2014/06/16 一切経山と東吾妻山へ -魔女の瞳は神秘的-

画像

福島県の五山(安達太良山、一切経山、東吾妻山、西
吾妻山、磐梯山)巡り2日目の前段。

朝、鳥のさえずりの中いつものように起床。天気は夜
中も木々の間から星が輝いており、朝になっても雲が
無い。いい天気だ。朝食は各人で食べ、テント撤収。
夜露も着いておらず撤収も楽だった。食事を済ませ浄
土平駐車場へ、駐車場前の一切経山の山肌からは噴煙
が出ており荒々しい姿だ。広い駐車場に車一台。準備
をして出発、先頭のスタートになった。湿原の木道を
歩く。湿原にはイワカガミが咲いている。木道を離れ
登山道へ、道は水が流れてぴちゃ、ぴちゃ。分岐で酸
ヶ平方面へ、傾斜は急になり高度が上がる。噴煙が上
がる音も結構聞こえる。雪渓が残っている谷横を登っ
て行く。吾妻小富士の噴火口が少しずつ見えるように
なってくる。標高1700m付近で雪渓を一つ渡り階段を
上がる。ちょっと急。登り切ると木道になり、広々と
した湿原。避難小屋が見えそちらへ向かう。避難小屋
は立派。笹道を登って行く。ミツバオーレンが咲いて
いる。雪渓を渡り、ガレた道を高度を上げる。東吾妻
や鎌沼が良く見えいい景色だ。傾斜が緩やかになって
くると、南東方向に広々とした尾根、双六で見たやつ
の小降りだ。眼下の平野は霞んでいるが流れる川が朝
日で光って見える。「あの光るのが阿武隈川・・・」
そのようだ。遠く安達太良山が見え、吾妻小富士の火
口が綺麗。うっとりする。ゆるやかに登って行くと山
頂。西吾妻からの穏やかな稜線が、残雪を残しながら
続いている。磐梯山も見える。山頂標識で写真を撮り
、魔女の瞳の見える場所へ。オー!ちょっと雪渓残り
、神秘的な色。これは・・・。おやじ3人だけの絶景
。おだやかな最高の日だ。ゆっくりしたいが今日は第
二弾もあるので酸ヶ平へ戻り、東吾妻山へ向かう。下
り始める数人に登山者、一番乗りでよかった。酸ヶ平
にはワタスゲが咲いているようだ。遠くてちょっと分
かりずらい。鎌沼を周遊始めるとチングルマが咲いて
いる。可愛い。姥ヶ原から東吾妻山へ。登山道は水が
流れ、石の道、笹も倒れこんでいて狭い道。傾斜がき
つくなり、自然の道で段差も大きい。よいしょ、よい
しょだ!ショウジョバカマが咲いたばかりだ。雪渓が
残り、倒木が道を塞ぐ。跨ぎ、潜り、ひたすら登る。
樹木の背が低くなると視界が広がり、山頂へ。山頂の
展望を気にするぐらい樹林を歩いて来たのでやはり声
が出る。コケモモ、ミネズオウが咲いている。山頂か
ら西吾妻、磐梯山、安達太良、満足の360度でした
。再び来た道を雪渓を踏み抜き苦労しながら姥ヶ原へ
。姥ヶ原から木道をハイキング気分で浄土平へ下山し
た。時間があればもう少しゆっくりしたい場所だった
。浄土平駐車場から後半の西吾妻へ向かうべく車に乗
った。もう一度来たい山だ。

一切経山<1949m>、東吾妻山<1975m>
晴 10.2Km +634m -638m 
メンバ:nonbouさん、shimaさん

浄土平P▲5:07→5:19酸ヶ平・姥ヶ原分岐→5:30休憩5:36
→5:52酸ヶ平→5:57酸ヶ平避難小屋▲6:02→6:33一切経山6:48
→7:14酸ヶ平→7:26休憩7:307:43姥ヶ原→8:28東吾妻山8:39
→9:15姥ヶ原→9:46酸ヶ平・姥ヶ原分岐→9:56浄土平P▲

5:07 浄土平
画像

5:11 あの奥が一切経山 噴煙少し 
画像

5:25 雪残ってます
画像

5:43 雪渓渡り
画像

5:47 木道が天に向かって
画像

6:04 酸ヶ平避難小屋上の雪渓
画像

6:07
画像

6:09 東吾妻山、下が酸ヶ平 鎌沼も見えます
画像

6:22 広い尾根の下が浄土平 (双六の尾根みたい)
画像

あの光る川は阿武隈川
画像

6:32 吾妻小富士と向うに安達太良山
画像

6:33 西吾妻山からの山稜
画像

6:36 一切経山にて
画像

6:38 魔女の瞳
画像

6:48 安達太良山です
画像

7:24 鎌沼 おだやか
画像

7:29 チングルマ
画像

7:55 ショウジョバカマ
画像

8:16 倒木を・・・
画像

8:26 ミネズオウ
画像

8:28 一切経山が見えます
画像

8:31 東吾妻山山頂にて
画像

8:33 磐梯山が霞んで
画像

8:39 西吾妻山
画像

8:59 雪渓踏み落とし
画像

9:35 吾妻小富士と浄土平P
画像

今回コース
画像

画像





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

面白い
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック