2014/05/18-20 雁坂峠から和名倉山へ -東仙波、前飛龍でシャクナゲ咲き始め!-

画像

和名倉山の名前は会社の先輩で山をやっていた sai
さんからよく耳にしており、雲取山から秩父へ歩く
と大きな山容が見え、一度行ってみたいと思ってい
た。昨年笠取山を歩いた時、次にこの山域を歩くの
は和名倉山と決めていた。 snoさんから誘いがあり
2泊3日のテント泊で出かけた。コースは雁坂峠か
ら入り、和名倉山をピストン、丹波へ降りるコース
。和名倉山は樹林の中で展望もなく、標識が無いと
?。途中の東仙波辺りの展望はいいがあとはひたす
ら歩いて着いたと言う感じだった。

和名倉山<2036m>、東仙波<2003m>、西仙波<1983m>、唐松尾山<2019m>、黒槐山<2024m>
水晶山<2158m>、古札山<2112m>、燕山<2004m>、前飛竜<1954m>、熊倉山<1624m>
晴 46.7Km 3161m -3217m
メンバ:snoさん

<18日>雁坂トンネルP~笠取小屋
塩山駅→(タクシー@7390)→雁坂トンネルP
雁坂トンネルP7:27→8:01沓切沢橋→8:27フッキリ沢→8:30休憩8:36
→9:07井戸ノ沢9:15→10:04雁坂峠10:19→10:52水晶山11:00
→11:24古札山11:26→11:27ベンチ11:50→12:22燕山12:24
→12:42雁峠12:44→13:01笠取山
晴 12.3Km +1187m -663m

塩山駅からタクシーで雁坂トンネルPへ、そこは丁
度桜が満開。林道を沓切沢橋へゆっくりと登って行
く。昨年笹の花が咲いていたが今年も咲きそうだっ
た。沓切沢橋を渡ってちょっと急登して沢沿いをフ
ッキリ沢へ。渡河した先で休憩、そこからは沢を右
に見ながら徐々に登って行く。ハシリドコロが咲い
ているのが目に付くぐらい。大きくスイッチバック
的に登った所が井戸ノ沢。ここからは急登を2回繰
り返すと展望が開け富士山が姿を現す。疲れが吹っ
飛ぶ。この笹原の開放感、これが山登りの楽しみ!
登りきると雁坂峠。金峰山、国師ヶ岳、北奥千丈岳
、黒金山、乾徳山が見え、遠く南アルプスの白い山
の頭も見える。休憩し、笠取山への尾根を進む。こ
の尾根は展望が良い。ミツバオーレンとヒメイチゲ
が可憐に咲いたばかり、見惚れていたいが先を急ぐ
。振り返ると雁坂嶺、東破風山、三宝山が見える。
次は甲武信ヶ岳へ向けて歩きたいなあー。登山道に
雪渓が残ってる。水晶山、古札山を過ぎた所に草原
のベンチ。ここで昼食。南アルプスがしっかり見え
る。ここからの富士もとても綺麗だ。立派な鹿の角
を拾ったのもこの場所。燕山に近づくと右手に草原
の広場の様な場所が見え、見覚えのある笠取小屋近
くの分水嶺だ。左手の木立の間から山裾が新緑の緑
、中腹より上が茶色の大きな山、和名倉山か?燕山
からはどんどん下る。見覚えのある笠取山も見え始
め、もう少しだ。雁峠へ到着。今日は雁坂峠までで
数人出会っただけ。以後は人に会わなかった。こん
な事もあるのだと思いながら笠取小屋へ。分水嶺辺
りから突如大勢の人に。小屋に着いてビックリ、多
摩川源流水干祭りで大勢の人が祭りの真っ最中。飲
み物を無料で頂いてテントを張り、祭りの騒ぎが収
まるのを暫し待った。4時にはベンチが空き、こん
どは我々が酒、ウイスキー、ビール、トン汁、サラ
ダ等で宴を張った。結局我々以外にテントはなく、
小屋泊りも数人の祭り関係者だけだった。

7:27 雁坂トンネルPの桜
画像

8:27 フッキリ沢
画像

9:34 富士山が登場
画像

10:02 乾徳山、黒金山、奥千丈ヶ岳、北奥千丈ヶ岳、国師ヶ岳、金峰山
画像

10:04 雁坂峠
画像

10:26 ヒメイチゲ 
画像

10:28 近くから 雁坂嶺、三宝山、東破風山、木賊山
画像

10:42 雪が残って
画像

10:53 水晶山にて
画像

11:30 古札山の先ベンチから南アルプス
画像

11:49 拾った鹿の角
画像

12:01 富士山
画像

12:09 おそらく和名倉山
画像

13:34 笠取小屋でお祭り
画像

17:01 くつろぎ
画像

画像

<19日>笠取小屋~和名倉山~将監小屋
笠取小屋5:07→5:31水干→5:35黒エンジュ頭分岐5:38→5:56休憩6:00
→6:25黒槐山6:27→6:44休憩6:49→7:05唐松尾山7:15→7:33西御殿岩分岐
→7:54山ノ神土8:01→8:45休憩8:51→8:58西仙波→9:15東仙波9:26
→10:12休憩10:19→10:28川又分岐→10:38二瀬分岐→10:51和名倉山11:16
→11:27二瀬分岐→11:36川又分岐→12:01休憩12:07→12:39東仙波12:51
→13:04西仙波→13:31休憩13:37→13:53山ノ神土13:57→14:11将監峠
→14:15将監小屋
晴 19.7km +1405m -1419m

今日は和名倉山へ行ってから将監小屋までの長丁場
予定より早目にスタート、又一度登っている笠取山
は巻いて水干から黒エンジュノ頭分岐へ、ここから
の道は初めて歩く。笹が多い道だ。標高1900mから
一気に100m急登りしてからは穏やかに登って行く。
シャクナゲが群生しているピークが黒槐山と思われ
るが標識はなかった。一気に50m下り、120m程登り
返すと唐松尾山。展望は良くないが三等三角点があ
りシャクナゲも。唐松尾山からの下りで展望が開け
南アルプス見える。甲斐駒も見え、聖まで一望。八
時前に山ノ神土に到着。これからが今回のメイン。
笹道を登り始める。15分ぐらい歩くと展望が開け、
これから歩く尾根道が見える。感じの良い所だ。日
も当たり草色が暖かそう。大菩薩嶺の向うに富士も
見え、雁ヶ腹摺山も。一つ目のピークを巻き、次に
現れたのがリンノ峰、それも巻いて進む。シャクナ
ゲが群生し始めると西仙波。振り返り展望がいい。
シャクナゲ林を進むと岩場に飛び出て、東仙波が見
えるようになる。東仙波までは展望がいい。東仙波
手前でシャクナゲが少し開花していた。東仙波に到
着、ここでテントをデポ、荷を軽くして奥へ。ここ
から一つピークを越え、吹上ノ頭を巻き、川又分岐
へ。ほぼ樹林の中を歩く。川又分岐を過ぎ、10分程
急登すると二瀬分岐。そこから右に折れなだらかに
登って行き、開けたカラマツの若木が密集している
場所を通り、再び広場の様な場所へ。ここが山頂か
と思ったら、樹林の中へどんどん入り、突然山頂標
識。標識が無いとどこが山頂か分からない。三角点
はある。樹林が密集展望なし、上の空も樹木が邪魔
して見えない。周りも倒木がそのまま。やっと来た
言う感じ、取りあえずバンザイ!食事を取り帰途に
着いた。テントをデポしてザック軽くしたはずだが
、疲れでスピードが上がらない。ひたすら戻る。途
中今日初めての登山者とすれ違った。東仙波に戻り
テント装備を snoさんに分担してもらい、重量を軽
減し将監小屋へ。やはりずっしり重量がかかる。14
時前に山ノ神土へ到着、少しホットした。将監小屋
に着き早々にビールで乾杯、喉を癒した。ここでも
テントは我々だけ、早々に食事をして6時前にバタ
ン・キュー。

5:22 笠取山を巻いて
画像

5:31 今日の富士山
画像

6:27 黒槐ノ頭
画像

7:06 唐松尾山
画像

7:33 笹の道
画像

8:00 山ノ神土 ここから和名倉へ
画像

8:15 きもちいい尾根道
画像

8:26 リンノ峰 巻きます
画像

9:11 東仙波手前 シャクナゲ数輪咲いてました
画像

9:15 東仙波
画像

9:37
画像

10:31 川又分岐 ここから急登り
画像

10:41 カラマツの若木の中を進む
画像

10:50 この奥が山頂
画像

10:52 和名倉山にて
画像

12:27 もう少しで東仙波
画像

12:50 東仙波から
画像

14:12 将監峠から将監小屋へ下り
画像

14:15 将監小屋
画像

15:09 テン場
画像

15:25 くつろぎ
画像

<20日>将監小屋~丹波温泉
将監小屋4:59→5:12登山道合流5:15→5:38休憩5:44→6:32休憩6:39
7:13禿岩分岐→7:15飛龍権現7:21→7:48前飛龍7:52→8:43熊倉山8:50
→9:17サオラ峠9:31→10:19山王沢10:24→10:41車道・柵→10:53丹波BS
→11:05のめこい湯
晴 14.7Km +569m -1135m

天気は下り坂だが今日一杯はなんとか大丈夫。早い
目に降りようと5時に出発。将監小屋から上の道へ
合流するまで100m程急登。そこからは3.5km程は比
較的高低差が少ない道。どんどん飛龍山が近づいて
くるが、近づくに連れ見上げる様。笹は多く露でズ
ボンが濡れる。飛龍権現への登りの手前で一休みし
て登る。展望がある所からは薄ら南アルプスが見ら
れるが昨日ほどクリアーではない。標高1950m辺り
にはイワウチワ、ミツバオーレンが群生していた。
禿岩分岐からちょっと下がると飛龍権現に到着。飛
龍山も以前登っているのとシャクナゲには時期が早
そうなのでパス。前飛龍ではシャクナゲがちょこっ
と咲き始めていたがまだまだ。前飛龍からはガレっ
ぽい斜面の急降下、落石注意の下山だ。標高1600m
付近まで降りて来るとミツバツツジが咲き始めて綺
麗。熊倉山からの下りはブナの新緑の中の歩き、疲
れた身体に力を貰える感じだ。サオラ峠からは九十
九折れに急降下。この下りにはレンゲツツジが至る
所咲き始め、緑の中のアクセントだ!少し季節的に
遅い感じだが今年は雪が多かった為かな?山王沢か
らは傾斜が緩やかになり、最後は畑の柵から舗装道
へ出た。11時前に丹波BSへ到着、そこからのめこ
い湯まで歩き、汗を流し反省会。13時台のバスで奥
多摩駅へ。無事2泊3日の和名倉山への旅終了した
。 snoさんはツアー予定が一杯入ってるようで今度
一緒に歩けるのは秋かな?

5:10 登山道へのきつい登り
画像

5:52
画像

6:27
画像

7:08 イワウチワが
画像

7:54 前飛龍にてシャクナゲ
画像

9:09 ミツバツツジが咲き始め
画像

10:00 レンゲツツジが
画像

11:05 温泉到着
画像

今回コース
画像

画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック