2014/02/04 雪の笹尾根へ -土俵岳から生籐山-

画像

1日、朝の散歩で saiさんが「生籐山行ったことある
?」との問いかけ、「あるが一度笹尾根を生籐山へ下
って見たい、雪がある時がいいなあ」と。4日天気予
報が雪。行こうと話が決まり出かけた。霧雨の中武蔵
五日市からバスで笛吹入口へ。登山者姿は我々と若者
一人。登山口から尾根に登りつめたところでテープが
あり?。問題が有ればその時と進んだ。途中から伐採
されてこの作業の事かと、幸い作業されてなく進むこ
とにした。伐採地は細かい山土で柔らかく崩れるよう
にすべり歩きにくかった。地図には丸山への直登はな
かったが案内があり丸山へ進んだ。このあたりから霧
雨は雪になり、丸山山頂からは薄ら雪道。だらだら下
がり小棡峠へ。ここで伐採での通行止め掲示をちゃん
と読んだ。調査不足と注意不足、雪に気取られ・・・
反省です。ほとんどなだらかな尾根道を進む。下がり
ながら時に少し登る感じ。雪は細かくさらさら。土俵
岳で記念撮影、土俵入り。日原峠に着く頃は一面真っ
白に。期待通り。標識に日本山岳耐久レース24.7Km地
点とあった。奥多摩山域71.5Kmを走るレースのようだ
。雪はどんどん降ってくる、樹林が密集した場所で食
事を取る事にしてカップラーメンを食べた。あっと言
う間にザックの上は雪。手袋を脱ぐと指先が凍える。
風が強くないのが救いだ。ちょっと下ってはちょっと
登る道、雪を踏みしめ歩く。小さな石の祠と東屋が現
れた。浅間峠のようだ。東屋があるならここで休めば
よかったと・・・。ますます雪で道はふかふか、上り
下りを繰り返しひょっと見上げれば坊主山の看板が標
高851m、そうなんだと思う・・・、今度は階段が現れ
辛い。熊倉山への登りだ。ちょっとなだらかになり再
び急登りで熊倉山。生籐山まで1.3Kまで来た。急坂を
下り、登り返しを繰り返し軍刀利神社に、日本武尊の
休憩所で軍を調えた場所とあった。約15分で三国山に
到着、山梨、東京、神奈川の県境。そこから生籐山は
すぐ岩場を登れば頂上。なにも見えず、しかし二人の
目標達成。バンザイ!ここからはバスの時間を気にし
ながら鎌沢へ下山。この道はなだらかで歩きやすい道
。雪が多く雪山雰囲気。問題は車道に出てから傾斜が
急で滑る、スピードが上がらず、バス時間は迫る。な
んとか時間に到着したが今度はバスが来ない。諦めて
駅まで歩くつもりになった時バスらしいエンジン音。
雪の車道歩きを無くなりほっとした瞬間でした。期待通り雪
の山歩きを堪能した一日だった。笹尾根は歩き易いが
展望余り無いようで秋の紅葉の時期か雪の山歩きかか
なと思った。

丸山<1098m>、土俵岳<1005m>、坊主山<851m>、熊倉山<966m>、
三国山<960m>、生籐山<990m>
雪 16.8Km 1278m -1448m メンバ:saiさん


笛吹(うすしき)入口BS8:25→8:44登山口→9:34笛吹峠・丸山分岐
→9:58丸山10:07→10:26小棡峠→10:57土俵岳11:04→11:15日原峠11:18
→11:39昼食(877m地点)12:04→12:25浅間峠12:29→13:03坊主山
→13:31熊倉山13:35→13:48軍刀利神社→14:04三国山→14:12生籐山14:19
→15:10鎌沢休憩所→15:36鎌沢BS


8:27 石仏が
画像

9:21 伐採地区
画像

9:34 丸山・笛吹峠分岐
画像

9:44 丸山へ
画像

9:59 丸山にて
画像

10:02 笹尾根標識
画像

10:24 土俵岳へ
画像

10:26 気づかなかった掲示
画像

10:58 土俵岳で土俵入り
画像

画像

11:16 日原峠 日本山岳耐久レース24.7Km地点
画像

12:25 浅間峠 東屋
画像

13:03 坊主山
画像

13:31 熊倉山登り
画像

13:31 熊倉山
画像

13:35
画像

13:47 笹に雪
画像

14:14 生籐山
画像

14:57 雪景色の中で
画像

14:58 つばきが
画像

14:59
画像

15:17 ザックに雪
画像


今回コース
画像

画像





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

驚いた
面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック