23 四十八瀬川を渡る橋手前から 青空
画像

8:32 檜岳山稜の上に富士山
画像

9:10 鍋割山稜のブナ林
画像

9:10 蛭ヶ岳に雲がかかっている
画像

9:22 一瞬富士山が見えた
画像

10:10 塔ノ岳 
画像

10:26 塔ノ岳ではまったくダメ
画像

10:58 正面に三ノ塔
画像

11:06 書策小屋跡から新大日
画像

11:15 行者ヶ岳方面
画像

11:45 烏尾山
画像

11:55 三ノ塔 避難小屋が見える
画像

12:18 お地蔵様 今日は富士山見えないね
画像

12:53 二ノ塔からの下り 雪残り 今回コースで一番の残雪
画像


今回コース
画像






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック