2013/03/24 榛名山の榛名富士と掃部ヶ岳へ -山頂はガス!残念!-

画像

昨年行こうとして行けなかった榛名山へ出かけた。榛
名山は中央の榛名富士を掃部ヶ岳、髪櫛山、鳥帽子岳
、二ツ岳、天目山が囲んだ形をとりさらにその外側を
多くの山が囲んだ複雑な形をしている。当初、榛名富
士→鳥帽子岳→髪櫛山と回ろうと思っていたが、山頂
を蔽っているガスが取れそうにないので榛名富士と最
高峰の掃部ヶ岳のピークハントに変更。バスには我々
以外に一組のカップル登山者のみ、手前の天神峠で下
車し終点まで乗ったのは我々だけだった。榛名湖に霧
が降り、幻想的な景色。それを見ながら榛名富士登山
口に湖畔を歩く。湖畔の店は人は少ないが開いている
。登山口近くには乗馬をしてる観光客も居た。時期が
違えば結構大勢の行楽客が来るところのようだ。登山
道は黒い火山土で柔らかい、両側は笹で覆われ、それ
が山頂まで続いた。急斜面で折り返しながら登って行
くが土が削れやすそうで昨日の雨で滑りやすいところ
も。40分程で山頂に到着。富士山神社があった。標識
は見当たらなかったが立派な一等三角点があった。展
望はガスって全く無し、カルデラ湖と周りの山々を見
たかったが残念。休憩してゆうすげ元湯方面へ下った
。笹で覆われこの季節余り下りに使ってないようだ。
この道は北斜面でところどころ雪が残り雪解けの泥田
状態の場所、また落葉の下が凍結して急斜面で滑りや
すい。確かにこの時期降りたくないコースだ。コース
タイムの倍近くかかった。ゆうすげ元湯からは車道歩
き、湖に霧がかかり対岸は見えない。湖畔で釣りをし
てる人が数人いた。ワカサギ釣りかな?国民宿舎に着
き、その入口の先に掃部ヶ岳登山口がある。国民宿舎
には日帰り入浴の旗が立っており下山後入浴すること
にしてスタート。やはり火山土の道、またすぐに笹の
道に。途中から硯岩分岐まで階段。そこから10分弱は
平坦だがそこからは連続階段が続く、間隔が狭く足に
合わなく登りにくかった。登り詰めると急坂の泥田、
登りで滑る。登りきったところから山頂までは痩せ尾
根、すぐ着きそうだが長く感じた。山頂はそんなに広
くなかった。ここでも明るい日差し感じるが真っ白、
展望なし。同じ道を階段でつまづかない様慎重に降り
り、国民宿舎で入浴。展望風呂で天気がよければ最高
だろうにと思った。また秋にでも来るかな?他にも山
が一杯ある様だし。帰りは八高線で帰宅。山歩きより
電車・バスの乗車時間が長かった。

榛名富士<1391m>、掃部ヶ岳<1449m>
曇 9.2Km 716m -693m
メンバ:mkatsuさん

高崎駅8:30→(群馬バス@1270)→9:54榛名湖BS
榛名湖BS10:02→10:25榛名富士登山口→11:05榛名富士11:20
→12:08ゆうすげ元湯→12:33掃部ヶ岳登山口
→12:47硯岩分岐→13:21掃部ヶ岳13:45→14:07硯岩分岐
→14:19掃部ヶ岳登山口・温泉15:08→15:26榛名湖BS
榛名湖BS15:30→(群馬バス@1270)→16:50高崎駅


9:54 榛名湖BSから榛名富士
画像

10:21 榛名湖で記念に 標高1084m
画像

10:22 乗馬してる人も
画像

10:24 榛名富士登山口
画像

10:47 笹の道
画像

10:59 火山土で急勾配
画像

11:08 山頂にあった図
画像

11:06 山頂 富士山神社
画像

11:07 立派な一等三角点
画像

11:16 二人で 後富士山神社
画像

11:21 ゆうすげ元湯方面降り口 笹やぶみたい
画像

11:25 急で結構崩れている
画像

11:30 下り
画像

11:39 ちょこちょこ残雪
画像

12:10 車道に下りて
画像

12:11 鳥帽子岳登山口の標識
画像

12:33 国民宿舎吾妻荘先の掃部ヶ岳登山口
画像

12:38 登山道
画像

12:47 鞍部 硯岩分岐
画像

12:56 階段道 延々と登っている 標高差100mちょっとあるようだ
画像

13:12 やっとこ頂上から伸びる尾根に
画像

13:17 山頂への道
画像

13:24 掃部ヶ岳(かもんがたけ)山頂
画像

13:25 周囲は真っ白!
画像

今回コース
画像






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック