2013/08/05-06 塩見岳~北岳縦走1 -鳥倉~熊ノ平- 

画像

日本の3000m峰は21座で昨年で後4座のところまで来
た。残っている塩見岳へ登るために塩見岳~北岳縦走
ツアーに参加した。3泊4日のうち熊ノ平山荘までの
前半の2日間。

三伏山<2615m>、本谷山<2657m>、塩見岳<3052m>、北荒川岳<2697m>
安部荒倉岳<2692m>、三峰岳<2999m>、間ノ岳<3189m>、
中白根山<3055m>、北岳<3193m> 36.5Km +3430m -3502m

13/08/07-08 熊ノ平~広河原 3、4日目へリンク!
13/08/05-08 全体概要へリンク!

<1日目>8/5
越路BS▲(ゲート)12:22→13:00鳥倉登山口▲13:07→13:25「1/10標識」
→13:46「2/10標識」13:50→14:07「3/10標識」→14:24「4/10標識」
→14:36休憩14:41→14:46「5/10標識」→15:01「6/10標識」
→15:09水場▽15:12→15:21休憩15:27→15:42「8/10標識
→15:48堀川小屋分岐→15:53「9/10標識」→16:18三伏峠小屋▲
曇一時雨 6.8Km 949m -26m

新宿から鳥倉登山口手前の越路BSまで中央道をバスで
走り12時過ぎに到着。トイレを済ませ雨予報のため雨
具の下を履き、ザックカバーを付けてて林道歩きスタ
ート。鳥倉登山口まではまったく平坦、キリンソウ、
キツリフネ、ヒヨドリソウ、ソバナ、コオニユリが咲
いていた。鳥倉登山口ではバス待ちの人が5、6人の
んびりしていた。日本で最も高い峠三伏峠まで約4km
の表示があった。カラマツ林の中をジグザグに登り始
める。センジュガンビ、ホトトギス、ハリブキが咲い
ている。結構下草が多く濡れる。雨具の下を履いたの
は正解だった。標高1900m付近で突然「1/10」の標識
が現われた。三伏峠までの標識ある程度位置が分かり
励みになった。段々草の丈が低くなり、苔むした樹林
帯へ進む。サワギクが見られる。標高2100m付近で樹
林が切れ付近が見られる所があるが、周りの山は上に
ガスがかかっていた。雨かも?標高2200m付近が「4/
10」、セリバシオガマ、ゴゼンタチバナ、カニコウモ
リが見られる。段々暗くなりガスがかかって来るよう
になると、やっと5/10標識、半分だ。木のはしご橋、
階段が現れ、すべり易く慎重に進む。コバノイチヤク
ソウが頻繁に現れそうこうしてると水場に到着、暑い
時期有難い。塩川小屋分岐を過ぎて雨が激しくなり傘
を指すことになったが時間的には短かった。一日目の
最後に現れた花はミヤマホツツジだった。三伏峠小屋
が霧の中ボーっと現れ、今日はここまでホッとした。

13:01 鳥倉登山口
画像

13:10 早々急登
画像

14:29 「4/10標識」過ぎて 標高2224m付近
画像

14:52 コバノイチヤクソウ
画像

15:19 木の梯子階段 (水場を過ぎて)
画像

15:25 オサバグサ
画像

15:42 「8/10標識」付近 標高2420m付近
画像

16:18 三伏峠
画像

<1日目の花>
キリンソウ、キツリフネ、ヒヨドリソウ、ソバナ、コオニユリ、
センジュガンビ、ホトトギス、ハリブキ、サワギク、
マルバタケブキ、ギンリョウソウ、セリバシオガマ、
ゴゼンタチバナ、カニコウモリ、コバノイチヤクソウ、
ミヤマホツツジ

<2日目>8/6
三伏峠小屋▲4:48→5:01三伏山→5:57本谷山6:05→6:59休憩7:04
→7:41塩見新道分岐→7:56塩見小屋▲8:20→9:37塩見岳西峰9:39
→9:41塩見岳東峰10:05→10:16雨具着用10:19→10:35北俣岳分岐10;40
→11:04休憩11:15→11:59北荒川岳キャンプ場跡12:10→12:19北荒川岳12:22
→13:04休憩13:12→13:44竜尾見晴13:50→14:55安倍荒倉岳14:59
→15;31熊ノ平小屋▲▽
曇一時雨 15.5Km +1310m -1293m

午後には雨になる予報、雨になる前に塩見岳を越え、
樹林帯へ入ってしまいたいとスタートを30前倒しで出
発。まずは三伏山。ガスの中で周囲ははっきりしない
。徐々に日が上がるにつれガスもとれ右手の樹林の間
に塩見岳が見えるようになってきた。標高2500m付近
で西側が開けてるところからはぼんやりだが中央アル
プスの全体が見える。雲の海に漂う感じだ。タカネグ
ンナイフウロ、トモエシオガマが雨に濡れて静かに現
れた。本谷山への登りに入るとマルバタケブキの草原
を登って行く感じになった。混じってタカネコウリン
カ、ハクサンフウロが見られた。本谷山からはやはり
全体に薄い雲がかかりぼんやり展望だった。ちょっと
残念。本谷山から若干下りながら尾根を歩いて行くが
塩見岳が段々迫ってくる感じになる。結構倒木がある
樹林帯を権右衛門山を巻きながら進み塩見新道分岐へ
、ハイマツの中ハクサンシャクナゲが残っている。足
元にはツマトリソウ。森林限界を越え周囲の山々が見
えるが山頂辺りは雲に捕まってわからない。塩見小屋
に到着、着いて早々携帯トイレの使い方説明があった
。初めて。軽く食事をして出発。霧の中ハイマツの尾
根を進む、段々岩稜帯に入っていくとイワツメクサ、
ミヤマダイコンソウ、タカネヒコダイが見られる。徐
々に岩場が厳しくなってくる。ガスがかかりここで天
候が崩れると嫌だと思いながら登って行く。まず西峰
、それから東峰に。山頂は狭く交代で写真撮影。ガス
で展望がないのが残念である。近辺にはイワベンケイ
やイブキジャコウソウ、シコタンソウ、タカネツメク
サ等結構咲いていた。塩見岳から北俣岳分岐に150m程
下るがその途中で雨が降り始め雨具を着用した。塩見
岳への登りの岩場は過ぎておりラッキーだった。現れ
る花には水滴が付きこれも可愛い。北俣岳分岐で休憩
、雨は上がり雲海の中に山々が姿を現し始めた。ここ
から250m程下るが、段々雲が取れこれから歩く尾根道
が見られいい気分だった。道脇のガレ場にはタカネビ
ランが可愛い。下りが一段落した場所で休憩。後方の
塩見岳の右にはちょこっと塩見小屋が見える、前方に
は間ノ岳や甲斐駒も姿を現した。仙丈から農鳥岳が一
望、嬉しくなる景色だ。今度は農鳥岳へ歩いてみたい
。富士も現れた。天気は回復傾向これからはいい景色
に会えるだろう。北荒川岳キャンプ場跡手前の標高27
19m付近では突然マルバタケブキの群生だ現れた。す
ごいこんな光景初めてだった。イブキジャコウソウの
群生も現れキャンプ場跡へ到着。のどかだ。北荒川岳
はピークの感じがしない場所、ガケっぷちにちょこっ
とある感じだった。北荒川岳から下り始めるとハイマ
ツ帯へ、バイケイソウの群生地を通り、樹林帯へ。新
蛇抜山は気づかず。岩場が現れた。竜尾見晴らしい。
休憩し岩場を約10分で通過、再び樹林帯へ。安倍荒倉
岳は登山道から外れているがちょこと標識があり寄っ
た。再び展望いい尾根を歩き樹林帯に入ると15分弱で
宿泊地の熊ノ平へ到着。長い歩きが終わった。小屋前
のテラスからは農鳥岳が正面に見え食事までの一時ビ
ールを飲みながら歓談いい時間だった。

5:01 三伏山にて
画像

5:02 三伏山からの尾根道
画像

5:29 塩見岳が見える(三伏山と本谷山の鞍部付近)
画像

5:37 トモエシオガマ
画像

5:41 マルバタケブキの斜面(本谷山への登り)標高2570m付近
画像

5:59 本谷山にて
画像

7:40 塩見新道分岐
画像

7:50 塩見小屋手前 標高2670m付近
画像

7:56 塩見小屋
画像

8:32 ガスって来た
画像

8:50 岩場
画像

8:56 タカネヒゴタイ
画像

8:57
画像

9:07 後300m弱まで来た
画像

9:22 最後の岩場
画像

9:33 あの先です
画像

9:39 塩見岳西峰にて
画像

9:39 向こうに東峰
画像

9:47 塩見岳にて
画像

10:11 尾根道 標高2989m付近
画像

10:26 雲海 仙丈ヶ岳あたりが見える (北俣岳分岐手前)
画像

10:35 残っていたチングルマ
画像

10:43 北俣岳分岐からの下り
画像

11:01 間ノ岳、農鳥岳が前方に 標高2760m
画像

11:04 タカネビランジ 標高2750m付近
画像

11:05 降りてきた塩見岳
画像

11:10 仙丈ヶ岳、甲斐駒、間ノ岳、農鳥岳がはっきり
画像

11:55 マルバタケブキ群生(北荒川岳キャンプ場跡手前)
画像

12]20 塩見岳 ここまで降りてきた
画像

12:22 北荒川岳にて
画像

14:00 竜尾見晴の先の岩場
画像

14:57 安倍荒倉山
画像

18:02 熊ノ平山荘テラスから農鳥岳
画像

<2日目の花>
タカネグンナイフウロ、トモエシオガマ、マルバタケブキ、
タカネコウリンカ、ハクサンフウロ、ハクサンシャクナゲ、
ツマトリソウ、ナナカマド、イワツメクサ、ミヤマダイコンソウ、
タカネヒコダイ、コケモモ、チシマギキョウ、イワベンケイ、
タカネツメクサ、イワオウギ、イブキジャコウソウ、
シコタンソウ、ミヤマコゴメグサ、ミネウスユキソウ、
ヨツバシオガマ、ウサギギク、イワオトギリ、ハクサンイチゲ、
アオツガザクラ、チングルマ、タカネビランジ、シロバナヘビイチゴ、
ウメバチソウ、クロマメノキ、


13/08/07-08 熊ノ平~広河原 3、4日目へリンク!
13/08/05-08 全体概要へリンク!







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック