2014/02/21 雪の塔ノ岳へ -雪山気分満喫ー

画像

当初伊豆大島の三原山へ kdoさんと行く予定であった
が、乗船予約時に現在三原山に雪があり登るのはお勧
め出来ないとの事。一度も行ったことがなく道の状況
不案内で延期することになった。しかし、21日に一旦
行く気になっており、急遽雪の塔ノ岳へ登ることにし
た。歩き始めると早々に雪が残っている。昼頃になる
とシャーベット状で滑るだろうなあと思いつつ登って
行くと観音茶屋の庇が壊れていた。先日の雪は重く耐
えられなかったようだ。見晴茶屋の前にも雪がしっか
り残っている。駒止茶屋の手前の坂は雪が多く傾斜も
一層きつくなっていた。駒止茶屋でアイゼンを着けた
が、そこから堀山の家まではぐっと雪が少なく、これ
じゃあ着ける必要なかったなあと思いながら歩いた。
堀山の家から上は花立山荘手前の階段、花立ノ頭あた
りで雪がない部分があるくらい。花立ノ頭からの展望
は富士山方面霞んでいるが丹沢山塊の峰々は雪を抱き
輝いている。雪山景色、来てよかった。鍋割山稜は結
構雪残っているように見えた。金冷しの看板は結構雪
に埋まっている。金冷しを過ぎて少し行くと夏の登山
道とは違う道に、雪のため直登になっている。初めて
見る景色に感動した。ちょっとした位置関係で目に映
る感じが違う。塔ノ岳には何回も登っており見慣れた
景色の中に小さい変化を楽しむ感覚だったが、今回は
ビックリした。なにか一つ学んだ気になった。塔ノ岳
には20人程の若者が立ってワイワイやっていた。サー
クルなのかな?いつもと違い若い声がこだまする。蛭
ヶ岳へ続く峰々は白く光り、遠く西丹沢の山々の向こ
うに薄ら南アルプスも見える。今日もいい景色だった
。ベンチの姿はなく雪の下、雪に座り込んの昼食とコ
ーヒお尻が冷えるが心地よかった。30分程で降りるこ
とにして下山開始。鍋割山経由で降りる予定であった
が、鍋割山稜雪多そうで時間かかりそう、大倉尾根を
降りることにした。アイゼンは見晴茶屋で外したが、
そこからの雪はシャーベット状、スースーと滑りそう
になりながら無事下山。いつものさざんかの湯へ寄り
汗流し、反省会とお祝い会。ここのところ記録的な雪
で、計画した山歩き出来てなく悶々としていたが今日
でちょっと解消された。

塔ノ岳<1491m>
晴 13.9Km 1322m -1331m
メンバ:kdoさん

大倉BS7:40→8:06観音茶屋→8:24見晴茶屋→8:58駒止茶屋9:05
→9:23堀山の家→9:43天神尾根分岐9:53→10:15花立山荘10:20
→10:36金冷し→10:55塔ノ岳11:30→11:50金冷し→11:57花立山荘
→12:28山の家12:31→12:49駒止茶屋→13:13見晴茶屋13:24
→14:04大倉BS


7:48 早々に雪
画像

8:24 見晴茶屋 前に雪有ります
画像

8:32 雪多くなります
画像

9:23 堀山の家 からの登り
画像

9:41 戸沢分岐手前 階段は埋もれてます
画像

10:12 花立山荘手前の階段
画像

10:29 花立ノ頭 雪少なく
画像

10:32 馬ノ背
画像

10:37 金冷し過ぎたところ
画像

10:39 直登に道が変わってる
画像

10:40 初めての景色 表尾根
画像

10:41 ここも初めての道
画像

10:42 正式コース 埋まってる
画像

10:47 結構つらい直登
画像

10:53 山頂直前 青空に向かう
画像

10:55 山頂
画像

10:58 山頂にて
画像

11:31 下山
画像


今回コース
画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

Peak Hunter
2014年03月01日 09:32
塔ノ岳は最近行ってないです・・・。 行きたいな!

この記事へのトラックバック