2013/11/06 編笠山(八ヶ岳)へ -白馬岳までくっきり!最高-

画像

今日までは天気がよさそう、絶景を求めて登ろう。い
つもより遅めにスタート。防火帯は薄がのび背が高い
、人が歩いてないのか道に覆いかぶさり頬を撫でる。
朝日が紅葉したカラマツに当りひかり、青空に溶け込
む。ひんやりとした静かな防火帯を登る、キーン、鹿
の泣き声。もう少し時間が早いといくつもの鹿の集団
が防火帯を横切るのだが今日は2匹のみ、薄が邪魔に
なるのか大きく跳ねた。富士見平では車が止まり写真
撮りの人が数人カメラをセットして話し込んでいる。
何時ものように展望台を経由して雲海へ。富士山はま
だ雲海の上。観音平からの道と合流するので登山者が
休憩しているが今日は静か。風も無く暖かでやはりシ
ャツ一枚でいい。ベンチを過ぎ、岩の道に入ると10分
程で押手川、今日は人が居なく静かだ。ぼんやり休憩
、横岳の杣添尾根を思い出した。標高2300m付近の展
望所では雲海と富士、南アルプス。今日の北アルプス
の展望が非常に気になるので早々に上へ。山頂には夫
婦が1組。やはり、絶景!白馬から全部見える。白馬
岳、五竜、鹿島槍、立山、燕、常念、槍、穂高、乗鞍
、御嶽、木曽駒、空木、仙丈、甲斐駒、北、鳳凰、も
ちろん富士山、金峰!!!ヤッター!そんなに風も無
くゆっくりできそう。夫婦連れが去った後景色独り占
め。一しきり楽しみ、権現、赤岳を向いて持ってきた
おにぎり一個とハムとコーヒで寛いでいると同世代と
若者が登ってきて三人になり賑やかに。若者は高い山
初めて、もう一人は今年この近くに移り、今年赤岳8
回登ったそうだ。二人が去り、また一人占め。今度は
5人組の若者が、このグループも初めてで絶景に歓呼
していた。見える山の名前を教えてあげると非常に喜
んでくれた。何人かは山に嵌るんだろうなあー、いい
事だ!再び静寂。その気になれば権現を回ることも出
来た、風の無い日差しがいい日だったが絶景で大満足
して下山。途中3-4組の登山者に会ったが上は絶景
ですよと伝えると皆「にっこり!」好きなんだなあ。
大満足の山歩きでした。

編笠山<2524m>
晴 13.5Km +1365m -1359m
メンバ:単独

富士見6:31→6:38登山口6:42→7:25富士見平7:28→7:43展望台7:46
→8:04雲海8:12→8:39押手川8:48→9:13展望所2300m9:18
→9:47編笠山11:12→11:37展望所2300m→12:01押手川
→12:25雲海→12:40展望台→12:52富士見平13:04
→13:41登山口→13:49富士見

6:44 すすきが遮る防火帯
画像

6:57 カラマツの間を
画像

7:25 富士見平から南アルプス
画像

8:04 雲海にて 雲海の上の富士山
画像

9:05 静かな樹林歩き
画像

9:15 標高2300m付近 から南アルプス鳳凰、北岳、甲斐駒
画像

9:44 山頂直下から 富士山
画像

9:45 山頂直下から カラマツの紅葉と南アルプス
画像

9:52 八ヶ岳
画像

9:54 爺、鹿島槍、五竜、唐松、白馬、小蓮華
画像

9:54 燕、立山、剱岳
画像

9:54 穂高、槍、常念
画像

9:54 乗鞍
画像

9:54 御嶽
画像

9;54 北岳、甲斐駒
画像

9:55 鳳凰
画像

10:56 西岳と北アルプス カラマツの紅葉
画像

11:08 北をバックに 三角点にカメラおいて
   この後カメラ風で落下
画像

11:12 金峰、瑞牆
画像

12:53 富士見平にて
画像




北アルプスはもう雪の世界、高い山はあっと言う間に
冬山に変わってしまう時期2500m越えの山は今年はこ
れで終わりかな!これからは丹沢、奥多摩の山歩きだ








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック