2014/06/17 磐梯山へ -表と裏でまったく違う山だ-

画像

福島県の五山(安達太良山、一切経山、東吾妻山、西
吾妻山、磐梯山)巡り3日目。

朝白布温泉を出発、磐梯山の登山口の八方台へ。8時
頃八方台へ到着。駐車場には結構車が止まっていた。
又もう帰り支度をしている若いグループも。早々に準
備をして出発。最初は新緑のブナ林を緩やかに登って
行く。マイズルソウ、ユキザサ、クルマムグラが咲い
ている。少し急坂になり登って行くと突然、山間が開
け硫黄の臭いがすると廃屋が見えるた。中の湯跡だ。
湿地帯がありミツガシワが咲きだしていた。ここから
本格的な登山道に入る。シラタマノキ、アカモノ、サ
ラサドウダン、ツマトリソウ、ハタザオが咲いていた
。左手が崖のところを歩きだすと所々で展望があり、
吾妻山や桧原湖が見える。また下には銅沼が見える。
標高1500m付近からトラバース的道になるがその手前
の展望がいい場所で、ふと見るとクワガタソウが咲い
ていた。後から分かったが固有種のバンダイクワガタ
であった。水平に500mほどトラバースして再び登り始
める。傾斜が緩くなってくるとお花畑との分岐。お花
畑へ向かうと視界が広がり、ミヤマキンバイが一面に
、ベニバナイチヤクソウ、ヨウラクツツジも。お花畑
の端の方は、櫛ヶ峰との間の荒々しい山容がよく見え
る。火山の様相だ。展望楽しみ、弘法清水の茶店へ少
し登る。途中にはミヤマオダマキの紫色が鮮やかだ。
茶店でビールを一缶買い3人で分けて飲んだ、冷たく
て美味い!湧き水はいつも5度だそうだ。休憩後最後
の登りに、徐々に高度が上がり湖がよくわかる。桧原
湖、小野川湖、秋元湖、西吾妻山も。最後は岩のガレ
た山頂。大きな石の上に祠があったがハチが飛び回っ
ており、三角点を撮っただけて近づくのをやめた。山
頂標識は少し下にあり、3人で記念写真を撮り、その
ちょっと下で猪苗代湖を見ながら休憩。下山は弘法清
水まで降り、なめこ汁を飲みながら、昼食。茶店の人
は毎日登ってくるそうだ。花をよく知っており、バン
ダイクワガタの固有種も教わった。下山は同じ道、ゆ
っくり今回の山旅を振り返りながら下山。下山後はそ
ば屋と温泉を探しながら車を走らせた。途中酒造「栄
川」があり、そこで聞き込みと共に試飲。美味しかっ
た。教えてもらった蕎麦屋で食べ、押立温泉で汗流し
、帰りの高速に乗った。今回ぐるり磐梯山を見たが見
る方向でまったく違う山容、やはり火山なんだと。自
宅へは川崎で食事休憩を取ったこともあり22時前に到
着。2泊3日の福島の山旅、無事に終了した。運転の
shimaさんに感謝だ。2年前の那須岳以来ちょくちょ
く3人で山へ行くようになったが同じ年の気楽なおや
じ山旅これから頻繁になりそうだ。

磐梯山<1816m>
晴 8.1Km +726m -729m 
メンバ:nonbouさん、shimaさん

八方台登山口8:10→8:37中の湯跡→8:53休憩8:58→9:06休憩9:09
→9:40お花畑分岐→9:58弘法清水10:04→10:32磐梯山10:53
→11:15弘法清水11:32→11:39お花畑分岐→12:05休憩12:09
→12:36中の湯跡→12:57八方台登山口

7:09 移動途中の磐梯山
画像

7:10 移動途中の飯豊山
画像

8:10 八方台登山口
画像

8:15 樹林の中
画像

8:16 みごとなブナ林
画像

8:36 中の湯跡 ぶくぶく温泉?湧いている
画像

8:41 ミツガシワ
画像

8:42 撮影中
画像

8:55 銅沼
画像

9:07 桧原湖 遠く西吾妻山
画像

9:08 固有種 バンダイクワガタ
画像

9:33 ちょっと急坂に
画像

9:40 お花畑と分岐
画像

9:42 お花畑へ進む
画像

9:46 開ける
画像

9:47 ミヤマキンバイ
画像

9:48 櫛ヶ峰
画像

9:57 茶屋
画像

10:04 冷たい弘法清水
画像

10:14 磐梯山頂へ
画像

10:32 山頂の祠 ハチが一杯
画像

10:34 ちょと下の山頂標識で
画像

10:35 猪苗代湖バックに
画像

画像

14:37 猪苗代湖側からの磐梯山
画像

今回コース
画像

画像




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック