2013/03/21 源氏山 -文化に触れるつもりがハイキングも-

画像

家の耐震補強工事をやっているが今日は工事無し、天
気もよく合間に鎌倉にある近代美術館と鎌倉文学館へ
行こうと女房と出かけた。鎌倉駅で観光案内図をもら
い出発。小町通りの小さな店をきょろきょろしながら
近代美術館へ。おもしろそうな店が結構あった。県立
近代美術館鎌倉・鎌倉別館で「実験工房展」を見て鎌
倉文学館へ向うのだが「大仏ハイキングコース」が地
図の中に記載されており、亀ヶ谷坂切通からその道に
合流することにした。長寿寺の脇を入ってからは狭い
道になり静かな道になった。長寿寺は一般者お断りと
あって入れないが外から見るといい庭のようだった。
もったいない!亀ヶ谷坂切通は扇ヶ谷と山ノ内を結ぶ
切通。20m程登り岩舟地蔵堂へ50m程下る。JRのガー
ドをくぐり、化粧坂切通へ登って行くが途中から急登
り、登り切ると源氏山への尾根。源頼朝像があった。
実際は広場の先の祠があるところが山頂だそうだ。帰
宅して調べて分かった。大仏ハイキングコースを大仏
に向って歩く。途中湘南の海と下に鎌倉の町並みが見
えるところがあり、なかなかいい感じだった。住宅地
が途切れてからは里山歩き、ちょっときつい下りもあ
った。佐助稲荷への分岐で尾根を進む道とそのまま下
る道に分かれるが下る道を降りた。80m程下ることに
なる。市街地を大仏へ。大仏を久し振りに見て、鎌倉
文学館へ。鎌倉文学館は旧前田公爵家別邸とのことな
かなか立派だった。鎌倉ゆかりの文豪直筆の原稿があ
った。入ってすぐの場所に日本百名山の著者、深田久
弥の資料が展示してあった。以前大峰山の山上ヶ岳へ
登った時宿泊した旅館「あたらしや」で直筆の色紙を
見て以来直筆見るのは2度目だ。他知ってる作家の名
前・写真・原稿等あって面白かった。鎌倉付近には源
氏山以外に鎌倉アルプス、衣張山、円海山等々色々あ
るようだ。冬にのんびりいいのかも。歩きが目的でな
かったが偶然の機会でよかった。


源氏山<93m>
晴 7.6Km +237m -237m

鎌倉駅12:10→12:49県立近代美術館→県立近代美術館・別館
→14:10亀ヶ谷坂切通→14:17岩船地蔵堂→14:27化粧坂切通
→14:32源氏山→15:25大仏15:41→15:55鎌倉文学館16:33
→16:45由比ヶ浜駅


12:45 鶴岡八幡宮 近代美術館横鳥居
画像

12:49 入場チケット 65歳以上の券
    実験工房結成メンバーの内2人も生まれ故郷に関係した
    人が居たとは意外だった
画像

14:06 長寿寺 門から中を見た なんか良さそうだが入れない
画像

14:10 亀ヶ谷坂切通 年寄りが上ってくるが達者そうだ
画像

14:17 岩船地蔵堂
画像

14:29 化粧坂切通の登り
画像

14:32 源頼朝像
画像

14:47 湘南海岸と鎌倉市街地
画像

14:48 桜満開
画像

14:53 住宅地から離れ
画像

14:54 下り
画像

14:55 △の印
画像

14:57 佐助稲荷標識
画像

15:02 市街地への下り
画像

15:03 矢印型の印  他に十字の印も
    何の境界の印か?
画像

15:28 大仏と
画像

16:28 鎌倉文学館
    「ミステリー作家 翻訳家」収蔵展
画像


今回コース
画像




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック