2014/02/11 雪の丹沢 大山へ -雪山歩きを楽しむ-

画像

nonboさんとは今年の初登り。丹沢山は積雪1mの情
報、期待して雪の大山へ出かけた。ヤビツ峠へのバス
は出ておらず、蓑毛からスタート。標高400m付近で除
雪中、その先から雪道。溶けかけた雪道でシャーペッ
ト状、カチカチではなく普通に歩けた。春岳沢を渡っ
た辺りからは普通の雪になり、雪溜りも出てくる。ま
だアイゼン着けるほどではなかったが今回三人とも新
アイゼン、試しも兼ねて標高560mでアイゼン装着。こ
れでスピード遅くなるがスリップの心配なくなり楽し
める。ヤビツ峠手前は雪溜りの傾斜地のトラバースが
数か所。ヤビツ峠でベンチがある辺りは風の通り道、
寒い、風を避けて休憩。ヤビツ峠からイタツミ尾根を
登るが風は冷たく雨具で防寒。風で雪が飛ばされた所
は雪がなく、吹溜りはかなりの雪量、ズボ足状態。深
みを避けトレースがついているが木立の間で歩きにく
い。残念ながら富士山は雲の中、風があるのでそのう
ち姿現すのではと期待して登る。合流点の二十五丁目
に近づくと登山道は吹溜りで歩けず、避けて歩ける所
を歩く状況。冬山はどこでもこうなるんだと・・・。
二十五丁目手前からの展望は富士山も姿を現し、いい
展望だ。三ノ塔から塔ノ岳へ、そこから丹沢山、丹沢
三峰。正月に歩いた蓬平、ヨモギ尾根もよく分かる。
展望を楽しんだ後山頂へ、山頂は大勢の人、空いてる
ベンチがない。少し待ってベンチで昼食、手袋を脱ぐ
とすぐに手がかじかむ、簡易温度計は氷点下3度ぐら
い、風があるからもっと寒く感じる。当初降りれるな
ら梅ノ木尾根を降りて見たい気はあったが取りやめ下
山開始。 ytaさんのアイゼンが凍結で片方装着出来ず
、予備で持ってきた4本アイゼンを片方に付け降りた
が4本側は役目果たさず滑る、滑る。見晴台まで来て
、この状態で日向薬師コースを降りるのはあきらめ、
ケーブルで降り早く温泉へ行こうと言うことになり、
下社へ向かった。この道も結構雪があり注意しないと
滑落しそうだった。無事下社へ到着、ケーブルへ。ち
ょっと雪がハラハラし始めたが、下は降ってなかった
。その後いつものさざんかの湯に浸かり反省会。 yta
さんは登山二回目で二回とも雪山だ。


大山<1252m>
晴 9.3Km 1052m -713m 
メンバ:nonboさん、ytaさん

蓑毛BS8:35→9:03春岳沢→9:23アイゼン装着9:36
→10:17ヤビツ峠10:32→12:03二十五丁目12:07→12:21大山13:16
→13:36不動尻分岐→14:30見晴台14:34→15:03下社ケーブル

8:46 早々の雪道
画像

9:05 春岳沢の橋付近
画像

10:00 標高690m付近
画像

10:09 上からの雪が 標高730m付近
画像

11:06 木立の隙間にトレース 標高900m付近
画像

11:37 標高1030m付近
画像

11:52 吹き溜まりを越える 標高1120m付近
画像

11:53 1m近い積雪
画像

12:00 登山道を避けて
画像

12:04 富士と表尾根から龍ケ馬場
画像

12:04 丹沢山、丹沢三峰
画像

12:22 山頂にて
画像

画像

13:36 不動尻 唐沢峠への道トレースなし
画像

13:55 標高1000m付近まで降りて
画像

14:14 標高850m付近
画像

14:32 見晴台
画像

14:45 下社への道
画像


今回コース
画像








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

Peak Hunter
2014年03月01日 09:28
8日の雪も大山は結構積もったんですね。

この記事へのトラックバック