2013/05/07 本仁田山(奥多摩)へ -木立の間からすっきり富士山!-

画像

編笠山へ登った後もう一つ八ヶ岳の山を登るつもりで
あったが急遽帰宅。ちょっと要求不満。友人のPeakHu
nterさんが最近登られ、私はまだ登ったことのない本
仁田山に出かけた。コースは奥多摩三大急登の大休場
尾根を登り、杉ノ殿尾根を鳩ノ巣駅へ降りるコース。
奥多摩駅を出て歩き始める、山間の空は青空!今日は
気温低いが気持ち良い。ます釣り場ではもう数人釣っ
てる。安寺沢までは舗装道。スミレ、ミヤマキケマン
、シャガが咲いている。安寺沢からは急登。樹林帯を
九十九折れで登って行く。ガレぽい乾燥した道。ちゃ
んと足を運ばないと足が空スベリで疲れる。250m程登
ると尾根にたどり着く。途中滑落注意の標識もあった
。下りは気をつける必要あるなと・・・。そこからの
大休場尾根道はそこまでと違い道広くちょっと緩やか
、緊張が取れて気持ちがいい。しかし、徐々に傾斜が
きつくなり油断すると靴がカラ滑りする。花折戸尾根
との分岐の標識が見えるとそこからはすぐ山頂。山頂
にはベンチが二本、東側の木が伐採されて居て関東平
野?の展望ちょっと霞んでいるが広々と広がっている
。南西の木立の間から富士山すっきり澄んで、御前山
の横上に見える。素晴らしい。独り占めの静かな山頂
。陽だまりのベンチでのんびり。電波も通じ電話、「
最高の気分だ!」。時間早いがもってきたカップうど
んとコーヒータイム。ぼちぼち降りるかと準備してた
ら女性が一人、川苔山予定が予定した道が通行止でこ
ちらへ来たとか・・・以前川苔山へ登ったが大分道が
変ってるようだ。コブタカ山方面に一気に下る、しか
し大休場尾根に比べれば楽だ。コブタカ山からの杉ノ
殿尾根は自然林で木々に新芽、また木立の間から平行
に川苔山から伸びる赤杭尾根の新緑も見え気持ちがい
い。標高1000mまで下ると樹林帯へ、ここからは黙々
と下る。わずかにスミレ等花が見られると救われる。
スミレ、カンアオイ、チゴユリが見られた。大根ノ山
ノ神まで降りると以前川苔山へ登った時の記憶が「こ
こ来た!来た!」。ここからの下りも結構長く感じる
。人家が見え舗装道へ、そこからはわずかで駅に着く
が結構な坂道だ。総時間4時間のコースだったがなか
なかのコースだった。これで奥多摩三大急登の鷹ノ巣
山(稲村岩尾根)、本仁田山(大休場尾根)を登った
ことになり残すは、六ッ石山(水根集落~トオノクボ
)。今度登ってみよう。帰りいつもの河辺温泉に浸か
り帰宅。

本仁田山<1224m> 奥多摩
晴 9.3Km +962m -973m
メンバ:単独

奥多摩駅8:21→8:57安寺沢→9:28大休場9:33→10:20本仁田山11:00
→11:13コブタカ山→12:01大根ノ山ノ神→12:31車道→12:37鳩ノ巣駅


8:51 山間から青空 いい日だ!
画像

8:57 安寺沢 舗装道も終わりこれから急登
画像

9:00 ホウチャクソウが
画像

9:05 九十九折れで急登
画像

9:13 滑落注意看板 下りに使いたくない感じ
画像

9:15 ちょと開けて
画像

9:22 下見ると急
画像

9:28 やっと尾根
画像

9:29 標識 大休場
画像

9:36 ここから大休場尾根 広い
画像

9:43 ゆるやか
画像

9:49
画像

10:15 下見ると結構急だ
画像

10:17 富士が見える
画像

10:17 花折戸尾根分岐
画像

10:19 山頂から
画像

10:20 木立の間から富士山
画像

10:37 山頂で
画像

10:40 カップうどんで
画像

11:15 コブタカ山からの杉ノ殿尾根
画像

11:17 平行した赤杭尾根 新緑
画像

11:27 ここからまた樹林の中へ
画像

11:55 チゴユリ
画像

12:02 大根ノ山ノ神
画像


今回コース
画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック