2014/01/22 三輪山登拝 と 山の辺の道 ー古代の道にロマンー

画像

saiさんとの旅2日目。今日は桜井市立埋蔵文化財セン
ターでの箸墓再考の特別展、山の辺の道を歩いた事が
ないとのことでセンターへ行く前に柳本駅から山の辺
の道へ入り一部を歩き、箸墓へ。また折角なので大神
神社のご神体でもある三輪山へも登拝を計画した。最
後は時間的に余裕が出来、桜井まで歩くことが出来た


三輪山<467m>、山の辺の道
晴 17Km 663m -658m
メンバ:saiさん

<柳本駅~桜井埋蔵文化~大神神社>

柳本駅8:00→8:08黒塚古墳8:11→8:17崇神天皇陵→8:31櫛山古墳
→8:48景行天皇陵→8:57額田王歌碑→9:02ひもろぎ遺跡→9:11珠城山古墳
→9:37巻向駅9:42→10:02箸墓→10:20桜井埋蔵文化財センター10:43
→10:49昼食11:17→11:28大神神社→11:34狭井神社

柳本駅を8:00に出発、黒塚古墳へ。3世紀末頃の前方
後円墳で33面の三角縁神獣鏡が出土したことで有名。
朝早く展示室は開いてなく残念。次は崇神天皇陵、行
燈山古墳で全長242mで景行天皇陵に続く大きさ。裏手
には双方中円墳の櫛山古墳、4世紀後半で全長155mの
古墳。二つの古墳を後に景行天皇陵へ山の辺の道を歩
く。過去4回ほど歩いているがこの時期は初めて。畑
に何も無い季節、風はないが寒く、奈良の底冷えを感
じる。景行天皇陵は渋谷向山古墳で全長300mの古墳時
代前期最大の古墳。ほどなく額田王歌碑が現れる。「
三輪山を しかも隠すか 雲だにも 心あらなも 隠
さふべしや」。ここから正面に三輪山が見られ、なだ
らかな優しい山に見える。山の辺の道は桧原神社へ向
かうが桜井埋文へ寄るため道を外し、珠城山古墳から
巻向へ向かった。珠城山古墳は以前赤土色の古墳だな
と思っただけであったが今回上って見た。石室もあっ
たが、ここから景行天皇陵の全貌が見られ良かった。
巻向駅を経由して箸墓へ歩くのでちょっと市街地に入
るが、ここは依然巻向遺跡を探し歩いたことがある所
、わかりにくくうろちょろした記憶がある。箸墓は大
きいのでよく分かる。箸墓の環濠の水はほとんど無く
以前の風景と変わりちょっと興ざめだった。ここから
も三輪山はよく見える。箸墓の正面を通り桜井埋文セ
ンターに到着、展示を見学した。宮内庁所蔵の壺や埴
輪など貴重な資料が展示されていた。二重口縁壺や二
重口縁壺形埴輪など。見学を終え昼は三輪そうめんを
食べた。店のおばさん今日最初の客だということで餅
をサービスしてくれ、いろいろの資料までくれた。こ
れが後でなかなか役立った。

8:06 黒塚古墳
画像

8:15 崇神天皇陵 正面
画像

8:22 崇神天皇陵環濠から
画像

8:35 崇神・景行天皇陵掲示写真
画像

8:48 景行天皇陵
画像

8:57 額田王歌碑 遠く三輪山
画像

9:12 珠城山古墳
画像

9:14 珠城山古墳から景行天皇陵
画像

9:58 箸墓
画像

10:29 二重口縁壺
画像

11:06 「味処万葉」で食べた三輪そうめん にゅうめん
画像

11:28 大神神社
画像

<三輪山登拝>

狭井神社登拝口11:47→12:04三光の滝→12:29奥津磐座(三輪山)12:37
→12:58三光の滝→13:14狭井神社登拝口

三輪山登拝は大神神社の北手の狭井神社から入山初穂
料300円を納め、入山注意事項を聞き、襷(三輪山
参拝証)を頂き、登拝口でお祓いをしてスタート。襷
を襷掛けしたら、正面に付けくれと言われた、襟に当
たるそうだ。行程は4Km、2-3時間と書かれてあっ
た。写真もダメなので写真は登拝口の写真のみ、ちょ
っと残念だが御神体、しかたがない。道には数字の標
識があり⑨が頂上だ。スタートからは階段を上がるが
途中から平坦な尾根道、沢を越えて沢沿いを緩やかに
登って行くと建物がありそこが三光の滝、着替え場所
もあり修行の場だ。そこからは急坂一気に登る。一旦
緩やかになり再び急坂で縄で区画された中津磐座、脇
を登って行く。ここから⑥の標識までが緩やかな傾斜
だが長く感じた。再び急坂を登て行くと高宮神社があ
りその奥が奥津磐座、山頂だった。その場所だけ岩が
ゴロゴロ、初めから有ったのか、持ち上げたのか?御
神体なので神社、奥津磐座とも丁寧にお参りし下山。
ビックリしたのは前後して登った女性と下りてくる女
性の二人、裸足であったこと。そういう風習があるの
かも?約1時間半で登拝し、一つ記念になった。

11:46 狭井神社登拝口でお祓い
画像

画像

注意事項
画像

13:16 下山後 登拝口で
画像

<大神神社~桜井駅>

狭井神社13:32→13:37大神神社→13:44平等寺→13:50磯城瑞籬宮跡
→13:53金屋の石仏→14:03海石榴観音→14:11仏教伝来地→14:35桜井駅

登拝の後少し休憩、当初ここから三輪駅に戻り予定終
了の計画であったが早く降りて来られたので山の辺の
道の続き桜井駅まで歩くことにした。三輪成願稲荷社
、三輪山平等寺を経て磯城瑞籬宮へ。三輪山平等寺は
開基が聖徳太子で本堂、二重塔など立派だった。磯城
瑞籬宮は第十代崇神天皇の皇居跡とか。東は泊瀬道(
伊勢を経て東国へ)、南は磐余道(飛鳥を経て紀伊へ
)、北は山の辺の道(奈良を経て北陸へ)、西は大和
川(水運で難波、瀬戸内海へ)。古代大和王朝の「し
きしまの大和」と呼ばれる重要拠点とあった。それか
ら金屋の石仏、海石榴観音を経て泊瀬川畔の仏教伝来
地の碑へ着いた。山の辺の道はまだ天理から柳本の北
部分は歩いたことがなく今度一気通貫で歩いてみたい
と思った。

13:45 平等寺
画像

13:47 竹林
画像

13:51 磯城瑞籬宮跡
画像

13:54 金屋の石仏
画像

14:06 海石榴観音
画像

14:11 仏教伝来地碑
画像


今回コース
画像





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック