2014/01/21 弥生文化博物館、飛鳥資料館へ ー飛鳥散策もー

画像

saiさんが弥生文化博物館、飛鳥資料館、桜井市立埋
蔵文化財センターの企画展を見に関西へ出かけるとの
事、久々に以前興味がありめぐったことのある場所で
もあり同行した。朝一番の電車で出発、弥生文化博物
館のある阪和線の信太山駅には9:15に到着した。


弥生文化博物館
平成25年度冬季企画展は「王の系譜-稲作の伝来か
ら前方後円墳の成立-」。和泉地区の解説があった。
縄文は後期が多いそうだ。やはりメインは弥生中期、
曽根池上遺跡。その後他の地方と同じく弥生中期末か
らは拠点集落が消え小規模のムラに変わり、高地性集
落に、末期にはこの高地性集落がなくなり、銅鐸祭祀
もなくなる変化が現れるそうだ。隣接の曽根池上遺跡
には2002年に訪れており、大型の高床建物の記憶は残
っているが博物館は記憶に残っていなかった。縄文式
土器に興味を持ち各地を回った頃なので弥生時代は興
味なく記憶に・・・。記憶にないまま今回14枚写真を
撮った。気になったので過去に撮った写真を調べてみ
たら博物館も訪れており、7枚写真を撮っていた。不
思議なことに今回撮った14枚の写真に全て含まれてい
た。志向は変わらないのか、進歩してないのか?

展示品
画像

画像

画像

2002年写真
画像

見学を終え、次は飛鳥資料館での「発見30周年記念 
キトラ古墳壁画特別公開」へ。天王寺まで戻り、近鉄
で橿原神宮前へ。そこからバスで飛鳥資料館へ。13時
頃に到着した。資料館バス停の飲食店で saiさんお勧
めの「葛あんかけうどんミニとろろ丼セット」の昼食
を取った。葛あんかけは暖かくて体が温まり良かった
。久し振りの飛鳥資料館、亀石、猿石と須弥山石等が
出迎えてくれる。入場して「白虎」と「玄武」を見学
、他に高松塚の展示も。彩色壁画、約1300年前残って
いるのはすごい。館内で高松塚の彩色壁画発見のビデ
オが流れていてそれも面白かった。発見者は興奮だろ
うなあと・・・。


13:13 葛あんかけうどんミニとろろ丼セット
画像

石人
画像

画像

白虎再現展示
画像


飛鳥資料館見学を終え、本日の予定は終了。15時前な
のでバスに乗らず、飛鳥駅まで遺跡を見ながら歩くこ
とにした。飛鳥座神社から飛鳥寺、飛鳥寺は saiさん
お気に入りの飛鳥大仏に対面。右から見るのと左から
見るのとでは表情が違い、左からが優しい。以前はそ
う好きな仏像ではなかったが今回ちょっと意識が変わ
った。入鹿の首塚から橘寺へ向かう途中で大規模な発
掘現場があり飛鳥京跡苑池と掲示があった。今後なに
が出るのか興味深い。橘寺から亀石、天武・持統天皇
陵を通り、鬼のまな板、鬼の雪隠、欽明天皇陵、吉備
姫王墓で飛鳥駅に16時40分に到着。関東ならもう暗く
なってるのに流石に西は明るい。ただ宿泊地の奈良に
は18時になり流石に暗くなった。居酒屋で軽く反省会
し、ホテルに帰り途中で購入した「飛鳥の蘇」を肴に
追加反省会をして明日のため早めに就寝した。久々に
歴史を感じた一日だった。

約6Km +80m -96m
飛鳥資料館14:45→14:56飛鳥座神社→15:00飛鳥寺→15:19入鹿の首塚
→15:43橘寺→16:12天武・持統天皇→16:20鬼の雪隠→16:28吉備姫王墓
→16:40飛鳥駅

14:56 飛鳥座神社
画像

15:09 飛鳥大仏
画像

15:10 聖徳太子像
画像

15:20 入鹿の首塚
画像

15:33 発掘現場
画像

15:52 橘寺 二面石
画像

16:03 亀石
画像

16:08 天武・持統天皇陵
画像

16:20 鬼の雪隠
画像

16:29 吉備姫王墓 の猿石
画像

画像





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック